地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

琵琶湖北岸にある海抜は421mと低いが急峻な賤ヶ岳の地名由来は、垂れ下がった状態をあらわす「しず」という言葉から来ており、断崖の賤ヶ岳にふさわしい地形名になっている。「しず」という山の名前は、長野・岐阜両県にまたがる、中津川市・南木曾町境の賤母山(しずもやま)767mがある。この山も急峻で登山には向かない山だ。賤母山から県境を南下すると「男だる山」があり、垂れ下がるように急な山の名前そのものだ。                                   さて、「しず」には他にも意味があり、清水が湧き出てくる場所のことや、穏やかで静かな場所という意味もある。静岡県の静岡や清水は隣同士だが偶然ではない。その付近の住民が好んでつけたのだ。                   津波災害で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町の志津川と長清水(ながしず)という地区や福島県いわき市志津、岐阜県土岐市賤洞(しずぼら)、海津市志津などはまさに湧水地になっている。                                   また、千葉県酒々井(しすい)町も台地の崖下に湧き出てくる清水を意味する地名だ。                    《南三陸町志津川》c0134145_1962171.jpg
[PR]
by baba72885 | 2011-02-19 08:52
世田谷区上馬と下馬は、かつてあった上下の荏原郡馬引沢村の簡略形の地名だ。この馬を駒に替えて、付近の深沢村や野沢村を合併して出来たのが駒沢という地名だが、世田谷区には上馬に駒留八幡神社、下馬には駒繫神社があり、古くからこの辺りには「こま」という地名があったに違いない。留や繫ぐは馬と関連づけて、いろいろな伝説があるのはいずこも同じだ。                                                 駒沢の地名はさておき、世田谷のその辺りには、馬引沢の馬地名と神社に使われた駒地名があったことになる。そうなるとどうしても動物の馬関係の地名かと思いたいが、あながちそうでもない。「こま」は、東京の駒場、駒込などと同じで込みいった小さい谷や沢のことだ。                                            一方「うま」地名の馬引沢の「うま」はちょっとした崖地のことで、「ひき」は低い所や潰れたような地形、もしくは水が退くという意味なら、馬引沢とは、ちょっとした崖っぽい涸れ沢ということになる。駒沢の地名も、ひょっとするともともとその付近にあった地名かも知れない。
[PR]
by baba72885 | 2011-02-05 19:37
  NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」は順調な滑り出しで、人気が出そうな雰囲気だ。主人公の「お江(ごう)」は生まれた国の「近江」の「江」をとって名付けられたという。小谷城から落ちた「江」たちは、三重県津市の伊勢上野城にしばしの平安を求めた。                                      そこから南の伊勢市二見町には「江(え)」という地名がある。そこは伊勢湾からの小さな入り江になっており、まさに地形そのものの地名だ。そこには「江地蔵」もある。(下の写真参照)                                ところで、「近江(おうみ)」の一般的な地名由来の解釈は、淡水の琵琶湖を表す「淡海(あわうみ)」からきており、都から遠く静岡県に浜名湖があることから、そこと対比して琵琶湖を「近淡海(ちかつあふみ)」、浜名湖を「遠淡海(とうつあふみ)」と呼び、旧国名には二字にする必要があったのでそれぞれ「近江(おうみ)」「遠江(とうとうみ)」とした。                                            しかし、この説を真っ向から否定する考えがあり、私はこちらを支持する。すなはち、①琵琶湖は淡水だが、浜名湖は今も海と繋がった潟湖で全体が淡水ではない。古代には一見湖に見える大きな湾になっており淡水でないことはわかっていた。②「近江」を「ちかつうみ」と言わずに「おうみ」といい、「遠江」だけ「とうとうみ」というか。この2点の疑問は次の説明で解決する。                                  琵琶湖は昔から単に大きな湖を意味する「大湖(おうみ)」と呼ばれており、浜名湖も付近の住民が単に「大水(おうみ)」とか「大湖(おうみ)」と呼んでいたと考えるのはごく普通である。したがって旧国名にして呼ぶときに近いと遠いの意味合いはのこしながらも、琵琶湖の国を昔ながらの呼び方で単に「おうみ」と」呼び、「おうみ」に対して遠くにある国名を「とうとうみ」と呼んだのだ。                                  しかし、「うみ」に「江」の字を当てた疑問は誰も解決してはくれていない。時の人の趣向かも知れない。                                                   「お江」さんは今日も何も知らずに眠っている。                                       
c0134145_10281797.jpg

[PR]
by baba72885 | 2011-02-04 09:13