地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

福岡の地名由来

サ・カ(処)はサ行の地名で、滑りやすい場所だからそう呼び、サカにあたる漢字を坂や阪とし赤坂、大阪などの地名にしている。同じようにおもて(表)が平らな地形のオ(表)・カ(処)も丘や岡、阜の漢字をあてた。丘は現代の地名に多く、旭丘、星が丘など、阜では長野県下伊那郡泰阜(やすおか)村などがある。もちろんオ(表)・ナカ(中)はセ(背)・ナカ(中)に対してそう呼ぶのだ。                           さて、福は瑞祥地名でふくよかで平和な土地を暗示する地名だが、全国各地の「福岡」地名は河岸段丘の段丘面につけられた地名が多い。                                 坂や岡などの地名は漢字通りの地形地名でその由来は考えるまでもないが、地形をそのまま示す地名は地名の数からすると意外に少ない。以下思いつくままいくつか列記する。                    高山、大谷、川上、崖、岩沢、新潟、野原、塙(はなわ)、中島、長崎、平野、長浜、堤下、溜池などc0134145_115476.jpgc0134145_115271.jpg           写真の岐阜県中津川市福岡は、見事に発達した付知川の河岸段丘面にある。
[PR]
by baba72885 | 2017-03-17 11:11