地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

カテゴリ:未分類( 356 )

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年(昭和23年)生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778までお願いします。

2014年12月、まつお出版から著書を出版しました。B6判 1,600円 +税
『地名由来 飛騨・美濃』   また、2015年11月 『地形由来でみる東京の地名』を出版しました。値段は同じです。

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

自然や地形という視点で地名由来を理解すれば、崖崩れ・液状化・浸水等、防災にも役立つ。この二冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない。
c0134145_16502233.jpg

[PR]
by baba72885 | 2017-12-31 19:58

「谷地」の地名由来

c0134145_06285647.jpg
ヤチ(谷地・谷内)地名は東北地方に多く見られる低湿地の地名だ。谷地畑とは谷地の端(はた)を示す。                         写真は宮城県栗原市谷地畑                      
[PR]
by baba72885 | 2017-07-11 06:29
c0134145_06173264.jpg
茨城県常陸太田市芦間(あしま)町は山田川左岸の湿地帯にあり、アシ(悪)・マ(間)の意味でその地名由来が妙に納得がいく場所だが、隣にはジュクジュクの湿地地名の宿(しゅく)がある。                                                    長野県喬木村阿島(あじま)、名古屋市北区味鋺(あじま)も同じ語源の地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2017-07-11 06:18

「谷田部」の地名由来

c0134145_05521518.jpg
NHK朝ドラの主人公は谷田部みね子さん。北茨城出身だが谷田部は、ヤト(谷戸)・べ(辺)の転で、地形的に台地の卓越する関東地方独特の地形地名だ。地名では谷戸の表記のほか、宿の表記にして(しゅく・しく・じゅく)と呼ぶ地名が関東では実に多い。ヤトは台地や丘陵の谷間のことをいい今はおおむね水田になっている。                                                         写真は茨城県つくば市谷田部のサービスエリア
[PR]
by baba72885 | 2017-07-11 05:58
c0134145_09513522.jpg
九州にはクマ地名が非常に多い。表記は隈 球磨、久万、熊などだが、一般的には狭く奥まった地形につけられる地名だ。                                 しかし、九州では別の説がある。九州に渡来した高句麗系の熊襲(くまそ)がその居住地にクマ地名を付けたという。                 ≪写真≫は大分県日田市隈                                                         

[PR]
by baba72885 | 2017-06-26 09:52

「舟の尾」の地名由来

c0134145_13474572.jpg
宮崎県日之影町舟の尾は内陸のネやフネ地名の由来を見事に示している。                                                           フネはウネの転で尾根を示すからまさに舟の尾は尾根の先端にあたる場所を示す。
[PR]
by baba72885 | 2017-06-19 13:48

「麓」の地名由来

c0134145_10344373.jpg
c0134145_10194205.jpg
薩摩藩の在郷武士団が居住した集落を麓集落といい、九州南部に多い独特の地名だ。こうした武士団の居住地はほかに囲(かこい)集落ともいう。      写真は熊本県宇城市松橋(まつばせ)町囲と鹿児島県伊佐市大口羽月麓

[PR]
by baba72885 | 2017-06-05 10:21

「別府」の地名由来

写真は大分県吉富町別府(びょう)                                                                                        中世荘園の開墾地を本荘と別にして別所とか別府、加納などといった。そのままの地名が各地にあるが、こと九州ではベップではなく、ビュウとかビョウということが
が多い。
c0134145_10043677.jpg

[PR]
by baba72885 | 2017-06-05 10:10

焼き畑とコバ地名

c0134145_20084066.jpg
九州では焼き畑のことをコバといい、地名としては木場、古葉が多い。そういえば広島カープの全盛期のエースは鹿児島県出身の外木場投手だったし、監督は熊本県出身の古葉竹識監督だった。                                                                                        写真は宮崎県椎葉村のコバ集落だが、畑の字を当てているのは焼き畑を意識してのものだ。なお、滋賀県東近江市には「日本コバ」という山がある。

[PR]
by baba72885 | 2017-05-31 20:11

「赤坂」の地名由来

c0134145_19451602.jpg
写真は中央リニア新幹線の車両基地ができる通称「赤土平」のある岐阜県中津川市坂本地区だが、本当に見事な赤土だ。土はハニというので赤土のある所にはアカ(赤)・ハニがなまった赤羽や赤羽根という地名があるが、この赤土平には赤に関する地名はない。                                                東京をはじめ各地の赤坂地名は色の赤とは関係がなく、尾根つたいや斜面の凹地にできた坂や峠をうとう坂、うとう峠ということに対して、明るく見通しの良い坂を縁起の良い赤の字を用いて地名にしたものだ。                                                         
[PR]
by baba72885 | 2017-05-31 19:48