地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 先日、那智の滝を訪ねた。滝のかかる那智川の渓谷から、新宮市に抜ける険しい峠道が「大杭峠」だ。                           ところで、「杭」の峠で一躍有名になったのがパワースポットの「分杭峠」だ。「杭」の地名は、「杭」そのものの意味ではなく、くえ(崩・潰)が訛った意味や食い込むような険しい谷に付いた地名が多い。分杭峠は伊那市の旧長谷村から大鹿村に越える険しい峠道だ。那智の大杭峠も似たような峠道である。ここは健康によいゼロ磁場ではなくパワースポットにはならないのだろうか。                                      岐阜県大垣市の西部を流れる杭瀬川は、平地を切り裂くように食い込んで流れる川で、往古は揖斐川の本流であったときもある。
[PR]
by baba72885 | 2011-07-13 07:10

「初台」の地名由来

初台の局由来説や太田道灌の第一の烽火台に由来を求める説があるが、色々あることからするとむしろ、ハツ(削)・台で、初台台地の削られた端地帯という地形由来を考えたい。                                         
[PR]
by baba72885 | 2011-07-06 20:07