地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「峠」の地名

「とうげ」の語源は、尾根の鞍部になっている「たわ(撓)んだところ」を越えていく場所だから、「たわごえ」となり、「とうごえ」、そして「とうげ」となった。「峠」は日本人が創作した国字であり、「たわごえ」のあり様を漢字にしたものだ。「たわ」「とう」のそのものを峠の名前にしたところがある。飛騨市から富山県の「有峰湖」に抜ける「大多和峠」、愛知県東栄町の「太和金峠」、岐阜県東白川村の「大多尾峠」、中津川市蛭川の「遠ヶ根峠」、山口県下関市の「梅ヶ峠(うめがとう)」等がある。香川県さぬき市の旧長尾町「大多和」も、「四国のみち」の峠に関わる地名と思われる。新潟県小千谷市の「道見(どうけん)峠」は、元来「とうみ」ではないだろうか。一方、西日本を中心に「越」という峠の名が多いが、なぜか関東、東北にあまり見られない。長野、静岡県境にある「ヒョー越」の「ヒョー」とは境界の「標識」の意味か、「ひよる」からきており、「曲がる」「撓む」という意味だ。熊本県菊池市と大分県上津江村の間の「兵戸(ひょうど)峠」や神戸の「鵯(ひよどり)越」も同類だろう。三重県熊野市の「評議峠」は間違いなく「標木峠」の意味だろう。「六甲越」(神戸市)、「床山越」(隠岐の島町」、「牧谷越」(越前市)、「大原越」(大分県佐伯市)、「三頭越」(香川県まんのう町)等がある。ところで、「とうげ」は古くは奈良時代までは使われておらず、もっぱら「さか(坂)」が使われていた。「さか」の語源は「さ」が滑りやすい、「か」は場所を示す。「記紀」に見える「科野坂・信濃坂(しなのさか)」は、濃信国境の中央アルプスを越える古代東山道の「神坂(みさか)峠」のことだ。この荒ぶる神の支配する難所の峠を「神の御坂(みさか)」といい、「神坂(みさか)峠」と書くようになった。現在の峠道は自動車道路が整備されたが、かつては東山道屈指の難所であり、旅人は遭難覚悟の峠越えであったことが「三代実録」等の古記録に見える。山梨県の「国中」から「郡内」に入る「御坂峠」も同じく、古い官道の畏敬の念に満ちた「おんさか(御坂)」であったであろう。愛媛県松山市と久万高原町の境にある「三坂峠」、新潟・長野県境の「深坂(みさか)峠」、長野県小谷村の「大(三坂)峠」、島根県邑南町と広島県北広島町を結ぶ「三坂峠」、福井県若狭町と滋賀県今津町の境界にある「水坂(みさか)」峠等も古代から重要な峠道であったに違いない。「坂」に「峠」がつくと、屋上屋を架すようであるが、各地にはそのような峠が多い。坂梨峠(青森・秋田県境) 大沢坂峠(岩手県滝沢町) 庭坂峠(福島県川俣町) 妻坂峠(埼玉県横瀬町) 大阪峠(兵庫県三田市) 等      ちなみに、長崎県対馬ではほとんどの峠を「坂」と称しているが、古代の名残をよく残しているといえる。(双六坂・琵琶坂・弓坂・堂本坂・左須坂)等                                                    峠名の分類                                                   ① 単に「坂」                                                  ② 「たわ」「とう」                                                ③ 民間信仰・習俗 (地蔵峠・賽の神峠・卒塔婆峠・祠峠・念仏峠・不動峠・極楽峠)等                            ④ 地形名                                                      ・崩れやすい崖(~かけ・がけ)を通過する峠 網掛峠(長野県阿智村) 鞍掛峠(新潟県魚沼市 他多数)・瓦礫がゴロゴロしている峠  ガラメキ峠(大分県中津市) ・うつろな雰囲気の坂道(窪地や凹んだところ)  内津(うつつ)峠(愛知県春日井市) 宇津ノ谷峠(静岡県焼津市) 宇峠(岐阜県中津川市) 善知鳥(うとう)峠(長野県塩尻市) 謡(うたい)坂(東京目黒区上目黒・五本木) ・その他 四十四曲峠(岡山県新庄市) 九十九曲峠(愛媛・高知県境) 七曲峠(宮崎県日向市)                        ⑤ 植生 (白樺峠・楢峠・笹峠・榎木峠・桧峠)等                            ⑥ 峠を挟む麓の」集落名                                            これから越えていく峠の向こう側の集落名をつけるのが自然だが、峠を挟んだ二つの集落 の力関係がうかがえて面白い。岩手県花巻市の「有宇内(ありうない)峠」は、きっとアイヌ語起源に違いないが、果たしてどういう意味なのだろうか。                                                   左《雪の網掛峠》          右《邑南町三坂峠の麓のバス停》       c0134145_21522218.jpg c0134145_235556.jpg
