地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0134145_16131483.jpgCグループ ベスト16 (円錐形に侵食された山)                             1位 讃岐富士(飯野山) 《写真参照》自然の造った讃岐平野の絶品、人を魅了する見事な姿は、NO1にふさわしい。2位 近江富士(三上山) 名神高速道路で思わずオーと声を上げてしまう。3位北見富士 北見市と紋別市にあるが、北見市留辺蕊(るべしべ)の富士は見事な円錐形を見せる。4位 若狭富士(青葉山) 若狭湾を右に見て、国道27号線を西に向かうと、正面に美しくみえてくる。5位 美瑛富士 十勝岳、美瑛岳に続く稜線にあり、程よい円錐形が遥かに見える。6位 松浦富士(浮岳) 佐賀県唐津市と福岡県二丈町の境界にあり、品のいい富士だ。7位 音威富士 北海道音威子府村中心地の背後に清清しい姿を見せる。8位 糸島富士(可也山) 福岡県志摩町にあり、ほんわかとした山だ。9位 姫島富士(矢筈山) 大分国東半島の沖に浮かぶ姫島の可愛いメルクマール。10位 丹後富士(建部山) 京都府舞鶴市にある低い山だが、納得のいく形をしている。由良川の対岸にはもう一つの丹後富士の由良ヶ岳がある。11位 企救富士(貫山) カルスト地形の石灰岩台地である、福岡県平尾台にそびえたつ北九州を代表する美しい山。12位 越前富士(日野山) 北陸自動車道のすぐ東にあり、山頂付近の円錐形が美しい。13位 遠野富士(六角牛山) 遠野盆地の遥か東、北上高地南部のなだらかな山。14位 都富士(比叡山) 大宮人の願いが、叡山までも富士に見立てた。15位 生駒富士(夷守岳) 宮崎県小林市の生駒高原から見るべし。16位 安曇野富士〈有明山) 北アルプス表銀座を背景にした、頂上が平らなごつい山。                                 Dグループ ランキング外抜粋(おらが故郷にも富士が欲しい)                         温泉富士 北海道中標津町の養老牛温泉から望む。綾里富士 南リアス線綾里(りょうり)駅の背後に見える。富士山 神奈川県横須賀市にあり、南北に長い峰を持つ。荻野富士(経ヶ岳) 関東山地の南端、神奈川県愛川町と清川村の境にある。黒富士 山梨県昇仙峡の奥、野猿谷から見上げると、山頂はこぶのようだ。加賀富士(大門山) 金沢平野から遥かに望む両白山地の秀峰。高井富士(高社山) 善光寺平北部の名物は、アップルロードと高井富士。伊那富士(戸倉山)  駒ヶ根市の東、伊那山地の北端にありアルプスの山々を展望できる。敦賀富士(野坂岳) 同じ敦賀富士の西方ガ岳よりも高くて美しい。飛騨富士(舟山) 位山と向かい合った穏やかで台地状の山容である。尾張富士 本宮山、白山と共に尾張三山という。明治村と入鹿池を見下ろす。三河富士(本宮山) 新城市作手と岡崎市額田の境、スカイラインが頂上直下まで通じている。伊賀富士(尼ヶ岳) 布引山地南端の高峰、遠く伊勢湾も望める展望の良さを誇る。紀州富士(龍門山) 紀の川から見上げると、穏やかな山並みのおおらかな山。丹波富士(弥仙山) 綾部市の北にある優美な山だ。丹波富士は他に、亀岡市の牛松山、篠山市の白髪岳等いくつかある。但馬富士(三開山) 豊岡市南東の水田地帯の背後にすっと立つ小山。有馬富士 三田市の森林公園にある。播磨富士(笠形山) 兵庫県神河町にあり、雄大で名前どおりの山。他に播磨富士は、姫路市夢前の明神山、神戸市西区の雄岡山がある。備前富士(芥子山) 岡山市西大寺にあり、233mの山頂は公園になっている。備後富士(蛇円岳) 福山市新市にあるなだらかな楕円形の山。長門富士(十種が峰) 島根県境の阿東町にある。厳かな山で登山者に人気がある。周防富士(四熊ガ岳) 周南市にあり、とんがった山頂部が特色。周防富士の代表格だ。他に、矢筈ヶ岳や氷室岳等がある。阿波富士(高越山) 美馬市と吉野川市の境にあり、裾野が長い。伊予富士 石鎚山脈の中ほどの土佐国境にある。貫禄のある山だが、およそ富士の形には程遠い。伊予小富士 松山市の沖合の興居島にあるこんもりとした山。航行する船の大切な目印だ。玖珠富士(涌蓋山) 久重連峰の西端、堂々としたなだらかな円錐で熊本県小国町ではこの山を、小国富士という。佐世保富士(烏帽子岳) 佐世保市街のすぐ東にあり、市民に親しまれている。伊万里富士(腰岳) 伊万里市南部の有田川に向けて落ちる、なだらかな裾野がきれいだ。                                                                                                                                              左 《若狭富士の青葉山》国道27号線 高浜より                                                                                                                 c0134145_21204139.jpg
