地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年(昭和23年)生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員

Twitterを始めました。ぜひフォローしてください。
https://twitter.com/yamauchikaz

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778までお願いします。

2014年12月、まつお出版から著書を出版しました。B6判 1,600円 +税
『地名由来 飛騨・美濃』   また、2015年11月 『地形由来でみる東京の地名』を出版しました。値段は同じです。

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

自然や地形という視点で地名由来を理解すれば、崖崩れ・液状化・浸水等、防災にも役立つ。この二冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない。
c0134145_16502233.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2017-12-31 19:58 | Trackback
岐阜県中津川市坂本にあるバス停の「岩井戸」は岩屋堂(いわやど)地区にある。どう考えても本来のバス停の名は「岩屋堂」とすべきなのに、なんだか似たような発音の「岩井戸(いわいど)」になっており、井戸に由来するのかと勘違いしそうだ。                                              付近の住民に聞いたところ、国鉄バス開業時にすでに他町村に「岩屋堂」というバス停があり、同じでは具合いが悪いとして、似たような発音のバス停にしたということだ。                          岩屋堂はイワ(岩)・ヤド(谷戸)の転で、岩の多い谷地形を示している。                     バス停がそこの地名を正確に示していないことはほかにもありそうで、はなはだ注意が必要だ。そういえば同じ中津川市にはバス停の「上野口」があるが、上野の口なのか、上の野口なのかは調べないとわからない。
c0134145_10532333.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2016-12-08 10:54 | Trackback

布部の地名由来

新潟県村上市布部(ぬのべ)は、ヌ(沼)・ノ・ベ(辺)が語源で、湿地を示す。現地は三面川の右岸の低地に背後の湧水が流れ込む湿地帯となっている。                       一方、ドラマのスタート地点で有名になった根室本線布部駅のある北海道富良野市布部は、現地を見るととりわけ湿地地形とも思われないが、アイヌ語由来か、本土の和人がどこかの布部にあやかってつけた地名かもしれない。
c0134145_11241231.jpg
 島根県安来市広瀬町布部は「フベ」と発音し、語源はやはりヌノベだと考えられが、古代部民制度のなかで布を取り扱う職業集団であった布部起源とも考えられる。ちなみに、機織りをする集団は服部(はとりべ)といわれた。
[PR]
# by baba72885 | 2016-10-28 11:29 | Trackback

「御嵩町」の地名由来

岐阜県御嵩(みたけ)町の嵩には高という字が含まれているように、ミ(接頭語)・タカ(高)の転で高い場所のことだ。御嵩は御岳と書かれた時代もあったようだが、木曽の御岳山とは違って山岳を示すものではなく、木曽川左岸の丘陵地帯を示したものだ。
c0134145_11513564.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2016-10-07 11:52 | Trackback

「可児市」の地名由来

岐阜県可児(かに)市には蟹(かに)薬師がある。                        カニはカネ(曲)の転で、大工さんが使うものさしを曲尺(かねじゃく)という。       可児市広見は可児市の中心地だが、このあたりで可児川が大っきく曲流している。この曲流を見てこのあたりをカニの地と名付けたのだ。もちろん蟹も可児も縁起を担いで用いた当て字だ。
c0134145_1136447.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2016-10-07 11:37 | Trackback