[PR]
# by baba72885 | 2007-10-22 20:29
「なか」は仲良しに通ずる地名                                                 「せなか」は体の背(せ)の真ん中だから「背中」と書く、ならば「おなか」は表(お)の真ん中にあるから「表中」と書くべきなのに、なぜか「お腹」と書く。中国語の「腹」の字を使っているが、和語の「おなか」を大切にしたい。海外の言語で、まさか腹の名に「センター」の意味をもつものがあるとは思えない。日本人は地名のみならず、体の名称においても「真ん中」という概念に対する畏敬の念が感じられる。「なか」の「な」は「ならす・なめらか・なだらか・なおる」等の言葉から、おおよその意味が浮かんでくる。もしくは、「な」そのものがすでに「真ん中」の意味を含んでいるとも考えられる。「か」は「処(こ・か)」であり、場所のことだ。したがって、「なか」は周辺地域の中で一番暮らしやすく、大切にされた良い集落(ムレ・ムラ)につけられた地名である。
  福岡県の博多は昔「那(な)国」とか「那ノ津」と呼ばれていた。現在も「那ノ津大橋」や「那の津通」等にその名残が見える。また、博多区には「那珂(なか)」という地名もあり、その名をとって福岡市の都心を貫き、博多湾にそそぐ川の名を「那珂川」という。「那国」は、後漢の光武帝から授かった例の金印に書かれた「漢委奴国王」に見える「奴(な)国」のことである。ここ博多付近は、生活の場として最高に恵まれた条件の場所であることを示し、考古学的には付近の「板付遺跡」の発掘成果が、その文化程度の高さを証明している。徳島県の「那賀川」や茨城県で太平洋にそそぐ「那珂川」も、「なか」にふさわしい豊かな大地を流れている。この「那珂川」下流では、合併により「ひたちなか市」と「那珂市」という新市が隣り合わせで誕生して紛らわしいが、それだけ「なか」へのこだわりが強いということだ。札幌を除く都府県庁を中心に、ざっと「なか」地名を拾うと、漢字としてはほとんど「中」が使われている。さらに地名に注目すると「中村・中里・中島・中野・中田」が多く、住みやすいムラを思わせる。                       長島温泉で有名な三重県桑名市長島(ながしま)町は、町全体が木曽三川(木曽・長良・揖斐)の形成した三角州にあり、周囲をぐるりと堤防に囲まれた完全な「輪中集落」である「川中島」の呈をなしている。本来なら「中島(なかしま)」となるべき地形名であるが、この輪中は南北に細長いので「長島」と濁音になってしまった。「中」が「長」や「永」に変わってしまった地名も各地に多く見られるので、注意を要する。長野市「長野」は善光寺のある場所の地名だ。背後に丘陵地を控え、南向きで日当たりもよく、このあたりでは一番良い場所に寺を建立したと思われるので、やはり地名の由来は「中野」ではないかと思う。長野市の北方、北信の中心地には正真正銘の「中野市」があるが、長野市と発音が似ており、よく間違えられて困る、と中野市民はなんとなく憂鬱を抱えている。石川県金沢市の都心部には「中橋」「中村」「長田」があるが、この「長田」も「中田」であろう。岐阜県恵那市の中心部には「永田」「長島」「中野」という地名が一箇所にかたまっている。いつのころからか「中田(なかた)」が「永田(ながた)」になり、「中島」が「長島(ながしま)」になり、さらに「長島」を「おさしま」と呼ぶようになった。日本の常民の発音の妙と情念の豊かさを感じる。   《奈良県天理市中町》                                                                                                                                                                                                                                                                                                c0134145_10343841.jpg
[PR]
