地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

オカ(岡・丘)地名の由来

「オ」という日本語の概念は、何かの平らな表面を示すようで、オモテ(表・面)とかオナカ(腹)という言葉からもうかがえる。
オカはオ(表・峰)・コ(処)の転で、少し高くなって目立つ平らな所を示す。漢字が伝来すると、そこに住む人々が勝手に漢字を解釈し、自分の感性でもって地名表記をしたためている。
長野県の伊那盆地(伊那谷は地形名ではなく通俗の呼び方で、正式な呼び方の木曽谷とは違う。)は天竜川の河岸段丘が発達しているが、各地の河岸段丘と同じくオカ地名がみられ、その表記が個性的だ。
c0134145_11495054.jpg
長野県豊丘(とよおか)村、長野県泰阜(やすおか)村、長野県飯田市殿岡(とのおか)と隣接してあるのは面白い。
愛知県新城市作手清岳(きよおか)はオカに岳をあてている。ほかに陸をあててオカと呼ぶのは畑の稲を示すオカボ(陸稲)がある。いずれにしても各地の豊丘、豊岡、福岡、泰阜、平岡などの地名はふくよかなありがたいオカを示す漢字なのだ。写真は12月2日


[PR]
by baba72885 | 2017-12-04 12:02