地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「旗鉾」の地名由来

岐阜県高山市丹生川町旗鉾(はたほこ)は、「ほと(凹地や陰部)・はけ(ガケの転)もしくは、はこ(垂直なガケ)」の訛ったもので、谷間のガケ地という意味だが、旗と鉾でいかにも戦場を思わしめる作為的な表記になっている。                                ここから上流にある「ほうのき平スキー場」の「ほうのき」も「ほけの・き(場所の接尾語)」の意味でガケ地のことだ。かつては「朴(ほう)の木平」と表記していたが、これも植物名を意識した当て字だ。
 c0134145_105647.jpgまた下流には、丹生川町日面掛の下(かけのした)というガケそのままの地名がある。
c0134145_10485666.jpg
  
[PR]
by baba72885 | 2013-07-10 10:49

「栃尾温泉」の地名由来

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷(おんせんきょう)の栃尾温泉は、両岸を険しい急崖の山地に挟まれて流れる高原川沿岸にある。「とちお」は「立ち尾」の転訛したもので、すっくと垂直に立ったように見える尾根あるいは嶺
c0134145_10292191.jpg
の意味だ。
[PR]
by baba72885 | 2013-07-10 10:29