地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北海道えりも町東洋油駒(あぶらこま)は、北海道では珍しくこてこての和語の地名だ。まもなく襟裳岬だという道路沿いのバス停も立派なものだった。                                       さて、あたかも地名島のようにアイヌ語由来地名の中でポツンとある油駒は和語の語源でで解釈するなら、アブナイようなコマゴマした場所ということになるが、本土にはないと思われる地名なのでこの解釈ではいけない。                                  和人のつけた地名であることは間違いないが、どうも魚の「あぶらこ」がこの付近で多く獲れたのであ「ぶらこ(油子)・ま(間)」から「あぶら・こま」に転じ大好きな駒の字を使ったのだろう。c0134145_10184585.jpgc0134145_1019076.jpg
[PR]
by baba72885 | 2016-07-28 10:20

「駒ヶ岳」の地名由来

駒ヶ岳という名の山が全国各地にあるのは一種の流行で、人々が大好きな馬を意味する縁起の良い駒の字を使いたいので、山名に多く用いられている。                        山容が馬に似ているとか、雪解けの残照や雪形が馬に似ているなどと里人は何かとこじつけて「駒ヶ岳」という名前にしたいのだ。                            ≪写真≫北海道の渡島富士と言われる駒ヶ岳(2016,6 函館本線より)
c0134145_16364152.jpg

[PR]
by baba72885 | 2016-07-07 16:37

北海道の「岐阜」地名

北海道には故郷の名を付けた開拓地の地名が多い、有名なのは北広島市や新十津川町だが、字名では至る所にある。                                  私が今回尋ねたのはわが岐阜県の名の残る北見市常呂町岐阜と岩見沢市栗沢町岐阜だ。                                常呂町岐阜はオホーツクに面したうら寂しい牧場地帯で、先祖の皆さんの悪戦苦闘ぶりがしのばれた。そこには飲み屋ではなく正真正銘の「山内農場」があったので母屋を訪ねたが不在で残念だった。まさか私と同じ先祖ではあるまい。c0134145_9143274.jpg                           栗沢町岐阜は岩見沢市の郊外で比較的人口も多く、かつてあった岐阜小学校の跡地近くに開拓100年記念碑があり、岐阜地域センターなどもあった。栗沢町には立派な図書館があり、拙著「地名由来飛騨美濃」を寄贈したが、図書館の人には大変喜んでもらえて感謝感謝です。この辺りから岩見沢にかけては都市的な景観もみられる農村地帯だ。 c0134145_9145019.jpg
[PR]
by baba72885 | 2016-07-06 09:24