地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「潮来」の地名由来

茨城県潮来市の地名由来は、漢字に惑わされてはいけない。                        「風土記」などに見られる古代の表記は「伊多久(いたく)」や「板久(いたく)」であり、この付近に「いたく」という地名があった。                                「いたく」の語源は、「いた(痛)・く(処)」で傷(いた)んだ地形、すなわち台地の縁の崖のことで、現地の地形を良く表している。                       霞ヶ浦東岸のこの台地の縁には、崖を意味する「アゾ」地形の行方市麻生(あそう)や「崩(ほう)ける」地形を意味する行方市粗毛(ほぼけ)があり、潮来も同じ地形由来であることがわかる。                                      この「板久」が、江戸時代に潮(いた)が海から遡上してくる地勢を見て、「潮来」と表記し発音が訛って「いたこ」と呼ぶようになったのだ。                          自然現象に漢字を当てはめて、地名語源の原意を見失ってしまった例だ。                            潮来の北に、潮来市荒久(あらひさ)という地名があるが、ひよっとしてもともとは「あらく」と呼んでいて、やはり荒れた厳しい地形のことではないのか。
[PR]
by baba72885 | 2012-06-06 09:00

「八箇峠」の地名由来

トンネル事故で世に知れた「八箇(はっか)峠」の由来は、「ハカ」が語源で、「ハケ・バケ・ガケ」と同じで険しい崖地のことで、確かに急崖をあえぎながら行く峠だ。                                       新潟県十日町市八箇は、明治22年に八つの地区が合併してできた八箇村の名残だが、まてよ、岐阜県中津川市の旧神坂村が神坂峠の名を取ってつけられたように、この村も峠の名前をつけたに違いない。たまたま八つの地区だから八箇という字を使ったのだ。峠は明治22年よりずっと以前から「ハッカ峠」と呼ばれていたのだから。                                               東京大森駅の「八景(はっけい)坂」も急な坂道で、ここから東京湾が望めるが神奈川県の金沢八景を意識してつけたが、ただの急な坂のことだ。
[PR]
by baba72885 | 2012-06-02 08:16