人気ブログランキング |

地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生 岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
  「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版
この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

# by baba72885 | 2019-12-31 19:58

「六呂師」の地名由来

福井県大野市六呂師(ろくろし)は木工で使う轆轤(ろくろ)に由来する。轆轤を使う木地師らが人が住んだ集落についた地名だ。ろくろはほかに六郎、鹿路などの地名表記がある。
なお、写真の大野市の
c0134145_20115277.jpg
小学校は廃校になっている。

# by baba72885 | 2019-09-04 20:16

「女高」の地名由来

c0134145_19573029.jpg
長野県大鹿村女高(おなたか)は中央構造線の谷にある。左右には高い尾根の山が迫っており、オネ(尾根)・タカ(高)が転じた地名だ。オナなら女の字を使うのは宮城県の女川町などの地名も同じだ。茨城県牛久市女化(おなばけ)町はオネ・ハケ(崖・崩・呆)の転で崩れやすい尾根を示す。NHKのバラエティーでは語源の事には触れてなく、女化の漢字遊びに終始した娯楽番組そのもので残念だ。
# by baba72885 | 2019-09-04 19:57
c0134145_10553048.jpg
静岡市駿河区宇津ノ谷(うつのや)と藤岡市岡部町岡部を結ぶ宇津の谷峠は古代東海道をはじめ、中世の諸道や近世東海道、明治の馬車道などの要衝だ。現在は新国道がトンネルで通過してしまっているが、歩いて峠を越える古い道も整備されている。
国土地理院の地形図を見ると、宇津ノ谷峠、宇津之谷トンネルとさまざまな表記がある。
ウツ地名は凹になった地形を示し、地名漢字では宇津のほか、内津(うつつ)、乙女(おとめ)、打保(うつほ)、歌津(うたつ)など各地に多い。
なお、東海道はややこしい。古代の東海道、弥次喜多道中の近世東海道、現在のJR東海道線にみえる東海道。では看板にある「旧東海道」とは何なのか。古代の東海道は「古東海道」というので、弥次喜多道中の東海道を旧東海道というのだろうか。

# by baba72885 | 2019-08-29 10:56

「大野市」の地名由来

c0134145_08214340.jpg
福井県大野(おおの)市の由来は国郡里制度が整う以前の古代に遡る。のちの越前国、飛騨国、美濃国に三分割された強力なオオノクニが律令国家体制になる前にそこにあったことを示す。飛騨国大野郡は平成の大合併で高山市に合併し、大野郡高根村などの町村がすべて消滅した。美濃国大野郡はのち揖斐郡に改称されたが、今揖斐郡大野町にその残照を伺うことが出来る。ここに見えるオオノは漠然とした広い地域を示すと考えられる。写真は九頭竜湖線の駅舎。
# by baba72885 | 2019-08-18 08:25