地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「早稲田」の地名由来

「早稲田」の地名由来は、水田や稲作からきているのではありません。全国に早生品種の稲作を行うところは数え切れないほどあります。至るところに早稲田という地名が無いのは、早稲田が水田とは関係ないことを示唆しています。                                        新宿区早稲田は古くは小さな川が入りくんだ地形になっており、「わせ」は裂(わざ)くとか「わざわい」の「わざ・わさ」が語源です。田は場所を表す処(と・た)で、高田馬場の高田も高い場所を表している。                         青森市鶴ヶ坂には早稲田という小さな集落があります。そこは狭い谷になっており、そこを流れる小さな川には早稲田橋が架かっていました。また、青森県深浦町沢辺には早稲田川という短い川が日本海に注いでいます。その流域は水田はおろか、まともな平地もなく、まさに狭い入りくんだ谷を言い表した名前です。河口近くの道路にやはり早稲田橋がありました。小さすぎて発見に苦労しました。                               「つちのこ」騒動で有名な岐阜県加茂郡東白川村神土には「和世田(わせだ)」という地名があります。あえて「早稲田」の表記でないのは村人の良識というもので、水田ができそうもないところにその名をはばかったのだろう。高山市丹生川町早稲田や飛騨市古川町早稲田も山間の狭い谷だ。また岐阜県下呂市門和佐(かどわさ)も同じような地形で、「わさ」の地形名です。                                          漢字の意味通りの地名由来は、歴史的に記録があるもの以外はほぼ間違いです。歴史的記録でも「そこに早稲田があった」と書いてある古文書は当てになりません。それはその時点で書いた人の考えになっているからです。古文書の記録として信用すべきは、その地に宛てて「凶作に備えて早生品種の稲を栽培せよ」というようなお触れや藩主・領主の「覚」があれば間違いない。   左《青森市早稲田の早稲田橋》                 右《深浦町の早稲田川にかかる早稲田橋》c0134145_21394068.jpgc0134145_21522119.jpg
[PR]
by baba72885 | 2010-09-05 08:24