地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NHKの朝ドラ「ひよっこ」は団塊の世代にはたまらぬ郷愁、哀愁を覚える。団塊の世代が人生の晩年にかかっている今、未来の見えない中にもなにか期待感があったあのころを思い出す。                                 これからみね子がどうなっていくのだろうか。そういえば、当時蒸発という言葉をいつも聞いていた気がする。出稼ぎ生活と家族がいかにつらかったかこのドラマでは描ききれないだろうが。                            みね子の苗字が谷田部だが、地名研究家としては舞台が北茨城ということで、やってくれたなと作者に妙に感心している。                                       ヤタベはヤチ(谷地)・ベ(辺)の転で、台地の狭間の谷を示す。茨城県つくば市谷田部をはじめ、関東平野特有の地形と地名だから、茨城にはこれ以上ないふさわしい苗字なのだ。
[PR]
by baba72885 | 2017-04-21 10:28

「百月」の地名由来

愛知県豊田市百月(どうづき)町は矢作川の峡谷にある。ドウドウと渦巻く川と突き上げる崖が地名由来とも考えられるが、百はドドのほかにモモ、ママとも読むので、突き上げるような崖を示すママツキが転じてドウヅキと呼んでいるとも考えられる。                                          いずれにしても、地形そのものをそのまま表したわかりやすい地名だ。
c0134145_95276.jpg

[PR]
by baba72885 | 2017-04-18 09:54

「苅安賀」の地名由来

愛知県一宮市苅安賀(かりやすか)は、カリ・ヤ(谷)・スカ(須賀)と考えられる。 
 カリは侵食された場所を示すから、かつて濃尾平野を氾濫した河川が運んだ砂質土壌の小さな谷の地形を示す。
c0134145_101261.jpg
写真は名鉄尾西線の苅安賀駅
[PR]
by baba72885 | 2017-04-07 10:02