地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

〈かすが) 「かすが」は水の乏しい場所や傾斜地を意味する自然地名だが、東京のそれは趣が違う。練馬区春日町は豊島園の北にある「春日神社」からその地名とし、文京区春日はあの「春日局」の領地に由来するという。ところで、奈良の春日大社の名は、自然地名の奈良市春日野町の「かすが」からとったと思われる。                        〈やまと〉 日本のかつての国号「大和」は、その威厳のある高名さと、「和」の意味合いに惹かれるものがあり、全国的に合併時の新町村名に採用されることが多い。中野区大和町は昭和9年に、板橋区大和町は昭和45年にそれぞれ各地区の合併により誕生した。                 〈さるがく〉 「さる」は滑りやすく、「がく」は崖などと無理にこじつける必要はない。素直に能や狂言の源流になった「猿楽」に因む地名としたい。千代田区猿楽町は、猿楽師「観世太夫」の屋敷跡があったことから地名としたといわれている。渋谷区猿楽町には「猿楽塚」や「古代住居跡」などが残り、早くから開けた地域と思われるが、おそらく猿楽師が住んでいたか、演じられた場所に因んだ地名だろう。源頼朝がここで猿楽を楽しんだというのは、単なる伝説に過ぎない。                   〈せんごく〉 文京区千石は名藩主の由緒ある六義園や小石川植物園も近く、周辺の白山、大塚界隈とともにしゃれた住宅街だ。千石は縁起のいい瑞祥地名の一つだが、ここはかつて付近を流れた千川と小石川の合成地名である。由緒ある都心の閑静な地域に安易な合成地名とは、いかにも江戸情緒に欠けるものだ。残念。江東区千石は木場公園の東、仙台堀川の北岸にある。碁盤目状に張りめぐらされた堀川に囲まれた地域で、北隣の千田地区とともに低湿地の新田を開いた際に、豊作を祈ってつけられた地名だ。                         〈やよい〉 板橋区弥生町は昭和7年に板橋町や大谷口町、上板橋のそれぞれ一部などが合併した際に縁起の良い弥生町とした。弥生時代にその名を残した文京区弥生は、明治5年に向丘弥生町として誕生した。そのきっかけは、今東京大学にある徳川斉昭の歌碑に「やよい」がうたわれていることらしい。中野区弥生は昭和42年に、やはり合併による新町名で、付近に弥生遺跡が多くあることから採用された。                        〈ひがしやま〉 東山といえば、京都の東山、名古屋の東山動物園、会津の東山温泉を思い出すが、これらは町の中心から見て東方の山であり、見た目そのままの地名である。板橋区東山は、南に連なる小茂根(こもね)の名前からすると高所を意味するので、やはり東方の高台がその由来だろう。目黒区東山は目黒川を挟んで青葉台と対峙する台地にある。池尻や三宿、太子堂方面から見て東山と名づけたのだろう。                          〈さかえ〉 長野県栄(さかえ)村は信越国境に位置し、境の村を好字にしたものだが、各地の栄地名は多くはその地域が未来永劫にわたって栄えあるように願ってつけられた地名だ。鉄道の駅前に栄町が多いのは、開通当時の住民が鉄道を忌避し、町外れの片田舎に駅を建設したことによる。現在は、その駅の恩恵を受け、町の中心的商店街を形成し名実共に栄町になっている。練馬区栄町、板橋区栄町、北区栄町もそれぞれ住民の願いどおりの町に成長している。                            〈にしき〉 練馬区錦、千代田区錦ともにきらびやかな印象の町だが、いづれも将軍家か高級武家の御屋敷関係ではないかといわれている。                              〈すみよし〉 江東区住吉、新宿区住吉はともに大阪の住吉大社を意識してつけた縁起のいい地名として命名した。
                                                                                                                                                                                                                                                                  
[PR]
by baba72885 | 2008-01-24 19:57
〈ひらかわ〉 千代田区には平河町が二つある。JR秋葉原駅東の神田川北岸に、神田平河町があり、その由来は神田川の古名である「平川」である。一方、最高裁判所の裏手にある平河町には真ん中に「平河天満宮」があり、早くから開かれた土地を思わせる。また、天満宮の北には東西に「平一中央通り」があり、ひらかわは地形的に「平らな側」を意味するように思える。また、南の永田町の水田地帯に遅れて開墾された場所を意味する「新開地」とも考えられる。                           〈たかだ) 中野区上高田は北に松が丘へと続き、妙正寺川沿いの低地である中井、新井、江古田、沼袋とは対照的な地形だ。また、豊島区高田は北に雑司が谷を控え、目白台から続く台地状の地域だ。いずれも高燥地であり、水田には適さない場所と考えると、単に高所(たかと)や高畑(たかはた)が訛ってたかだになったと考えたい。                  〈たかまつ〉 豊島区高松、練馬区高松ともに周辺地域より高くなっている地域だ。練馬区立高松小学校の校歌には「松ノ木」や「ときわの松」が唄われており、両方とも植物の「松」に由来すると考える。         〈ふじみ〉 高松小学校の校歌には両方とも「富士山」が登場する。かつてビルの建つ前の東京では、ちょっとした高台や坂上から富士山が望めたことで、「富士見坂」の地名は十指に余る。