地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「青」の地名

『人間(じんかん・にんげん)至るところ青山(せいざん)あり』の「青山」とは「骨を埋めるところ・死に場所」という意味だ。つまり、「人間にはどこでも生きてゆける場所があり、生まれ故郷ばかりが生活の場ではない。人はどこにでも死に場所はあり、広く世に出て活躍すべきである」という金言なのだ。このように「青」はブルーの色を表すほかに、死者の埋葬地にも付けられる地名でもある。大阪府藤井寺市青山は「古市古墳群」のど真ん中にある「青山古墳」の南にc0134145_22584741.jpgある集落で、新興住宅地となっている。まさに死者の埋葬地の「青」地名である。ちなみに、東京都港区にある「青山霊園」の「青山」とは、美濃国郡上藩主の青山家の下屋敷に由来するもので、霊園はその屋敷跡に造営されたものだ。偶然ではあるが、「青山」はまさに墓地にふさわしい地名であった。福島県会津坂下町の青津には、亀ヶ森古墳と鎮守森古墳があり、隣接して青木もあり、墓地の意味の「青」だ。谷川健一は沖縄にある「奥武(おう)」に注目し、「奥武」は「青(あお・おう)」であり、死者の埋葬地に由来する地名であるとした。沖縄県には奥武(おう)島が南城市、久米島、座間味村、名護市にあり、那覇市の奥武山(おうのやま)公園、北中城村の奥武岬等がある。本土には「奥武」は無いが、「あお」地名の「青」「粟生」「阿保」「阿尾」等がある。果たしてこれらは埋葬地と関係があるのだろうか。ところで「青」の地名が日本海側に集中していることは早くから注目されてきた。谷川氏は、「青」地名は埋葬場所との関連とともに、古代海人族の居住地でもあることを示唆し、日本海側に集中しているのは、彼らが対馬海流に乗って移動した結果だという。西から目をこらして拾ってみた。朝鮮海峡に臨む長崎県対馬市青海、壱岐市の青島、松浦市の青島、山口県下関市粟野、長門市青海島の青海、萩市青長谷、萩市青海、島根県浜田市青浦、浜田市の青川、江津市青山、江津市青波、出雲市青野、松江市の青島と青木島、米子市粟島と粟島神社、隠岐の島町の青島崎、海士町青谷、鳥取県琴浦町粟子、鳥取市青谷、鳥取市の青島、京都府伊根町の青島、舞鶴市青井等は死者を葬った場所と関係があると思う。さらに東へ行くと、福井県高浜町には青葉山、青戸入り江があり、青という集落もある。そこには「JR青郷(あおのごう)駅」があり、いずれも海人と死者に関わる地名だとされる。福井県小浜湾に浮かぶ蒼島はかつて青島と表記していた。若狭湾に突き出た小浜市の大島半島ももしかして青島(おうしま)だったかもしれない。まさか「あおはま」が「小浜(おばま)市」、「あおい」が「おおい町」に転訛したとは・・・思えないこともない。小浜市には青井という地名もある。さらに東へ、石川県金沢市粟崎、羽咋市粟生(あお)、穴水町青島、七尾市青島、富山県魚津市青島、入善町青木と青島、新潟県糸魚川市青海、柏崎市青海川、新潟市青山とつづく。「大」が「青」である良い例として、新潟県糸魚川市青海の大沢地区には、「青澤(おうさわ)神社」がある。また、奈良県の「大和青垣国定公園」の「青垣」は、古くは奈良盆地を大きく囲うようにしてある山々を総じて称したもので、やはり大垣の意味合いをもっていたと思う。「青」は「粟」にも変化している。石川県金沢市粟崎はもと青崎といい、砂丘堤にある羽咋市粟生ももと青と表記した。能美市粟生町や富山県氷見市阿尾は果たして埋葬地と関係があるのだろうか。日本海岸以外の「アオ」地名を追ってみる。兵庫県小野市粟生は、加古川と万願寺川の合流点にあり、「合う」を意味する「アオ」ではないのか。同じように、菊池寛の小説「恩讐の彼方」の舞台となった「青の洞門」は、大分県中津市本耶馬溪町の「青」という地区にあるがゆえにその名がついた。「青」は山国川と跡田川の合流点にあり、やはり川が会う場所に付けられた地名だと思う。徳島県吉野川市粟島は吉野川の中洲にあり、かつては埋葬地であったという。