[PR]
by baba72885 | 2008-02-26 20:50
白樺湖と蓼科山c0134145_19545072.jpg        Bグループベスト14(火山の存在感はあるが、器量が・・・)                       第1位 伯耆富士(大山) でーんと構えた山陰の横綱、四季を通じてみんなに親しまれている。                                    2位 出羽富士(鳥海山) 白瀬中尉も眺めて育った。日本海からの雄姿を見てみたい。                                3位 岩手富士(岩手山) 南部富士ともいい、イーハトーブ自慢のふるさとの富士。                                      4位 信濃富士(黒姫山) 旅愁あふれる北信は、戸隠、一茶とおらが富士                              5位 日光富士(男体山) 典型的なトロイデ火山。日光には二荒神社(東照宮)があり、信仰の山である富士の名を付けるのはひかえたい気もする。                              6位 諏訪富士(蓼科山) 八ヶ岳連峰の北端にあり、白樺湖からの姿はりりしく美しいが、威風堂々たる赤岳は盟主にふさわしい富士の姿だし、コニーデ型の火山なら、南端にある編笠山が裾野も長く見事な景観を見せる。                               7位 筑紫富士(桜島御岳) 九州はかつて筑紫島といわれたので、この名がついているが、荒々しさを見せる御岳は「隼人富士」としたい。                               8位 石見富士(三瓶山) 周囲に高山が無く、ひときわ目立つ山陰の西の雄だが、二つのピークが富士の形を気まずくしている。                              9位 豊後富士(由布岳) ちょっと滑稽なトロイデには、思わずにんまりしてしまう。由布院温泉と共に、別府の奥座敷として大事な観光資源だ。                              10位 斜里富士(斜里岳) 道東を開拓した人々の心の支えとなった富士は、なだらかな美しい姿を見せてくれる。また、北にある羅臼岳は知床富士とも言う。                             11位 渡島富士(駒ケ岳) 上部を爆発で失っている。雄大な裾野は雲がかかっていると大きなコニーデ火山を想像してしまうが、雲が晴れてがっかりしたことがある。                               12位 会津富士(磐梯山) 本家の富士山と背比べをし、負けた腹いせに頭部を吹っ飛ばした姿が痛々しい。噴火の途中では、リードした時もあったとか。ムッソリーニもほめ称えたこの会津魂は、官軍に立ち向かった多勢に無勢の白虎隊だけではないのだ。                               13位 越後富士(妙高山) 赤倉山、大倉山に挟まれた上越の名峰だが、独立性に欠けて大幅にランクダウン。                               14位 吾妻富士(吾妻小富士) 頭を傾けた小さなお釜は、駐車場からも近く短時間で周回できる。                                            富士と呼びたい器量よしの火山                         1 北海道の支笏湖にその秀麗な影を映す恵庭岳を「支笏富士」                                 2 尾瀬沼の北側に重厚な姿を見せる燧ケ岳を天空の富士として「尾瀬富士」                                       3 熊本市の西郊外に美しい円錐形を見せる金峰山は、絶好の夜景鑑賞スポットだ。熊本の人は、水前寺公園にあるミニ富士山で満足しているのだろうか。「肥後富士」か、ずばり「熊本富士」でいい。           箱根から見た富士山
