地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「葦原」「芦原」「阿原」「吉原」の地名由来

 「あしはら」の地名は短縮形になって「あわら」という地名になっている。                                                  「阿原」は「あわら」の音をもらってつけた地名で、元来は「葦原」が正しい。                              さて、「葦原(あしはら)」は日本の古名「葦原中国(あしはらのなかつくに)」に見えるが、「あし」は「悪し」につながるので、真逆の「良し」をつかって「吉原」という地名になっているところがある。さて、「葦原(あしはら・よしはら)」は「葦」が生えているから名付けられたと誰しも思いがちだがちょっと待て、日本は沖積平野に湿地帯が多く、漢字の伝来以前はそういう悪い条件の場所を「あしはら(悪し原)」と呼んでいた。この「悪し原」に繁茂していたやっかいな植物を「葦(あし)」と名付けたのだ。                                つまり、葦が生えていたから「葦原」という地名にしたのではなく、「悪し原」に生えていた植物の名前を「葦」にしたのだ。
[PR]
by baba72885 | 2012-12-23 18:15