地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

長崎県平戸市薄香(うすか)は映画「あなたへ」で脚光を浴びているが、何の変哲もない漁村だ。ただ、地名としては「うすか」という音韻の響きといい、「薄香」というほんのり香り漂うような漢字にはそれとなく魅かれるものがある。                                「うす」は浅いという意味の「あさ」や「うち(内)」の訛ったものだ。「か」は処(か)だから、海の浅瀬のことか、内湾のことだが漁港になっているので浅くては困るので、内湾の意味を地名由来としたい。                   同類の地名として同じ内湾の意味で、大分県臼杵(うすき)市がある。「うちか」が「うすき」に訛り、臼と杵という縁起のよう表記にしたのだ。                               また、内陸にある愛媛県内子(うちこ)町や茨城県牛久(うしく)市も盆地や谷の内(うち)にある場所の地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2013-03-16 17:20
「五本木」の地名由来は、よく目立った「五本の木」によるというのが定説?で一件落着ではない。                                       ①凹(くぼ)ぎ(場所の接尾語で、千駄木、や美女木と同じ用法)の転で、「こぼぎ」から「ごほぎ」と変化して五本木と表記したが窪地の地形地名。                                      ②こ(ほとんど意味のないちょっとした程度の接頭語)ほき(崩壊地のこと)
c0134145_1738195.jpg
で、「ほけ」や「はげ」と同じ用法、四国の大歩危(おおぼけ)は有名だが、「こほき」が「ごほぎ」に訛り、五本木になった。目黒のちょっとした崩壊地のこと。                                   これら二つの考えも考慮すべきではないか。
[PR]
by baba72885 | 2013-03-12 17:38

「小和田」の地名由来

「和田」は縁起の良い漢字を使っているが、輪(わ)処(と)が訛った「わた」が語源で、周囲を山で囲まれた小平地や河川の曲流部にあたる場所だ。                                            静岡県浜松市天竜区小和田(こわだ)は天竜川が大きく湾曲している峡谷にある。                                       兵庫県朝来(あさご)市和田山(わだやま)は、円山川の曲流部(わだ)の谷間(やま)という意味だ。                                  岐阜県海津市大和田は長良川の乱流によって曲がった自然堤防に囲まれている。                                                          岐阜県高山市高根町日和田は御岳、乗鞍岳や飛騨山系に抱かれた山里だ。                                    
[PR]
by baba72885 | 2013-03-07 18:09