熊本県人吉市中青井、香川県詫間町粟島、新潟県粟島の由来は良く分からない。近鉄大阪線の長い「青山トンネル」で有名な三重県伊賀市青山町は、旧阿保(あお)村他3か町合併時の瑞祥地名というが、町名を青山に決定する際には、その中心的集落の「阿保」を意識したと思われる。この「阿保」は「アワ」に通ずるものであり、大阪府松原市阿保と同じように低湿地の意味だと思う。宮崎県の名勝「青島」は青島神社の神域だが、和歌山県日高町阿尾と同じく、水葬の地と関係があるかもしれない。岐阜県大垣市の西部に「青墓町」と「青野町」がある。付近には古墳があるが、大墓、大野が訛ったものと思う。東京都葛飾区青戸は駅名を「青砥駅」と表記するが、地域の人は「おおと」と発音し「大戸・大渡」として中川の渡し場だったことが分かる。江東区の青海(あおみ)や目黒区の青葉台は、長崎市青山や千葉県千葉市青葉町、宮城県仙台市青葉山のように、周囲の景観からして明らかに瑞祥地名だ。伊豆諸島の青ヶ島は青い海そのものだろう。富士山麓の青木ヶ原は昔、ソウズカと呼びこの青はお墓のことだという。                          左《高浜町青》                右《那覇の奥武山》c0134145_19225968.jpg  c0134145_227266.jpg  
[PR]
by baba72885 | 2008-04-24 21:21
東京の人は私たちを地方人と呼ぶが、日本の真ん真ん中に住む者にとって、新宿行きのバスに乗って信州、甲州と進むにつれ、東京がどんなに賑わっていようと「東下り」という感じがして、田舎に向かって行くような気分になる。それにくらべ、岡山行きの「ひかり」に乗ると「さあ都に上るぞ」という気分になる。確かに、近畿、中国地方は実際どこを歩いても歴史の重みをずっしりと感じるし、日本文化の原点に触れられる。ふさふさと毛むくじゃらで、むさ苦しい姿の蝦夷(えみし)が住んでいた東国を、都の人はそれぞれ「毛」の国とか「ムサ」国、「フサ」国と名付けたのだろうか。さて、古代律令体制がととのう前の地方は、それぞれの有力豪族が割拠し、「クニ」を形成していた。よく知られたものに九州の「筑紫クニ」や「豊クニ」、中国の「吉備クニ」、北陸の「越クニ」等がある。関東地方は、①「ケヌクニ」〈群馬・栃木)、②「ムサクニ」〈埼玉・東京・神奈川)、③「ヒタクニ」(茨城)、④「フサクニ」〈千葉)の4クニがあった。「ケヌ・ケノ」の「ケ」とは「毛」で、「毛野国」と表記された。「毛」は作物や木を意味するという。そういえば一毛作とか二毛作という言葉がある。律令国家は地方豪族の勢力を分断するため、多くの「クニ」を分割して「国」を設置した。「毛野国」は分割され、都に近いほうを「上毛野国(かみつけのくに・こうずけのくに)」、遠いほうを「下毛野国(しもつけのくに)」とした。後に、二文字にせよというお触れが出た際、読みどおりに「上毛国」、「下毛国」でいいのだが、品が無いということで「上野国」、「下野国」と表記して読みとの間に齟齬をきたしてしまった。大事な「毛」の字を欠いてしまっては元も子もないが、今JR両毛線に「毛」の字がのこっているので面目が立っている。栃木県にはJR烏山線に「下野花岡駅」があるのに、群馬県ではJR吾妻線「群馬原町駅」やJR信越本線「群馬八幡駅」と県名を使い、旧国名の「上野・上州」を使わないのはなぜだ。上信電鉄はその名にあやかってか、上州をかぶせた駅名が多い。ところで、栃木県に源を発する鬼怒川は毛野川の訛ったものであることはほぼ間違いない。「ムサ」の意味は植物に由来し、武蔵野の荒れ野原で風にそよぐ麻の一種か雑草類のことだという。都に近いほうを「ムサカミ(牟佐上)」
