地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

日光「戦場ヶ原」の地名由来と「千畳敷」

日光中禅寺湖の菖蒲ケ浜から地獄川を遡ると、小さな赤沼を抱いた広い高燥湿原となっている。奥日光のここはかつての湖が干上がって出来た大湿地帯で、その名も勇ましく「戦場ヶ原」という。「戦場」というからには、お決まりの地名伝説が用意されている。野州男体山の神と上州赤城山の神が中禅寺湖をめぐってここで戦ったというものだ。ところで、奥日光には広い樹林の「千手ヶ原」があることをご存知だろうか。中禅寺湖の西海岸に「千手ヶ浜」があり、そこから西ノ湖につづく緩い扇状地にその樹林は広がっている。同じ奥日光にある広い平らな場所の「せんじょうがはら」と「せんじゅがはら」は同じ語源に由来する地名だ。その語源は「千畳(せんじょう)」であり、畳千畳に値するほど広い場所を表す独特の言い回しだ。「千変万化」「白髪三千丈」「千尋の滝」にある「千」と同じで、事を大げさにあらわしたものだ。「戦場」などの表記をせず、素直に「千畳」と表記した地名は多い。海を望む展望の良い台地には「千畳敷」の名がある。山口県長門市の「千畳敷」は、さほど広くはないが付近では目だって平らな草原になっている。徳島県鳴門市の鳴門公園の一角を占める「千畳敷」も展望台がしつらえてあり、瀬戸内海、鳴門海峡を望む絶好の場所だ。神奈川県大磯町の背後にある「湘南平」はかつて「千畳敷」と呼んでいた。ここは、はるか湘南の海が展望できる高麗山に連なる平らな尾根にある。海岸の広い平坦な岩礁にも「千畳敷」の名がついている。和歌山県白浜町の千畳敷は瀬戸崎の先端から海中にせり出した岩礁だ。五能線の駅名にもなっている青森県深浦町の千畳敷は、大戸瀬崎の西に広がる岩場だ。長崎県五島市の奈留千畳敷は、隆起した平坦な岩礁を称したものだ。岩手県釜石市御箱崎には、半島の先端部に岩石が敷き詰められたような千畳敷がある。東京都八王子市にある中世の古城「滝山城」の広い曲輪(くるわ)に千畳敷の名がある。また、岐阜県恵那市明智町の千畳敷も古城「明智城」の支城にあたる砦の平坦な曲輪だ。山に目を転じてみよう。中央アルプス木曽駒ヶ岳ロープウエイの終点は、千畳敷カール(氷河時代の侵食地形)である。千畳敷の名にふさわしく、山岳地帯にえぐられて出来た広い空間である。南アルプスには見事なカールが発達した仙丈(せんじょう)ヶ岳3083mがあるが、広いカールを千畳と呼んだところからその名つけられたのではないか。が、高山ゆえに「天井(てんじょう)岳」から変化したか、千丈ほどもある高山の意味も考えられる。ちなみに北アルプス表銀座には、「大天井岳2922m」がある。風変わりな千畳敷としては、山口県の秋吉台にある秋芳洞の中の大広間には、千畳敷の名がついている。                                    左《白浜町の千畳敷》 右《千畳敷カール》c0134145_2211237.jpgc0134145_19595934.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
[PR]
by baba72885 | 2008-08-18 19:18