地名の由来が一目でわかる!


by baba72885
中部山岳地帯に展開する飛騨と信濃の地名の語源は、鄙びた地方という意味です。                                           古代、大和朝廷にまつろはぬ(服従しない)民の蝦夷(ヒナ・エゾ・エヒス)が割拠するこの地域をもまた、宮処(みやこ・都)に対して蝦夷処・鄙処(ひなか)と呼ばれていた。やがて蝦夷の民は東北から北海道に追いやられました。岩手県二戸市の「蝦夷森」という小さな集落は蝦夷の残照であろうか、注目される地名だ。                                   このヒナのナは強く発音するとダに子交(子音の交替)し、ヒダ(飛騨)になった。決してこの地の山並みがヒダ(襞) のように見えたから飛騨とした(俗説)わけではない。ナとダの子交は、境内(けいない→ケイダイ)、内裏(ないり→ダイリ)、男女(なんにょ→だんじょ)等の例がある。   さてヒナのヒはまたシにも子交する。質屋(ひちや→シチヤ)、七(ひち→シチ)がその例で、ヒナはシナ即ち蝦夷は科と表記できる。蝦夷野は科野(信濃)であり、やはり語源はヒナである。  岐阜県と長野県の県境、中央アルプスの南端に日本百名山の一つの恵那山が聳えている。明治26年5月にあのウエストンが登頂して以来、登山家のみならず、一般市民に親しまれている秀峰である。恵那山を挟んで東側が長野県の伊那谷であり、西側は岐阜県の恵那地方である。この両地域もやはりヒナが地名の語源になっている。ヒナのヒは容易にイに子交し、イナとなり伊那と表記した。また、イナのイはエに母交(母音の交替)し、エナとなり恵那と表記した。おそらく往古は伊那も恵那も同じ発音であったと思う。そういえば、名古屋近辺の人は「イイことだなもー」とか「エエことだがねー」とイもエも同じようにつかっている。 あっそうだ、イナを強く発音するとナがダに子交し、イダになり飯田と表記できる。何だ、伊那も飯田も同じ言葉だったのか。同じ伊那谷のライバル都市だが仲良くしよう。                                                                                      まとめ                                                                                                                 中部山岳地帯は蝦夷の住むヒナ(蝦夷・鄙)びた地域であり、鄙処(ひなか→イナカ)であった。その地域を古代律令政府が統治するに当たり、里俗の呼び名を整理し、それぞれ飛騨国、科野国、信濃国伊那郡、美濃国恵那郡として今にその地名を残した。おっとどっこい、伊那谷の昼神温泉には「伊那華(いなか)」というホテルがある。「田舎・いなか」を意識したのではないが。  左《ホテル伊那華》の看板  右《伊那谷の看板》c0134145_206030.jpg                        c0134145_2010304.jpgc0134145_20104852.jpg
[PR]
# by baba72885 | 2007-08-16 19:23
c0134145_21402411.jpg 団子・談合はは段処(だんこ)の事ですよ                                                            中央道の談合坂サービスエリア(山梨県上野原市)には「談合坂の団子」屋さんがあります。
「談合坂」のことをその漢字を見るまで「団子坂」と思い込んでいた人は案外多いように思います。しかし、それはある意味で正しい。「だんごうざか」の発音は時に「だんござか」と聞こえる。「だんごうざか」は「だんござか」の発音の異形であり、当世話題の「談合」にちなんだ漢字表記にしたものだ。 
 その「だんござか」の意味は「段処(だんこ)のある坂」という意味である。(注) 「こ」はどこそこ、あそこの「こ」で場所のこと。 例として、宮処(みやこ 都)
そういえば地下鉄「九段下駅」から「江戸城田安門」に上って行く急坂を「九段坂」というが、確かに相当きつい段処のあった坂であることがわかる。静岡県御殿場市中畑の「団合」、山口県山陽小野田市の「談合峠」や新潟・福島県境、越後山地の尾根にある「談合峰」等はいずれも同じ語源である。ただし、新潟県魚沼市の談合山553mは、隣のとがった山を尖山というように見た目で呼んだと思われるので、頂上付近が団子のような形をした丸い山の意味だ。  
 一般に、坂の名前に「団子坂」が多いのは、急な段処のある坂に対して、住民が自然な感情を表した地名である。ただし、「団子」の形を連想して付けられたと思われるものに、「団子森」「団子山」「団子塚」「団子石」等の地名がある。「だんごう」が「だんご」に通じることで談合坂サービスエリアで団子屋さんを始めたその人は、江戸っ子の粋を心得ている人である。それには江戸下町の千駄木にある「団子坂」を語らねばならない。そこに立つ地名由来の説明板には、江戸時代の文書に見える「団子屋」がこの坂にあったから名付けられたとしているが、それは間違いです。談合坂の団子の例がそれを表しているように、団子屋がそこにあったことは信じるとしても、付近の住民が往古より「だんござか」と呼んでいたから、そこに「団子屋」を開業したと考えるのが普通の思考の道筋です。
 自然地名の名前は、日本中津々浦々どこでも、江戸時代よりずっと昔の中世、古代から語りつがれてきています。ましてや、「団子坂」の地名由来を、転ぶと団子のように転がっていく急な坂だから名付けたというのは、子どもに面白話に聞かせる寓話ならそれはそれとしてよい。
 ちなみに赤坂2丁目の「転坂」の名は、歩くと転びそうになる、と正直に坂の有り様を表していて好感が持てる地名だ。 
 都内の「団子坂」は他に、① 新宿区若松町と河田町にまたがる坂(新宿区教育委員会は説明の標柱を立てているが、その説明は「・・この坂はいつも泥んこで、歩くたびにまるで泥団子のようになったという)と記してある。情けない。
c0134145_21483456.jpg
 ② 千代田区昌平坂の別名 ③ 西荻窪の善福寺川に沿う坂などが見られるが、団子屋があったという話は聞かない。
 青森県三戸町の「団子坂」(過疎地の山あい)
 金沢の「団子坂」(戸室山への登山道)
 秩父の「団子坂」(秩父鉄道「お花畑駅」近く) 宵祭りのクライマックスを演出する坂
 仙台の「団子坂」(鷹繋山出崎)
 小樽の「団子坂」(海の見える市街地) これらはいずれも急坂に違いない。

 「談合坂の団子」のまとめ
 1 初めに「だんござか」という里俗(ローカル)地名があった。
 2 「だんご」を「団子」とか「談合」とか表記した。
 3 地名に因んだ遊び心か「団子屋」さんがそこに開業した。                       まさか上野原や山陽小野田が談合のメッカでもあるまい。
東京の谷中銀座商店街への入り口に「夕やけだんだん」という石段があります。坂はやはり段々ですね。 後日、東京文京区教育委員会に説明板の改訂をおねがいしましたところ、早速ご返事をいただきありがとうございました。参考にします、という回答ですが、なかなか書き換えてはもらえないでしょうか。 東京の皆さん、どうご判断されますか。                       熊本県上天草市大矢野町の湯島は、島原湾に浮かぶ小さな島だが、なんとかつては「談合島」と呼んでいた。段段坂の多い島だからだ。           《千駄木団子坂の説明版》         
c0134145_1922532.jpg
[PR]
# by baba72885 | 2007-08-15 19:33