# by baba72885 | 2007-10-12 22:29
「馬場(ババ)」といえば、東京では「高田馬場」のことだ。「高田」は高田何某という人名に由来するという説は間違いで、高い場所(台地)の意味の「たかと(高処)」から来ている。                                      「馬場」は江戸時代に馬の調練場があった場所で西早稲田に案内板がある。「高田馬場」の地名由来は、高台にある馬場のことだ。                                     しかし、全国にある多くの「馬場」地名は馬と関係が無いものが多い。私の住処も「馬場」と書き、「ババ」ではなくて「マバ」とか音便化して「マンバ」というが、馬とは何の関係も無い地名だ。各地にある「馬場」「万場」が、動物の馬と関係があるかどうかは、現地の歴史をひもとかないとわからないが、城下町に見られる「馬場町」は確かに馬としても、その他はおおむねその地形から来ている。すなわち、「ババ・マバ・ママ・ハバ」等は崖地や傾斜地を表し、河岸段丘や台地の縁の斜面に名づけられていることが多い。神奈川県大井町馬場は「ばっば」と発音し、酒匂川へ落ちるの崖に付けられた地名だ。                         万葉集、高橋の虫麻呂の歌について、「勝鹿(葛飾)の真間(ママ)の娘子を詠める歌」とある。ここに見えるママも崖地のことで、千葉県市川市真間がその故地だ。                               「駒場」については、古代律令時代の官道に設けられた駅家(うまや)の推定地には、「駒場」の名が見え、伝馬の名残の地名といえよう。東山道で見ると美濃国坂本駅(中津川市駒場)、信濃国阿智駅(阿智村駒場)、下野国三鴨駅(岩船町駒場)等がある。栃木県足利市「駒場町」は東山道足利駅と三鴨駅の中間にあるが、官道沿いであることから馬に関係する地名と思われる。また、北海道の函館市「駒場町」は競馬場の場所そのものの地名であり、音更町「駒場」は帯広市の郊外にあって、道産子にちなんだ地名だろう。しかし、地名における「駒」は川が曲流している場所や「隈(くま)」「河間(かま)」に通じ、狭い谷の地形を表している。埼玉県北川辺町「駒場」は、渡良瀬川と利根川の落ち合う湿地帯にあり、渡良瀬川が曲流した跡に残った三日月湖に接している集落だ。愛知県豊田市「駒場町」も男川と逢妻女川が合流する三角地帯にある。うって変わり、山梨県南アルプス市「駒場」は御勅使川の奥深い谷間にある集落だ。                                         東京目黒区「駒場」は、かつて馬の放牧場があったとか、将軍家の鷹狩りの際の馬留めがあったとかいう説があるが、古くからの放牧場にはほとんど「~牧」という地名がつく事からすると、放牧場とは思えないし、馬留め説も「駒」の字に惑わされている気がする。                                         目黒区「駒場」は馬には関係なく、「駒込」にも通じる意味で、「こまごま」と入り込んだ狭い場所につけられた地名だと思う。                                    大田区「馬込(まごめ)」の「ま」は単に接頭語であり、豊島区「駒込」や岩手県北上市東和町の「駒籠」もともに、狭い窮屈な場所の意味である。中山道木曽路の馬籠峠を挟んで、「馬籠」と「妻籠(つまご)」が対峙しているが、いずれも奥の詰ったような狭い土地にある宿場町だ。新宿の「牛込(うしごめ)」は内込(うちごめ)が訛ったもので、何かの内側に入り込んだ所、という説に従っておこう。                                  現代人は、馬といえば競馬や馬刺しくらいしか思い浮かばないが、馬は大陸から渡来して以来、人間以上に大切にされてきた歴史があり、「ま」「ば」「こま」等の地名に「馬」や「駒」
の地名として人々が残したい気持ちが良くわかる。戦乱時には軍馬として勇敢に戦い、平時は荷役や農耕作業に懸命に耐え、交通手段としてもよく働いた。飢饉の時には、食料源にもなったことだろう。東北の「曲屋」を待つまでもなく、ついこの間まで、玄関のすぐ右手に厩(うまや)があり、人馬が一体となって生活していた農家を忘れられない。                                                                    左《阿智村駒場》》            右《高田馬場跡の説明板c0134145_21152214.jpg》                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   c0134145_2023717.jpg
[PR]