c0134145_19565572.jpg
《池田湖のバックに聳える開聞岳》c0134145_9181575.jpg       
[PR]
by baba72885 | 2008-02-14 19:04
富士山の名前の由来には、いくつかの説があるが、いずれも説得力に欠け、目からウロコというわけにはいかない。富士山は成層火山(コニーデ)といわれ、その見事な円錐形の山容はあらゆる人の心の琴線にふれる。ニュージーランドのエグモント山、フィリピンのマヨン山を写真でみると、富士山かと思うほどよく似た形をしており、海外にもコニーデが多くあるように思える。わが国には、噴出した溶岩がコニーデよりやや粘性が強く、丸みを帯びた釣鐘状火山(トロイデ)が多く、「○○富士」として親しまれている。ところが、誰にも侵されない熱い郷土愛は、日本中至る所のおらが山に形はどうあれ「富士」の名を被せている。おらが山はほとんど火山ではないが、中には円錐形の美しい姿の山もある。「おらが富士」は誰が名付けたのか膨大な数に及ぶが、その中から独断でいくつか選び、ランク付けしてみました。皆さんはどう思われますか。                            1 Aグループ ベスト11 (優雅な円錐形の火山)                                第1位 蝦夷富士(羊蹄山) 文句なしのナンバーワン。この山に向かって          言うことなし。どこから見ても雄大で美しく道産子の誇りだ。                                  2位 薩摩富士(開聞岳) 池田湖の背景にもいい、菜の花のバックにもいい、フェリーからの夕映えはもったいない程の極上品だ。                     3位 利尻富士(利尻山) 海から突き出ているような偉容はアイヌ語の「高い山」そのものだ。                        4位 津軽富士(岩木山) 津軽の心のふるさと、りんご畑の向こうに良く似合う富士山。                            5位 八丈富士(西山) 八丈島の小さな富士山、南の海に緑がまぶしい。             6位 石見富士(青野山) 石見富士は三瓶山に任せ、津和野を見下ろす優雅な山は「津和野富士」としたい。                       7位 阿寒富士 雌阿寒岳と対を成している。遠望する円錐形は北国の哀愁が漂う。                               8位 伊豆富士(大室山) 伊東のサボテン公園のシンボル。リフトでらくらく登山して、空っぽのお釜を散策しよう。                                               9位 トカラ富士(御岳) 薩南諸島に浮かぶ愛すべき珠玉の一品。                10位 榛名富士(榛名山) カルデラ湖に映る憂いのあるかわいい中央火口丘                                 11位 阿蘇富士(米塚) シンプル イズ ザベスト 阿蘇山中央火口丘の裾野にさりげなく立つ小さなコニーデは、草原にのんびり遊ぶ阿蘇牛と共に、観光登山バスの車窓を楽しませてくれる。                                                                                                                                                          左《米塚》 昭和58年8月撮影    右《羊蹄山》平成16年9月撮影c0134145_2125836.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                      c0134145_1965446.jpg
[PR]
by baba72885 | 2008-02-13 19:42
