地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年(昭和23年)生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員
Twitterを始めました。ぜひフォローしてください。
https://twitter.com/yamauchikaz

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778までお願いします。

2014年12月、まつお出版から著書を出版しました。B6判 1,600円 +税
『地名由来 飛騨・美濃』   また、2015年11月 『地形由来でみる東京の地名』を出版しました。値段は同じです。

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

自然や地形という視点で地名由来を理解すれば、崖崩れ・液状化・浸水等、防災にも役立つ。この二冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない。
c0134145_16502233.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2017-12-31 19:58

「赤間」の地名由来

c0134145_14530022.jpg
c0134145_14403901.jpg

山口県下関市赤間(あかま)町には源平合戦に敗れた平家と共に、壇ノ浦に没した安徳天皇を祀る赤間神宮がある。                      赤間の由来はこの辺りは背後の山地からするとおおらかに明るく開かれた海があることから、アキ(空・明)・マ(間)の転じた地名で、津軽海峡には大間(おおま)という町もある。(写真)壇ノ浦と赤間神宮
[PR]
# by baba72885 | 2017-05-20 14:43

「鋳物師屋」の地名由来

長野県茅野市米沢鋳物師屋(いもじや)は、漢字が示すように鋳物師が住んだ場所を示す。古代には踏鞴(たたら)とよぶ製鉄集団があり多々良とか多田羅などの地名があるが、その鋳鉄から農具などをしたためる仕事が鋳物師だ。≪写真≫ 4月27日  遠くに臨むは蓼科山
c0134145_17385226.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2017-04-30 17:41
NHKの朝ドラ「ひよっこ」は団塊の世代にはたまらぬ郷愁、哀愁を覚える。団塊の世代が人生の晩年にかかっている今、未来の見えない中にもなにか期待感があったあのころを思い出す。                                 これからみね子がどうなっていくのだろうか。そういえば、当時蒸発という言葉をいつも聞いていた気がする。出稼ぎ生活と家族がいかにつらかったかこのドラマでは描ききれないだろうが。                            みね子の苗字が谷田部だが、地名研究家としては舞台が北茨城ということで、やってくれたなと作者に妙に感心している。                                       ヤタベはヤチ(谷地)・ベ(辺)の転で、台地の狭間の谷を示す。茨城県つくば市谷田部をはじめ、関東平野特有の地形と地名だから、茨城にはこれ以上ないふさわしい苗字なのだ。
[PR]
# by baba72885 | 2017-04-21 10:28

「百月」の地名由来

愛知県豊田市百月(どうづき)町は矢作川の峡谷にある。ドウドウと渦巻く川と突き上げる崖が地名由来とも考えられるが、百はドドのほかにモモ、ママとも読むので、突き上げるような崖を示すママツキが転じてドウヅキと呼んでいるとも考えられる。                                          いずれにしても、地形そのものをそのまま表したわかりやすい地名だ。
c0134145_95276.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2017-04-18 09:54