「ほっ」と。キャンペーン

地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年(昭和23年)生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員
Twitterを始めました。ぜひフォローしてください。
https://twitter.com/yamauchikaz

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778までお願いします。

2014年12月、まつお出版から著書を出版しました。B6判 1,600円 +税
『地名由来 飛騨・美濃』   また、2015年11月 『地形由来でみる東京の地名』を出版しました。値段は同じです。

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

自然や地形という視点で地名由来を理解すれば、崖崩れ・液状化・浸水等、防災にも役立つ。この二冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない。
c0134145_16502233.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2017-12-31 19:58

竹橋の地名由来

名古屋市中村区竹橋(たけばし)町は名古屋駅の西にあるが、竹製の橋があったなどという話はない。また、石川県津幡町竹橋(たけのはし)は津幡川念願の沿岸の小さな集落だが、やはり竹の橋にまつわる地名由来はない。                                                 ところが、東京都千代田区には竹橋という橋があり、地下鉄の駅名になっているが、竹製の橋に由来する説がある。しかし、江戸時代初期の記録であきらかに信ぴょう性に欠ける。当時わざわざ竹を編んで橋など作ったのだろうか。今は地名にはなっていないが、この辺りは江戸城の載る台地の端だったから、前の二例の場所と同じくタカ(高)・ハシ(端)が転じたタケバシという地名に由来するのではないかと思う。編んで作る橋は徳島県の祖谷渓谷にかかる蔓(かずら)橋くらいだろうと思いたい。                      
c0134145_1114592.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2017-02-24 11:26

座光寺の地名由来

長野県飯田市座光寺(ざこうじ)は、そんなお寺があるわけではなく地形由来の地名である。                       サコ(迫・狭処)・ジ(地)が転じてザコジ、ザコウジになったもので、天竜川の河岸段丘を土曽川が刻んだ狭い谷など(写真参照)をそう呼んだのだ。                                         各地にある~寺の地名は場所を示す「じ(地)」のことが多く、お寺の名前はむしろそこの地名から名付けることがあたりまえで、長谷寺、清水寺、室生寺、百済寺、飛鳥寺、浅草寺などがある。                          c0134145_1051923.jpg                                                                           c0134145_1054370.jpg             美女の地名由来は、本ブログ「美女の地名由来」を見てください。
[PR]
# by baba72885 | 2017-02-19 10:11

伊賀良の地名由来

長野県飯田市の伊賀良(いがら)は旧伊賀良村の名残だが、中央道の大切なバス停だ。そこは古代東山道の「育良(いくら)」駅の所在地で、飯田市育良町になっている。                 イクラとイガラはクとガの母交したもので同じ地名と思われる。元来はイカ(厳)・ラ(場所の接尾語)が語源で、付近の地形からして河岸段丘の崖や荒れ地を示すイカ地名で、各地にあるイカリ(碇・錨・五十里・猪狩)地名と同じ地形地名だ。
c0134145_9325589.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2017-02-03 09:34

「植苗木」の地名由来

岐阜県中津川市福岡の植苗木(うわなぎ・いわなぎ)は最近の若い住民のあいだでは「うえなえぎ」と漢字の読みそのままの人が多くなった。へたに「うわなぎ」と言おうものなら中高生は真剣な顔をして正そうとする。                                                 おいおい、ちがうだろう。植苗木の
c0134145_1141215.jpg
語源は上にあるナギ(焼き畑もしくは段丘崖)を示すもので、福岡総合事務所あたりから見て付知川の河岸段丘の最上部にある集落だ。                                            上をウワと呼び「うわなぎ」が正しくそれがなまって「いわなぎ」という人もいるわけだ。苗木などなんの関係もないし、ましてや苗木を植えたところなどというとってつけたような地名由来はいただけない。
[PR]
# by baba72885 | 2017-01-25 11:04