# by baba72885 | 2007-10-10 18:38
「日本国」も山の名前                                                        あるカナダ人が、中央アルプス南端の日本百名山の「恵那山(2191m)」を見て、ヒル(hill)と言ったことには少し驚いたが、人によって山の概念は違っていいと思う。同じように、丘・岡や台地、高原といっても決まった定義は無いので、それぞれ見た目の思いで名前をつけることになる。「やま」は語源辞典をひもとくと、「や」は接頭語で、「ま」は傾斜地とか単に空間や場所を表すとしている。山は空に向かって高く聳えた場所だから、「あま(天)」が訛って「やま」になったかもしれない。全国の山の名前はもちろん「○○山」というのが一番多いが、東北や四国には「森」が多い。また、中部山岳地帯は「岳」が圧倒的に多い。古くからの生活の場に近くあり、みんなに親しまれている山は「山」「森」「峰・嶺」と名づけ、新しく命名された比較的高く険しい山に「岳」が多いように思う。富士山を「富嶽」というと、何となくものものしさを覚えてしまう。
 さて、ここでは山の名前に「山・岳・森・嶺・峰」のつかない山を考察したい。そこに住む人のなにがしかの思い入れがきっとあるに違いない。鹿児島の「明石」「赤崩」、大分の「由布院」、群馬の「前武尊」、熊本の「山犬(やまいん)切」「銚子笠」、秋田の「高毛戸」等は単に「山」が省略されたものと思われる。各地に見られる「岡」は見た目のとおりにつけられたのだろう。鹿児島の「横堀の岡」「陣ヶ岡」、兵庫の「城ヶ岡」、大阪の「石堂ヶ岡」、福島の「物見岡」、宮城の「天ヶ岡」等がある。人の頭(あたま・かしら)のように見える山なのだろう。広島の「福田頭」、長野の「王ヶ頭」、三重の「江股ノ頭」、山梨の「三ツ頭」、岩手の「七兵衛頭」「堀米頭」等は、周囲より頭一つ抜きんでた山の様子がうかがえる。秋田の「大芝峠731m」は、確かに山頂の名前であるが、「峠」は「たお・たわ」ということから、「頭 とう」の変化したものかもしれない。山口の山陰線梅ヶ峠駅は「うめがとう」と読み「峠」を「とう」と呼んでいる。海に突き出たところが「崎」や「鼻」であるが、山のピークにも「鼻」の名がある。福岡の「竜ヶ鼻」や熊本の「妻子ヶ鼻」「卯の鼻」は、その名のような「鼻」の形なのか見てみたいが、しかしほとんどの「鼻」は「端」の意味であり、長野県美ヶ原の「王ヶ鼻」は「王ヶ頭」から西へつづく尾根の「端」の位置にあり、鹿児島姶良の「天ヶ鼻」も長い平坦な尾根の端にある山だ。宮崎の「石堂屋」はお堂の屋根のように見える山なのか、双子の山のような青森の「大母屋526m」「小母屋528m」や岩手県一戸町の「茂谷383m」は、東北に多い「モヤ」という山で、アイヌ語の「モイワ(小山)」からきているという。なだらかな盾状の火山をアスピーテというが、長野県には「霧ヶ峰(きりがみね)」が、岩手県には「八幡平(はちまんたい)」と呼ぶ山がある。「峰」と「平」は、見る角度にもよるが、どう見てもそれぞれ「そういわれればそうだ」程度の違いしかわからない。秋田の「大平」、徳島の「平家平」、青森の「猿ヶ平」、秋田の「大台」「熊ノ台」、岐阜・長野の「富士見台」、岩手の「茶臼台」等は確かに地形そのものだ。山口の「鬼ヶ城」、福岡の「熊ヶ城」、高知の「右城」は何の変哲も無い普通の山だが「城」は何を訴えているのだろう。木曽駒ケ岳の東麓にある「物見や城1122m」は、まさに伊那谷の全貌を見渡せる絶好の位置にあり、戦国時代の物見砦があったのだろう。阿蘇の「米塚」は名のとおりの小さなコニーデ火山だし、熊本の「蛇ノ尾」、徳島の「丸石」、「旭ヶ丸」、東京青ヶ島の「大凸部」も名のごとき山だ。福岡の「広川原843m」は、とても山の名前には思えないが、山頂部が確かになだらかであり、すぐ南隣に「星原山」があるので、原っぱのような山に違いない。秋田の「一方高」「三方高」、新潟の「雨乞立」も凛とした山容を思わせる。愛媛の「銅が鳴」はとりわけなだらかでもないが、「なるいやま」を意味している。八ヶ岳連峰の「峰の松目2567m」は不思議な名前だが、「まつめ」が「まつね」のことなら嶺の「ね」だ。佐渡の「マトネ」もこの「マツネ」の訛だろうか。八ヶ岳連峰にはさらに「ニュウ」というカタカナの山がある。火山なので、赤土とか粘土質の土を意味する「ニュウ」かもしれない。人工湖に映る山形の「一本倉」は「一本槍」の間違いではないかと思うくらいとがった山だが、崩れやすいという「クラ」地名なのだろう。新潟と山形の県境にある「日本国」は「にほんこく・にほんごく」とよんでいる。その特異な名前から、さまざまな説があるが、そこは蝦夷地(後の陸奥国)へのフロンティアにあたり、やまと(日本)の極地の山という意味かもしれない。蛇足として、中国山地の名山「那岐山(なぎさん)」と「蒜山(ひるぜん)」の間にある山は、両山に敬意を表してか、あえて「仏ヶ仙」「花知ヶ仙」「三十人ヶ仙」「角ヶ仙」「山形仙」「人形仙」等「山」ではなく「仙」と称している。福岡県星野村の「鈴ノ耳納(すずのみの)931m」、滋賀県東近江市の「日本コバ934m」は不思議な名前だ。、愛媛県久万高原町の「三郷の辻932m」のように山頂に「辻」がつく山は他にもあるが、大切な交通路になっていたのだろうか。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
