地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 島根県の隠岐の島は沖に浮かぶ「沖ノ島」がその由来だが、日本中にある他の沖ノ島とは格段の品格の良さを出すために「隠岐の島」と表記した。「隠」は隠れるという意味で流人の島にふさわしい漢字を使った。「岐」は単に音を借りたように思えるが、人生の岐路というように、流人がきわどい生き様をする島にふさわしいのだろう。                                              さて、島前の西ノ島町の北海岸に小さな入り江がありその名を「耳耳(みみ)浦」という。「みみ」とは断崖や崖地を意味する「継(まま)」が訛ったものであり、現地は確かに急な断崖の迫った狭い湾になっている。                                        ところで待てよ、耳耳と書くなら耳耳浦は「みみみみ浦」と読むのが現代風の読み方だが、古代は耳は単に「み」と発音したので耳耳で「みみ」が正しいことになる。                             そういえば、目も「め」で一音のまま現代も踏襲しているではないか。いつの間に耳「み」を「みみ」と発音するようになったのだろう。隠岐の島の「耳耳浦」は古代の発音がそのまま遺っていて貴重な地名だ。                                  もっとも目も幼児語では「めんめ」になり、おとなでも目を「おめめ」というので何だか「みみ」と「めめ」は同じように変化しているのだ。                                     古代の香が息づく隠岐西ノ島町には「イザナギ浦」「鬼ヶ島」「摩天崖」「通天橋」「天上界」「乙姫御殿」「国賀海岸」などの地名や岩の名前がある。「国賀(こくが)」も「こく」は削り取る、とか剔るという意味で「が」は「処(が)」で、バサッとえぐり取られたような地形の場所を表し、現地の地形そのものの名前だ。                                                              
[PR]
by baba72885 | 2011-09-25 18:56
9月10日、中津川市遠山史料館の土曜講座で、「飛騨街道を巡る地名由来」の講演を無事終えました。暑い中、足をはこんで下さった皆様に深く感謝いたします。中津川市と下呂市を結ぶ「飛騨街道」については、私は、昭和58年に岐阜県教育委員会文化課の依頼でこの街道を仲閒と調査しましたが、その後この調査の報告書も出ています。                            苗木、福岡、下野、田瀬、付知、加子母、下呂などの旧町村名の他に、街道沿いの地名の由来について講談、いや漫談風に語った様に思います。                                                どこの地名由来についてもお話ししますので、よろしかったら講演(漫談)にお呼びいただければ喜んで出かけて参ります。                            (例)中津川市付知(つけち)                                       町内を斜めに突っ切る「阿寺断層崖」につけられた「継地(つぐち)」が訛ったものです。柘植(つげ)や都賀(つが)の地名もおなじ語源だと思います。      
[PR]
by baba72885 | 2011-09-11 09:36
13は不思議な数字だ。                                       ・十三参り(数え13歳のお参り)  ・十三回忌   ・十三仏(法要を保護する本尊の総称)  ・十三塚(墓が必ずしも13あるわけではないが、死者を弔う象徴的な数で呼ぶ)  ・十三日祝い(12月13日の正月準備の御祝い)   ・十三夜     ・ゴルゴ13(イエスがゴルゴダの丘で処刑された13日に由来)                                                  こう並べてくると、13には不思議な霊力を感じないわけにはいかない。                                    13は1から始まる数の中で、何を数えるのにもそこそこの程度の数で、しかもぞろめの11や割り切れる12や14、15とちがって人はそこに何か忌みきらう「数の魂」を感じたのだ。人はその13の霊力と共にすることにより、魂の安心を得たかったのだろう。上記した様々な行事や伝説はそうした感情、観念から生まれたものだ。                                                      九里(栗)四里よりうまい十三里といわれるサツマイモも、単に語呂合わせの足し算遊びだが、そこには13へのこだわりを感じる。                          もちろん単なる語呂合わせで調子よくつけたのが美空ひばりの歌う「港町十三番地」だが、13という言葉の調子も日本人が13にこだわる重要な要素であることを教えてくれる。 そういえば、二十歳のことを十四、六つと言わないで、十三、七つというのも言葉の調子と奇数の縁起を担いでいる。                                               (地名由来)                                                                                       青森県五所川原市市浦には十三湖の海への出口に十三(とさ)という集落があり、もともと十三湖は「とさのうみ」と呼んでいた。                                    「とさ」の「と」は、単に場所の意味、戸や門の出入り口の意味、水門(みなと)で湊のこと等が考えられる。                                    「さ」は、狭いとか、小さいという意味があり、「とさ」とは狭い出入り口という現地の地形そのものの地名だ。                                  そういえば、高知の旧国名土佐(とさ)の由来は、広い土佐湾から浦戸湾 への入り口がいかにも狭くなっている様を「門狭(とさ)」としたのが由来と言われている。                                                       岐阜県瑞浪市の中山道十三峠等各地の十三峠という地名は、単にアップダウンが多い峠道につけられたのだ。大阪市の十三(じゅうそう)は特殊な呼び方なので、湿地を開墾した「じゅうぞう」という人名の様な気がするが、条里制の名残とか、十三番目の渡し場とかの説がある。面白いのは、淀川の堤(つつみ)からつつみ→ととみと訛って、ととみを「とと(十)み(三)」と表記し「じゅうそう」と読んだのだという。これが一番説得力がある。                《五所川原市の十三》 2010/9                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       c0134145_8421439.jpg
[PR]
by baba72885 | 2011-09-05 07:41
9月10日(土)13:30~15:30昨年に続き地名由来の講演〈講談・漫談)を行います。どうぞよろしかったら聞いて下さい。                                       場所:中津川市の「苗木遠山史料館」                                     題「飛騨街道を巡る地名由来」  中津川市福岡から下野、田瀬、付知町、加子母、下呂市までの主な地名についてその由来を楽しく解説します。            
[PR]
by baba72885 | 2011-09-02 22:32