地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

カテゴリ:未分類( 363 )

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年(昭和23年)生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778までお願いします。

2014年12月、まつお出版から著書を出版しました。B6判 1,600円 +税
『地名由来 飛騨・美濃』   また、2015年11月 『地形由来でみる東京の地名』を出版しました。値段は同じです。

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

自然や地形という視点で地名由来を理解すれば、崖崩れ・液状化・浸水等、防災にも役立つ。この二冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない。
c0134145_16502233.jpg

[PR]
by baba72885 | 2017-12-31 19:58
c0134145_09334638.jpg
写真は滋賀県の中山道柏原宿を出て京都に向かった地点にある現代の道標だ。中山道は江戸から京都まで至る所で何度かルート変更がなされている。平和な時代が続いたあと、おおむね道を直線化しているが、開通当初の古い中山道を「旧中山道」という。                            よくドラマやパンフレットに見られる表現で「旧中山道」を歩くというのはいかがなものか。旧を単に古い意味で使っているのだと考えられるが、紛らわしいので本当に旧ルートのみを「旧中山道」と称してほしい。                                       この写真の地はそれをよく示している。                                                                   なお、満州国を旧満州というなら、新しい満州はどこだということになる。単に古いことを示す旧は誤解を招くのであまり使いたくない。旧東海道(奈良・平安時代の官道)はあるが、旧蝦夷地、旧武蔵国、旧東山道などとは使わないほうが良いかも。

[PR]
by baba72885 | 2017-09-14 09:35

「時」の地名由来

c0134145_09095470.jpg
岐阜県大垣市上石津町時(とき)は岐阜県瑞浪市土岐(とき)町、岐阜県土岐市と同じ地形地名だ。トキはタカ、タケ、タキなどと母音の交替した同じ語源で、高く急な地形を示す。漢字表現としては高・鷹・岳・竹・丈・滝などの地名がある。                               岐阜県中津川市坂下時鐘(ときがね)もトキ・ヶ・ネ(嶺)で高台を示す。

[PR]
by baba72885 | 2017-09-14 09:13

「梓」の地名由来

c0134145_20062959.jpg
滋賀県米原市梓河内(あんさかわち)はアズサカワチが音便化したものだ。そこには梓川が流れており、長野県の上高地(上河内)を流れる梓川と同じ語源の名前だ。アズは谷の崩壊地を示し、梓河内も梓川の谷にある集落だ。写真のバス停は梓河内の最下流にある。
[PR]
by baba72885 | 2017-09-01 20:07
雑誌「山と渓谷」9月号のP178に
c0134145_10404759.jpg
コラムを書きました。

[PR]
by baba72885 | 2017-08-17 10:41

「深作」の地名由来

c0134145_10334328.jpg
岐阜県下呂市小坂町赤沼田(あかんた)深作(ふかさく)は飛騨川の支流小坂川の右岸にある。サクはサコ(狭)の転で、狭い谷を示すが、フカはフケ(泓)の転で湿地を示す。大字の赤沼田がその地形をよく表した地名だ。                                                                                            東北に圧倒的に多くある~作地名や愛知県長久手市岩作(やざこ)の作地名も狭いところを示す地名だ。

[PR]
by baba72885 | 2017-08-08 10:34

「番場」の地名由来

c0134145_10170835.jpg
バンバはハバ(幅・羽場・巾)やママ(継)・ババ(馬場)の転で、段丘崖や崩壊性の急斜面を示す。
写真の滋賀県米原市番場(ばんば)は中山道の宿場場町で、両側を急斜面に挟まれた谷にある。

[PR]
by baba72885 | 2017-08-04 10:17

「沖」の地名由来

c0134145_10064852.jpg
各地の沖(おき)地名は奥の方を示すオク(奥)か湿地地名のウキ(浮)の転で、海とは関係がない。
写真は滋賀県愛荘町沖で、近江平野にある。

[PR]
by baba72885 | 2017-08-04 10:07

「谷地」の地名由来

c0134145_06285647.jpg
ヤチ(谷地・谷内)地名は東北地方に多く見られる低湿地の地名だ。谷地畑とは谷地の端(はた)を示す。                         写真は宮城県栗原市谷地畑                      
[PR]
by baba72885 | 2017-07-11 06:29
c0134145_06173264.jpg
茨城県常陸太田市芦間(あしま)町は山田川左岸の湿地帯にあり、アシ(悪)・マ(間)の意味でその地名由来が妙に納得がいく場所だが、隣にはジュクジュクの湿地地名の宿(しゅく)がある。                                                    長野県喬木村阿島(あじま)、名古屋市北区味鋺(あじま)も同じ語源の地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2017-07-11 06:18