練馬区富士見台は隣接する高野台と同じく住宅街となっており、昭和39年に谷原地区を割いて誕生した。もともと南の中野区鷺宮にかけて「富士見」と言われていたという。千代田区富士見は飯田橋の南の都心にあり、城下町として発展してきた町だ。板橋区富士見町は常盤台に続く住宅地で、隣の前野町には富士見台小学校がある。全国の「富士見」地名の中には富士山とは関係なく、単なる瑞祥地名の場合があることに注意が必要だ。                                           〈おおやま〉 漢字のイメージは違うが、その発音から小山(おやま)が威勢よく大山になることが多い。渋谷区大山は西原、上原と隣接しており、潅木林の中でこんもりした高まりのあるところを「お山」といっていたかもしれない。板橋区大山町もやはり東武東上線沿いに何がしかの小高い丘があり、そこから地名が生まれたと思いきや、ここに大山参り(神奈川県丹沢の大山信仰)の講連中が集っていたということで、大山地区が生まれたというが・・・・。                              〈ほりのうち〉 堀内は確かに中世の豪族屋敷関係の地名ではあるが、荒川北岸の足立区堀之内は、北区堀船や葛飾区堀切と同じく、荒川と隅田川のつくる水郷地帯に発達したクリーク堀のことだろう。ものの本には地方豪族の宮城四郎兵衛何某の館に因んだ地名だとあるが、堀内のすべてが豪族屋敷村とは限らない。杉並区堀ノ内は善福寺川をまたいで南北に長い町だ。東隣の和田とあわせて和田堀村と称した時もあり、近くには和田堀公園や和田堀橋の名が残っている。ここも豪族屋敷村とするには歴史的な痕跡が無く、善福寺川とつながる堀関係の地名だろう。                 〈かが〉 かがの語源は芝原や荒地の草地をあらわす。全国にあるかが地名はほとんどがこの自然地名である。(岐阜県各務ヶ原市各務、羽島市加賀野井等) 足立区加賀は埼玉県川口市との境界にあり、葦の生い茂った荒地であったろう。付近を流れる新芝川は下流で芝川と合流し、荒川に合流する。板橋区加賀と新宿区市谷加賀は、いずれも加賀藩の屋敷跡に因む地名で、江戸東京ならではのかが地名だ。                                        
[PR]
by baba72885 | 2008-01-22 19:50
〈いりや〉 足立区入谷と入谷町は元来同じ地区名であり、隣接して古千谷(こじや)がある。「恐れ入谷の鬼子母神」(現在は下谷地区になっている)の台東区入谷は「朝顔市」の町だ。いずれの入谷も読んで字のごとくの地形名だ。                                  〈かまた) 世田谷区鎌田は仙川、野川、多摩川の出合う細長い低湿地帯であり、早くから開かれた水田にちなんだ地名だ。江戸川区下鎌田は旧下鎌田村の名残であり、その多くの地域が瑞江地区になっている。瑞江の地名と共にやはり低湿地の田を思わせる。なお、上鎌田はバス停のみがその名を残している。大田区蒲田はかつて鎌田と表記していた。今は蒲田本町、西蒲田などいくつかの地区に分かれている。付近はかつて沼地のような湿田であったという。                                〈せんぞく) 足立区入谷には戦国時代まで「千束池」があったという。目黒区洗足は、すぐ南となりの大田区千束と同じ旧荏原郡千束郷であった。「洗足池」は大田区南千束にあるが、その字面から案の定、日蓮上人が足を洗った池という地名伝説がある。南千束の地域にはかつて、池上千足町があり、3つの表記の見られる面白い地名だ。台東区千束はいわゆる江戸吉原遊郭を含む地域だ。千束の由来は、稲千束を意味するのか、千僧供養に関する料田から来た地名なのかよく分からない。                〈やなか〉 立派な野球場を備えた「谷中公園」は足立区谷中にある。また、いわゆる「谷根千 やねせん」の一角を占めるのが、台東区谷中だ。上野台地の東には、入谷、下谷、松が谷と連なり、谷中と同じくみな地形そのものの地名だ。杉並区堀ノ内の住宅街にある「谷中公園」の名は、すぐ南を流れる善福寺川の谷を意識したものだろう。                       〈たまち) JR田町駅は現在芝5丁目にあるが、かつてここは田町あるいは芝田町といわれていたことからつけられた駅名だ。西の三田から続く水田地帯を示している。新宿区市谷田町も、外堀沿いの低地である。江戸初期まで田町といわれていた千代田区神田多町(たちょう)は埋田町が起源という。やがて城下町として都市化し、賑わってきたので「田」を「多」に改め、呼び方も「たちょう」としたのは江戸っ子の粋な技に違いない。                         〈つきじ〉 中央区築地の「つき」は、東京湾に浮かぶ月島(つきしま)、佃島(つくだじま)と同じ語源で、海を埋め立てて築(つ)いた土地を意味する。月島ははじめ築嶋だったが、よりロマンチックな表記にしたのだろう。神戸市築地町も埋立地だ。新宿区築地町は神楽坂を登ったところにある。古い池を埋めた土地という説もあるが、ここは周囲より高くなっているので、高所や台地を意味する「つく」だろうか。しかし、神楽坂の北側には築地と同類地名の津久戸(つくど)町や筑土(つくど)八幡町があり、さらに白銀町(別項参照)もあることから、かつてこのあたりで大掛かりな土木工事(砦、館等)があった事を思わせる。                                                                                                                                                                            
[PR]
by baba72885 | 2008-01-18 18:33