地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

福岡の地名由来

サ・カ(処)はサ行の地名で、滑りやすい場所だからそう呼び、サカにあたる漢字を坂や阪とし赤坂、大阪などの地名にしている。同じようにおもて(表)が平らな地形のオ(表)・カ(処)も丘や岡、阜の漢字をあてた。丘は現代の地名に多く、旭丘、星が丘など、阜では長野県下伊那郡泰阜(やすおか)村などがある。もちろんオ(表)・ナカ(中)はセ(背)・ナカ(中)に対してそう呼ぶのだ。                           さて、福は瑞祥地名でふくよかで平和な土地を暗示する地名だが、全国各地の「福岡」地名は河岸段丘の段丘面につけられた地名が多い。                                 坂や岡などの地名は漢字通りの地形地名でその由来は考えるまでもないが、地形をそのまま示す地名は地名の数からすると意外に少ない。以下思いつくままいくつか列記する。                    高山、大谷、川上、崖、岩沢、新潟、野原、塙(はなわ)、中島、長崎、平野、長浜、堤下、溜池などc0134145_115476.jpgc0134145_115271.jpg           写真の岐阜県中津川市福岡は、見事に発達した付知川の河岸段丘面にある。
[PR]
by baba72885 | 2017-03-17 11:11

耳の地名由来と耳

3月3日は耳の日、2日夕方CBCテレビで「耳」の名前の由来をやっていた。偉い言語学者か誰かのいくつかの説を紹介していたが、「身」に由来するとかかんとか、どれもかなり無理があった。なんでこんな簡単な由来に気が付かないのか、学者というのは文献やだれかのお墨付きがないと自分の説を述べられないのかなあ??                                                     母親に抱かれて赤ん坊の発する初めの言葉は「まま」ですね。だから欧米語、中国語、日本語など、世界共通で母親を「ママ・モモ(母)」という。母さんは赤ちゃんをじっとみつめると「まま」「まんま」というから、みつめあうものは「ま」が転じて(母音の交替)「目(め・めんめ)」といい、おっぱいは「まんま」で食べ物は大人でも「まんま」ということにしたのだ。                                     また、「ま」の交替は「み」にもなるから、赤ちゃんの「まんま」をそのまま目の横にあるものを「みんみ」としたのだ。つまり、目と耳は赤ちゃんからすると同じラインにあるのだ。今ではまなこ、まつげ、まのあたり、めがしらなど「ま」と「め」は自由につかいわけているが、目も本来は「みみ」のように「めめ」というべきなのだが。                                       宮崎県を流れる耳(みみ)川の語源は、崖地を示すママ(継)の転で、険しい流域の地形を示す。耳川の河口には日向市の美々津(みみつ)港がある。   
[PR]
by baba72885 | 2017-03-03 17:57