その文庫判地図の裏面には「平成7年2月9日購入、11日、神戸長田区を尋ねる」とメモがあった。尋ねたルートが緑のサインペンでトレースしてある。あの大震災から約1ヶ月をむかえようとしている時だ。その日は、なぜか京阪枚方市駅に車を乗り捨て、京橋からJRに乗り換えたが、東灘区住吉駅までしか電車は運んでくれない。朝から何も食べてないのに、尼崎あたりから急に腹痛におそわれてきたが、乗客はしばらく無言で歩いた後、バスに乗り換えて三宮駅に着いた。曇天のうすら寒い風の中、道筋の被災状況は都心に向かうほど甚大に思えた。我慢に我慢を重ね、いっぱいいっぱいだったが、三宮駅北側の壊れたビルの一角にあった一つの簡易トイレに救われた。神戸高速鉄道で新開地、そして神鉄有馬線長田で下車し、急な坂を下って目的地の名倉(なぐら)町に向かう。そこには、書道塾を営む知人のKさん宅がある。果たして、大きなヒビが入り、傾いた自宅には家人は無く、今にも崩れそうな壁には連絡先の張り紙がかろうじてへばり付いていた。よかった、連絡先の電話で無事を確かめ、お見舞いの言葉を掛けることができた。さて、この9日、ラジオの天気予報は太平洋岸を低気圧が東に進み、平野部では大雪のおそれがあると伝えている。しかし、神戸が呼んでいるような気がして、新幹線新神戸駅から地下鉄、神鉄を経由して小雪のそぼ降る長田区名倉町についた。ここは崖に囲まれた狭い谷や崩れやすい急斜面等の危険な場所を表す「くら」「くれ」地名の場所だ。あの時、避難場所になり、多国籍の文字がひしめくテントが張ってあった運動場はなかったが、新築された名倉小学校の校門から見下ろすと、名倉町はまさにこの地形どおりの谷に集落が密集している。名倉町を流れる苅藻川のすぐ上流は滝谷町という険しく、厳しい地名だ。上越国境にある谷川岳の「一の倉沢」や北アルプス北穂高岳の「滝谷」を思わせる地名だ。神戸では他に、須磨区高倉町、中央区大倉山公園の名が見える。全国的には、「倉・鞍・蔵・暗」や「呉・暮・久礼」等で表記される地名が多い。名倉町を後にし、サインペンのルートにしたがって南に下り、13年前の記憶をたどる。なんの変哲もない長田の町は、すっかりあの日のことは忘れ去ったのかと思いきや、頭から冷水をぶっかけられた。宮川小学校の前にかかる宮川歩道橋に『教訓は あの日のドッキリ あのヒヤリ』の黄色い横断幕が掲げてあった。その歩道橋の下を、黄緑色の市交通局のノンストップバスがスピードを上げた。長田神社を横目に、高速長田駅を過ぎ、いよいよ鮮明に記憶しているJRのガードを南にくぐった。そこには曲がりくねった鉄骨、焼け爛れた鉄板類、コンクリートの瓦礫が大火災後の惨状をそのまま見せており、一棟の建物も見当たらなかった。西にあるはずのJR新長田駅舎は無く、憔悴しきった人々が瓦礫の間を行き来していた。今、ガードをくぐり阪神高速道路を前にしても、そこには何も無かったかのように、雪が降り続いていたが、そこの吉田町バス停の脇で、思わず目をつむって手をあわせた。まもなく終点のバス停吉田町に、あのノンストップバスがやってきた、と思いきやよく見ると、乗る人にやさしいノンステップバスではないか。ここからJRの線路沿いに兵庫駅までは、1階が倒壊した家が多かったが、いたる所で車庫の自動車がぺちゃんこになっていた。今はガード下を中心に、自動車板金工場が続く。 途中、菅原通りあたりに青いビニールシートの、急造喫茶店兼居酒屋があったが、影も形もなく町の風景も一新していた。兵庫駅でやっとありついたセルフうどんをかっ込み、三宮駅の歩道橋から正面を見た。中心部に大きく斜めにヒビが入り、無残に傾いたSOGOの姿は脳裏から離れない。今、きれいにお色直しをした駅前ビルのSOGOは、13年の時の流れをいやがうえにも感じさせた。ここからまた京橋、枚方方面に向かうのか、はたまた神戸元町、大阪キタで都会を満喫するかは・・自由だー・・。大雪は新幹線を遅らせ、名神高速道路は一宮ICで通行止め、中央道は多治見まで不通で、一般道は前代未聞の大渋滞。結局帰宅したのは予定より3時間も遅れて、午後11時過ぎになってしまった。神戸が呼んでくれた大雪のこの日、確かに鎮魂の旅にはなったが、渋滞の車中では腹は減るし喉が渇く。こんなに苦労して帰る旅になろうとは、やはり神戸はなにか因縁めいている。 合掌                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 c0134145_21423389.jpgc0134145_1932407.jpg
[PR]
by baba72885 | 2008-02-12 18:43