とし、ムを省略して「サカミ・サガミ〈相模)」国とした。一方は「ムサシモ」とし、モを省略して、「ムサシ(武蔵)」国とした。棘(いばら)のはびこる茨城県一帯は、かつて大和政権のフロンティアにあたり、蝦夷地を意味する「ヒタカミ(日高見)」と称していたことから、「ヒタチ(常陸)」国とした。しかし、単に蝦夷(ヒナ)が訛って「ヒダ・ヒタ」となったと考える方が飛騨や信濃(ヒナノ・シナノ)の例からも分かりやすい。「フサ」は古語でいう植物の「総」で、麻とほぼ同じ語義だ。房総半島は武蔵野と違って温暖な気候条件であり、麻類がより繁茂していただろう。分割後は、都からは海から入ることにより、南を「カミフサ・カズサ(上総)」国、北を「シモフサ・シモウサ(下総)」国とした。中部より以東の関東にはかつて蝦夷が住んでおり、やがて蝦夷を駆逐した後には、開墾・屯田のために多くの渡来人を置いたりした。ふさふさ〈総国)した毛(毛野国)むくじゃらのむさ(牟佐国)苦しいヒナ〈ヒタ国)が住んでいたことから、地名がついたと思ってしまいたいものだ。                 
[PR]
by baba72885 | 2008-04-16 21:01
 人が初めて地名を付けたのは、危険な場所と悪所を知らせるためだった。悪所を示す素朴な言葉の地名は各地に多い。ビショビショした湿地帯につけられた「美女」という地名は先述した。静岡市の登呂遺跡の「トロ」はドロ(泥)の湿地であり、稲作を行っていた弥生人の存在は然るべきことだ。ドロの「ダ行」はダブダブ、ドブ(溝)、デブ等良いイメージではない。さて、悪所そのままの「アク」地名は湿地である。明智光秀本貫の地、岐阜県可児市明智は可児川沿いの低湿地だ。鹿児島県阿久根市をはじめ、秋津、圷(あくつ)、阿久津、赤田、明田、芥、悪田と各地に多い。「ナ行」も「ネバネバ、ヌルヌル、ノロノロ」というイメージで、湿地の代表格の地名が多く、長野県根羽村、群馬県沼田市・下仁田町、千葉県野田市等があるが、「ニタ・ヌタ」が「ムタ」になり、福岡県大牟田市や各地の無田、六田、さらに変化し東京都渋谷区宇田川町、奈良県大宇陀町の「ウダ」も湿地地名だ。東京都北区浮間(うきま)は、湿地をあらわす「ウキ」地名だ。そこは北を荒川、南を新河岸川に囲まれた中の島状の地形で、板橋区新河岸、舟渡から続く低湿地帯となっている。埼京線「浮間舟渡駅」北側には荒川本流の名残である「浮間ヶ池」を抱く「浮間公園」があり、浮間2丁目を東西に貫く「人と緑と太陽の道」とともに市民の憩いの場所となっている。荒川の堤防を見るまでは、コンクリートの町に低湿地を感じるのは難しい。埼玉県八潮市浮塚、長崎県諫早市有喜町のほか、宇木、鵜木等の表記もある。「浮」は「フケ」とも読む。「フケ」といえば大阪府岬町深日(ふけ)、滋賀県守山市浮家が著名だが、他に福家、更、布気、婦家等がある。岐阜県瑞浪(みずなみ)市には中山道の宿場の細久手宿と大湫(くて)宿がある。「クテ」もその土地が「グテグテ」した湿地をあらわす言葉であり、九手、久出の表記もある。愛知県長久手町や瀬戸市広久手町等愛知・岐阜に多い。さて、ぬかるみのことを「ヒジ(泥・土)」とも言う。愛媛県西部を流れる肱(ひじ)川は確かに泥土の川であるが、長野県聖高原や広島市比治山は果たしてどうだろうか。愛知県の渥美半島には恋路(こひじ・こいじ)ヶ浜があり、近くに日出(ひじ)の石門という海食岩がある。このあたりは確かに日の出を見るには適地であるが、砂のことを「ヒジ」といったのだろう。熊本県水俣市の恋路島、大分県日出町も同じか。なお、岩手県宮古市日出島は「ひでしま」という。「ヤタ・ヤチ・ヤツ・ヤト」も湿地地名である。名古屋市東区矢田のほか谷田、谷地、谷内、萢(ヤチ)、屋地、谷津、谷戸、矢戸などが全国至る所にある。新潟市八千代は千葉県八千代市と同じく、瑞祥地名であり、その隣を万代といい縁起の良い地名を並べたものだ。東京都足立区皿沼・辰沼、中野区沼袋、板橋区蓮沼、杉並区天沼・本天沼などはそのまま湿地地名で分かりやすい。千葉県習志野市津田沼は、旧谷津村・久々田村・鷺沼村の合成地名でいかにも湿地を思わせる。                   左 《浮間公園》              右《大洲市の肱川》c0134145_19101691.jpg                                                                                                                               c0134145_16425075.jpg
