地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

吉田茂樹は全国の沢と谷の地名に関して、新潟県の「親不知」と「三重県桑名市」を結ぶ「OKライン」を境に東西に分け、西を谷地名地域、東を沢地名地域とした。同じ地形の地名だが東西文化の違いとして注目される。吉田は、西をヤマト族、アズマ族の住んだ地域として谷と沢の呼び方の違いになったという。但し、東国の「谷(ヤ)」地名(渋谷、保土ヶ谷など)は谷ではなく湿地や低地のことだ。                        岐阜県の東南部をこのOKラインが通ることから具体的に調べてみた。もちろん二三の例外はあるが概ね次のようである。                    中津川市付知町には「白谷」と「白沢」が付知大橋を挟んである。ラインはそこから加茂郡可児郡境を通り、八百津町久田見白谷と木曽川を挟んで可児郡御嵩町前沢がある。岐阜市北部には「石谷」と「秋沢」が錯綜しておりこのあたりがラインで、そのまま西に向かい垂井町から海津市南濃町に連なって桑名市に入る。                           つまり、飛騨国と加茂郡、郡上市、山県市、岐阜市北部、本巣市、揖斐郡、揖斐川西岸の海津市がおおむね「谷」地名地域になる。                                        岐阜市南部から各務原市、可児郡、旧土岐郡、旧恵那郡地域は「谷」地名地域だ。   今でもこの地域は名古屋の文化圏であり、古代のある時期までは東濃は尾張国であったという説は地名文化からもうなずける。                                   中津川市に住む私は、なんでもやはり岐阜、大垣より尾張名古屋に意識がいくのは通勤圏内でもあるからだ。
[PR]
by baba72885 | 2013-01-19 10:50

「大間」の地名由来

津軽海峡を挟んで、函館市戸井漁港と青森県大間漁港ではげしいマグロ戦争が繰り広げられている。が、しかし、戸井のすぐ東に函館市大澗(おおま)漁港があるのは以外に知られていない。                            津軽海峡を挟んで「おおま」が対峙しているのだ。「澗」の字義は山あいの谷川という意味だが、函館の大澗には谷川はない。                           一方、青森県の大間町には大間川が流れており、むしろこちらが「大澗」のような気がする。                                 さて、
原発で揺れる??青森県大間町大間には「細間」という小字があり、大間と同じく港になっている。「大間」と「細間」だから、そこは「間」という地名なのだ。「マ」とは入間、門真、中間の地名にあるように、一定のほどよい空間のことだ。床の間や客間もその「間」なのだ。                   「マ」の「ト(処)」は窓というわけだ。北アルプスにも尾根の一部に「~の窓」という場所がある。                           「細間」は「大間」より狭い場所なのだ。                               
[PR]
by baba72885 | 2013-01-08 18:08