地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「鶴舞公園」の地名由来

名古屋やその近在では中央線鶴舞(つるまい)駅前の鶴舞(つるま)公園が有名だが、関東ではツルマ公園といえば東京都町田市の鶴間公園しか思い浮かばない。                                   ツルマはつるつる、ヅルヅルの湿地を示す。鶴舞公園にはその名残の池があるが、鶴間公園は鶴間にある公園という意味で、公園が湿地になっているわけではない。                                                 鶴間の地名は境川を挟んで神奈川県側にもあり、かつては同じ地域名で、境川沿いの湿地を示す。
c0134145_849515.jpg

[PR]
by baba72885 | 2015-06-29 08:49

「脚折」の地名由来

埼玉県鶴ヶ島市脚折(すねおり)は朝霞市の膝折(ひざおり)に似た地名だが、脛(すね)や膝を折ることに由来するのではない。                                                         ス(洲)・ネ(峰)・下りの転化したもので、砂地の微高地か自然堤防からの坂の地形を示したものだ。c0134145_837424.jpg
[PR]
by baba72885 | 2015-06-29 08:37

「小豆沢」の地名由来

c0134145_8251263.jpg
板橋区小豆沢(あずさわ)は小豆とは関係ない地名だ。                                    崩壊地を示すアズ地名で、梓(あずさ)や麻生(あそう)と同じ語源の地名だ。小豆沢公園でゲートボールを楽しんで見えた方々には昔の小豆沢の様子を聞くことができた。                                     ここの崖地は新河岸川に入る狭い谷の壁あたりをさしたと考えられる。                                       ちなみに、香川県の小豆島はかつて「アズキ島」と呼んでいたが、やはり寒霞渓にみられるような険しい崩壊地のある島だ。
[PR]
by baba72885 | 2015-06-29 08:25