[PR]
by baba72885 | 2008-04-10 19:59
 九州熊本の「くま」は渡来人の「こま(高句麗)」が語源だ、とする金思燁(キムサヨプ)氏の論文を参考に、目からうろこの話をはじめよう。                                        昨秋、柔道家の古賀稔彦さんの講演を聴く機会に恵まれた。彼は肥前国佐賀県の中学校を卒業するとすぐに、東京の私塾「講道学舎」に入門し、あのバルセロナ金メダルへの第一歩を踏み出した。佐賀県人ときいて、やはりそうかと思った。そういえば、人気女子プロゴルファーの古閑美保さんは肥後国熊本出身だし、佐賀県とは筑後川を挟んで一衣帯水の地、福岡県大川市は国民栄誉賞受賞者の作曲家・ギタリストの古賀政男さんの生誕地である。なるほどこれはもう偶然ではない。長崎・佐賀・熊本県は「肥の国」であり、肥前国と肥後国に分かれたが、この「肥の国」に集中している地名が「こが(古賀・古閑)」だ。長崎県には雲仙市上古賀・下古賀、長崎市古賀、大村市古賀島があり、佐賀県には、伊万里市古賀、多久市古賀山、佐賀市古賀、神崎市今古賀・古賀ノ尾、鹿島市山古賀、鳥栖市古賀、小城市下古賀、みやき町原古賀、川副町東古賀・西古賀、太良町古賀、東与賀町下古賀がある。一方、熊本県には、菊池市古閑、山鹿市古閑、八代市古閑浜、玉名市古閑、熊本市奥古閑、益城町古閑、美里町古閑、富合町古閑、植木町古閑、和水町用水古閑・高野古閑、玉東町古閑、西原村古閑と枚挙にいとまが無い。熊本県水俣市古賀町を例外として、肥前は「古賀」、肥後が「古閑」と表記している。さて、このような「こが」地名の密集状態は、何か深いわけがありそうだ。「魏志倭人伝」に見える「狗奴(くな)国」ではないかといわれる「熊襲(くまそ)」は、朝鮮半島から渡来した高句麗(こま)系の民であり、動物の熊を神聖視していた。そして、自分達も居住する土地も「くま・こま」と称していた。高句麗の領域であった朝鮮半島北部の「蓋馬(けま)高原」も、同源の地名だ。さて「こま」は、万葉時代には「肥」の字を当てていた。「肥(こゆ)」は「こゆむ」と名詞化し、短縮して「こむ・こま」となった。すなわち「肥の国」は高句麗人の住む「こま・くまの国」ということになる。「くま」は現在「熊・球磨・隈」等の表記としてあり、熊本市、高熊山(鹿児島県大口市)、球磨川、高隈山地等の地名として残っている。とりわけ佐賀県の佐賀市北部から吉野ヶ里歴史公園一帯にかけては「隈」地名が集中しており、注目できる。「肥前七隈」といわれる「鈴隈山・帯隈山・日の隈山・西日ノ隈山・中の隈山・早稲隈山・茶臼隈山」が長崎自動車道に沿ってあり、他に吉野ヶ里町松隈・鳥ノ隈、神崎市神之隈・日の隈公園、みやき町中津隈、佐賀市帯隈山神籠石(古代山城の石垣)、西隈古墳などがあり、さらに帯隈(おぶくま)山の麓には、「熊本」という集落もあるではないか。あたかもここに古代「くま国」の存在を思ってしまう。「肥の国」の由来は、雲仙岳や阿蘇山のある地域なので、漠然と「火の国」がその由来かと思っていたのだが、目からウロコがおちた。さて、金氏は「こが」の由来は、「狗奴国」の大官の職名や、高句麗系貴族の称号に「狗古(こか・くこ・きく)があり、それが現在「菊池」や「古賀」「古閑」として地名に残っているとしている。ところで、「こま」の語義は「かむ(神・上)」であり、「熊襲」と同じく、熊を守護神とするアイヌ民族のカムイ(神)とも一致することは何かを暗示しているようだ。こうしてみると、金氏の「熊襲=高句麗人」説はあながち荒唐無稽だと一笑に付すわけにはいかない。なお、「こま」の足跡か、長崎県対馬には「黒隈山・三隈山・大隈山・碇隈山」がある。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
[PR]
by baba72885 | 2008-04-03 20:31