地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。

2014年12月、まつお出版から著書を出版しました。B6判 1,600円 +税
『地名由来 飛騨・美濃』、また、2015年11月 『地形由来でみる東京の地名』を出版しました。値段は同じです。

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この二冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2018-12-31 19:58
「オ」という日本語の概念は、何かの平らな表面を示すようで、オモテ(表・面)とかオナカ(腹)という言葉からもうかがえる。
オカはオ(表・峰)・コ(処)の転で、少し高くなって目立つ平らな所を示す。漢字が伝来すると、そこに住む人々が勝手に漢字を解釈し、自分の感性でもって地名表記をしたためている。
長野県の伊那盆地(伊那谷は地形名ではなく通俗の呼び方で、正式な呼び方の木曽谷とは違う。)は天竜川の河岸段丘が発達しているが、各地の河岸段丘と同じくオカ地名がみられ、その表記が個性的だ。
c0134145_11495054.jpg
長野県豊丘(とよおか)村、長野県泰阜(やすおか)村、長野県飯田市殿岡(とのおか)と隣接してあるのは面白い。
愛知県新城市作手清岳(きよおか)はオカに岳をあてている。ほかに陸をあててオカと呼ぶのは畑の稲を示すオカボ(陸稲)がある。いずれにしても各地の豊丘、豊岡、福岡、泰阜、平岡などの地名はふくよかなありがたいオカを示す漢字なのだ。写真は12月2日


[PR]
# by baba72885 | 2017-12-04 12:02

「磯」の地名由来

c0134145_11243215.jpg
「磯」地名は石偏の漢字であることから礫より大きな石のある所を示す。海岸では砂浜海岸と対照的に磯海岸としてあるので磯といえば海岸地名と思いがちだが、実はほとんどは栃木県黒磯市のように内陸の地名だ。
写真の岐阜県恵那市上矢作町磯沢も大きな岩がゴロゴロしているのだ。

[PR]
# by baba72885 | 2017-12-01 11:24
c0134145_11082328.jpg
岐阜県恵那市上矢作町木地山と愛知県豊田市大桑を結ぶ「大桑峠」は飯田市から恵那市明智町に向かう中馬街道にある。
オオクエ(大崩)の転で崩壊しやすい急な地形を示す。長野県大桑村や各地に見える桑原、桑田、桑の木などの地名も植物の桑とは関係なく、地形地名だ。

[PR]
# by baba72885 | 2017-12-01 11:12

佐久間ダムの地名由来

c0134145_10564059.jpg
天竜川にある佐久間ダムはその名の通りの地形に建設されている。
サコ(迫)・マ(間)の転で、天竜川の峡谷を示す地名だ。地名漢字としては迫、硲、作、佐久などが見られる。

[PR]
# by baba72885 | 2017-12-01 10:56