[PR]
# by baba72885 | 2007-10-06 19:37
「残念だ、悔しい、おらが信州の藤村でなくなる」と、藤村が命の合併反対派は口々にこう嘆き、日々の生活が命の賛成派は、長年の夢がかなったと大歓迎の木曽馬籠だ。天下の大新聞が「藤村を生んだ馬籠が信州でなくなった」と書きたてた。田中康夫前長野県知事が反対したにもかかわらず、平成十七年二月十三日、長年の生臭い紛争の果てに、中山道馬籠宿のある長野県木曽郡山口村は岐阜県中津川市に越県合併をした。田中知事は「馬籠は信州人の精神文化の礎とも呼ぶべき地」と語っていたが、ここに二つの大きな誤謬が含まれている。そのひとつは、木曽馬籠は長野県から岐阜県になっただけのことで、信州の馬籠であることに変わりはないということだ。当時「馬籠が信州でなくなった」と書いた新聞記者の見識の無さに唖然ととしたものだが、長野県と信濃国をはき違えているのだろう。昭和、平成の大合併や道州制が導入されようと、律令政府の制定した旧国はびくともしない。二つ目は、田中知事が「精神文化の礎」と述べたように、藤村をはじめ、馬籠の人々が信州人であることをどれほど意識していたかということである。結論的には、藤村も一般の人々も信濃よりも、木曽人としてのアイデンティティが強く、馬籠は決して「信州の精神文化の地」になりえていないのだ。木曽谷を走る中央線の駅の名は「木曽福島」、「木曽平沢」であり「信濃~」ではない。                                                        文豪島崎藤村は明治五年三月、筑摩県馬籠村の庄屋・本陣の家に生まれた。明治十四年、地元の神坂学校から、東京の泰明小学校に転校し、卒業後は三田英学校から明治学院に転じた。その後教師の時代を経て、文筆活動に専念した。「木曽路はすべて山の中である」という書き出しの代表作「夜明け前」の全編をとおして、彼のふるさと馬籠への愛着を強く感じる。藤村の研究者である長島俊之氏によると、「藤村の作品を通じていえる事は、彼の血につながるふるさと馬籠は、あくまで『木曽の馬籠』であって、『信濃の馬籠』という観念は感じられない」ときっぱり言い切っている。木曽は木曽であり、信濃とは一線を画しているようでならない。実は木曽は元慶三(879)年に美濃国(現岐阜県)として確定して以来、江戸中期ごろまで美濃国として扱っている古文書が多い。平安末に生きた木曽義仲は、美濃国木曽谷の中原氏ににかくまわれていたことになる。幕藩体制では尾張領であった木曽の人々は、信濃国とか美濃国とかの意識は無く、尾張藩領木曽の民として生きてきた。                                 木曽の人々が信濃を意識しはじめるのは、決して古いことではない。明治三十二年に長野県が県歌「信濃の国」を制定したことに始まる。長野県のホームページに「内容はお国自慢の歌であるが、山に隔てられ、バラバラになりがちな県民の心を一つにする役割もあった」としている。長野県は明治九年の立県以来、旧筑摩県民や旧藩領民としての意識が強く残っている県民も多く、松本、伊那、佐久、善光寺の四つの平と木曽谷はそれぞれ独自の地域性を持っていた。県民の心を一つにするためにはこの歌が必要だったのだ。以来、長野県民は「信濃の国」を歌い継ぐことにより、信州人としての仲間意識が全県下に浸透していった。馬籠の人の中には信州に陶酔してしまった人も多かったが、また、藤村のように、あくまで木曽人として生きたいという信念の人も数多かった。                                           今馬籠は、賛成派、反対派とも多少のしこりはあるものの、時代の流れに沿い、信州木曽の馬籠、藤村の馬籠を大切にしながら、岐阜県中津川市民として新しい未来に向けて豊かな歩みを続けている。             ところで「岐阜県民の歌」があるのをご存知だろうか。平成24年の岐阜国体で歌おう。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
[PR]
# by baba72885 | 2007-09-28 20:46