1 説明の要らない自然地名                                           ひらの   江東区平野、足立区平野ともに読んで字のごとくの場所だ。              はらまち  新宿区原町、目黒区原町                                   しみず   杉並区清水、板橋区清水町ともに湧き水に由来する。板橋区には清水町、泉町、蓮沼町と連続しており、いずれも同類地名だ。        にしはら 渋谷区西原、北区西ヶ原                   2 中心地の意味                                 なかざと 北区中里、新宿区中里町                                    なか 目黒区中町、世田谷区中町、新宿区中町、新宿区仲之町、板橋区仲町、足立区千住仲町、江東区門前仲町 仲は中心というより、何かの間という意味合いがある。                          ちゅうおう 中央区は位置的に東京の中央ということだろうが、日本橋、銀座、築地と続き、日本経済の中枢機関や一大商業地があることでその名が活きている。江戸川区中央、中野区中央、目黒区中央町                                                ほんちょう 中野区本町、板橋区本町、目黒区目黒本町、渋谷区本町(ほんまち)、大田区田園調布本町、足立区古千谷本町、足立区西新井本町、足立区伊興本町、豊島区池袋本町、中央区日本橋本町、大田区蒲田本町 足立区中央本町は、これでもかと念入りな地名だ。                 3 そのまんま                                みなみ 目黒区南、大田区田園調布南、足立区神明南、練馬区上石神井南町、新宿区南町、足立区本木南町、板橋区南町、新宿区早稲田南町            きた 南と比べてイメージが悪いせいか、練馬区北町、新宿区北町と少ない。                                      さくらがおか 渋谷区桜丘町、世田谷区桜丘は植物の桜というより、緑ヶ丘、旭が丘という地名と同じく、イメージ先行の地名だろう。               4 同じ地区が分かれた地名                         としま 豊島区と北区豊島は古代は、武蔵国豊島郡であり、そのお役所である郡家(ぐうけ)は北区西ヶ原の滝野川公園あたりだといわれている。                       みた 港区三田と目黒区三田はかつては連続した同じ三田だった。             すいどう 文京区水道と新宿区水道町は隣接しており、わが国最古の上水路である神田上水を水道と呼んだことに由来する。                                       ししぼね 江戸川区鹿骨と鹿骨町は同じ場所にあり、ごく狭い地区の鹿骨町がなぜそこまで頑張っているのだろう。同じことが、足立区入谷と入谷町、舎人と舎人町にも言える。いずれ併合される運命にある。              5 由来が同じ                                   新宿 新宿区新宿は甲州街道「内藤新宿」に由来し、葛飾区新宿(にいじゅく)は、水戸街道「新居宿」に由来する地名で、新しい宿を意味する新宿や今宿は全国に多い。                                   しろかね 港区白金(しろかね)と新宿区白銀(しろがね)町は同じ語源の「城ヶ根」である。                                                    せた 「せた」は「せと」に同じく、狭くなったところや、低地を意味する。滋賀県大津市瀬田は瀬田川が琵琶湖から流れ出る狭い谷にある集落だ。しかし、旧多磨郡勢多郷であった世田谷区瀬田と世田谷は台地の上にあり、この自然地名にはそぐわない。馬の背のような地形のせど(背処)が訛ったのだろうか。                                                                                                                                                                                                                                                            
[PR]
by baba72885 | 2008-02-01 21:44