地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

名古屋市千種区今池(いまいけ)は、いわゆる池に由来する地名ではない。                今は、イ(湧水地や水の流れる所)・マ(間)で、池はイ・ケ(処)のことで、今も池も同じ意味で台地の縁(ふち)から湧き出てくる水の流れる場所を示す。 「道路」や「山岳」のように日本語には、同じ意味を重ねて強調する事がある。                                                                                                井戸もイ(井)・ド(処)で、本来は湧き水のある場所の事である。                                                    大阪市西成区にある阪堺電車「今池駅」の周辺には今成や今船といったイマ地名があり、往時のイマ地形を示している。                                                            溜め池などの池は水溜まりを示すイケに由来するが、地名に見える池袋、池田、池野、池山などの池は、鯉の住む池の意味ではない。                              
c0134145_957868.jpg

[PR]
by baba72885 | 2014-06-10 10:06

「千頭」の地名由来

            この顔の絵本を子どもたちに読んでやったなあ
c0134145_6593961.jpg静岡県川根本町千頭(せんず)は、セマ(狭)・ト(処)の転で、大井川沿岸の狭い地形を表している。愛知県瀬戸市や東京の千駄木(せんだぎ)c0134145_657836.jpgや千駄ヶ谷と同じ地形由来の地名である。
[PR]
by baba72885 | 2014-06-05 07:00
大井川鉄道地名駅(木造の駅舎)」                  c0134145_6355853.jpg静岡県川根本町地名の地名は、おそらく日本で一つしかない地名だろう。                          ジナはシナ(階)かスナ(砂)の転で、現地は大井川が大きく湾曲した左岸にあり、階段状の地形でもあるし、大井川の運んだ砂礫質の地質でもある。c0134145_636327.jpg
[PR]
by baba72885 | 2014-06-05 06:37