地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。

2014年12月、まつお出版から著書を出版しました。B6判 1,600円 +税
『地名由来 飛騨・美濃』、また、2015年11月 『地形由来でみる東京の地名』を出版しました。値段は同じです。

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この二冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2018-12-31 19:58

色のついた山の地名由来

雑誌「山と渓谷」のコラム「今月のモルゲンロート」に三弾めの記事を書きました。9月号、12月号と来たからにはこんどは多分3月号か。青野山、赤禿山、白馬(しろま)山、黒倉山など色とりどりの色とは関係ない山を中心にいくつかの山について書きました。ご覧ください。なお、初弾は山、二弾は谷と沢について書きました。
[PR]
# by baba72885 | 2018-01-14 19:11

「阿木」の地名由来

c0134145_18495466.jpg
明知鉄道阿木駅は岐阜県中津川市阿木にある。アは上がる、あめ(天・雨)、頭のように上部を示す言葉で、キは場所を示す接尾語で美女木、千駄木、茨木などのキだ。阿木は恵那盆地からみて上流部の地域なのだ。秋川、安芸などの地名も同じ語源だ。チラッと見える東美濃の幟旗だが、最近東美濃ナンバーを岐阜ナンバーから独立させる動きがある。歓迎します。
[PR]
# by baba72885 | 2018-01-14 18:53
c0134145_18371018.jpg
東京の山手線原宿駅には竹下口があり、写真はそこを出た場所から見た竹下通りだ。駅からずっと下り坂になっているが、タケシタとはタカ(高)下のことで神宮や山手線が走る高い所の下の場所を示す。原宿は関東にやたら多い地名で、隣の新宿とは違って宿場のことではない。宿はジュクジュクの湿地のことで、原は平らな場所や新しく開墾した場所のことだ。

[PR]
# by baba72885 | 2018-01-14 18:41

「雲母」の地名由来

      
c0134145_09460109.jpg
                                                                 
                     
c0134145_09460109.jpg
新潟県関川村雲母(きら)は荒川左岸にあるが、川底に雲母がキラキラ輝いていたという俗説?による地名だが。
長野県飯田市雲母(きらら)や三重県大台町雲母(きらら)は山地を切り裂いた地形に由来するキリ(切)・ラ(接尾語)の転と考えられるが、雲母が採れたのだろうか。                    岐阜県揖斐川町岐礼(きれ)も地形由来の地名で、切れた地形を示す。
愛知県西尾市吉良(きら)町は鉱物の雲母が産出された故記録がある。

[PR]
# by baba72885 | 2017-12-26 09:50