地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

砂防講演会のお知らせ

時  8月26日(火) 13:30開演                          場所 中津川市中央公民館                       演題1「地名から危険箇所を探る」山内和幸                      演題2「最近の土砂災害と対策」草野 愼一
c0134145_18483186.jpg

[PR]
by baba72885 | 2014-08-14 18:49

「十二兼」の地名由来

長野県南木曽町十二兼(じゅうにかね)は木曽谷の峡谷にある。                           その地名由来は峡谷にふさわしいもので、セ(狭)ニ(土地)カ(崖地)ネ(尾根)が訛ったものを十二という好ましい表記にしたのだ。
c0134145_8375997.jpg

[PR]
by baba72885 | 2014-08-07 08:41

「車山」の地名由来

7月末、東京オリンピックの年以来50年ぶりに長野県霧ヶ峰の最高峰「車山(くるまやま)」に登ってきた。                                     高校生だった当時、中山道和田峠の黒曜石に魅せられ、友人と二人テントを背にそこでバスを降り、鷲ヶ峰を越え八島ヶ原湿原を過ぎたところでキャンプを張ったが、今はスキー場のリフトの基地になっていた。                        そこから車山に登り、白樺湖に下ったが、登山道は当時と若干違っていた。地名由来は、山頂部が丸い形の盾状火山(アスピーテ)の形からきているの
c0134145_19333768.jpg
だろう。               
[PR]
by baba72885 | 2014-08-03 19:33

「秋山郷」の地名由来

新潟県と長野県にまたがる中津川渓谷にある秘境の秋山(あきやま)郷の地名由来は、下流の集落から見て川の上流を示す「アゲ・アギ」が訛ったアキとヤ(谷)・マ(間)である。                             先日車で訪れた感じでは、ほぼ最上流に近い和山集落までバスも通じており、津南町中心部からも割合
c0134145_19121052.jpg
に近く、厳冬期以外はそれほどの秘境とは思えない。
[PR]
by baba72885 | 2014-08-03 19:12