地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。二人以上お揃いなら、いつでも、どこでも、交通費も謝礼も何もいりません。喜んでお話に伺います。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書 「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
   「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

# by baba72885 | 2019-12-31 19:58

「庭文庫」へ行こう

c0134145_08130654.jpg
c0134145_08131813.jpg
岐阜県恵那市笠置町河合にある「庭文庫」は100年以上も古い古民家にあります。写真は「庭文庫」の庭から見た木曽川の「笠置峡谷」と大木の陰から除く古民家です。
 付近は春夏秋冬すばらしい自然に囲まれ、四季の移ろいを堪能できます。今はゆずみたいな柑橘類がたわわに実り、枯れ木の間からの木漏れ日は癒し以外の何物でもありません。古本が中心ですが新本もあります。都会の喧騒から離れ、ゆっくりとした時間の流れる休日をぜひ「庭」文庫で過ごしてみてください。お若い主宰者とのトークも心地よいひと時を演出してくれますよ。

# by baba72885 | 2019-01-19 08:17
c0134145_07534695.jpg
「松」地名は全国各地にあり、松江市、松山市、高松市、松阪市、松原市、小松市、浜松市、松本市、会津若松市など、著名な都市に多く用いられている。
「松」は松竹梅といわれるように縁起物だから、「マツ」に似た発音の地名に「松」の漢字をあてた瑞祥地名が多いのであり、植物の松に由来すると考えるのは早計の極みなのだ。例えば「ミチ(道)」・「マチ(町、街)」・「マタ(又、股)」・「マト(窓)」などから転じた地名が多いとされている。また、「マツ(末)」の転じた地名もかなりあると考えられ、何かの末端の場所を示す。
写真の「江松」は名古屋市中川区の海抜ゼロメートル地帯にあり、入り江の末端の地形を示すと考えられる。名古屋市緑区有松町や岐阜県中津川市並松、小結御嶽海の故郷長野県上松町なども地形の末端を示すのだろう。一方植物の松そのものを示す地名はあまり無いと考えられるが、愛媛県松山市や静岡県浜松市などは見るからに山の松林や浜辺の松林を連想してしまうのだが。

# by baba72885 | 2019-01-19 07:58
c0134145_09001868.jpg
埼玉県春日部(かすかべ)市はその知名度からして、愛知県春日井(かすがい)市とともに日本の春日(かす)地名の代表格だ。カ(接頭語)・ス(洲)もス(洲)・カ(処)も砂地の地形地名だ。埼玉県春日部市粕壁はカス・コ(処)・ベ(辺)の転で江戸時代の宿場名を「粕壁宿」という。粕壁は春日が好字であることを表している。そういえば岐阜県揖斐川町春日(かすが)を流れる川を粕(かす)川という。
# by baba72885 | 2018-12-16 09:06
c0134145_08372409.jpg
岐阜県中津川市の中山道馬籠宿から馬籠峠へ向かう途中に「梨子ノ木(なしのき)坂」がある。最近は欧米人が多くなりローマ字表記されるようになったが、その地名由来は書いてない。       
ナシはナラ(均)すの転で、比較的緩やかな場所を示すことが多く、この坂道がはじまる写真の地点は比較的緩い平地になっており、格好の休憩地となっている。木(キ)はもちろん場所を示す接尾語だ。                   新宿駅から神田川にかかる淀橋までつづく緩い坂を「成子(なるこ)坂」というが、ナシもナルも同じような意味合いの日本語なのだ。
ほかの地名を挙げる。
宮城県登米市山梨子坂
長野県伊那市山梨
富山県南砺市下梨、上梨 など


# by baba72885 | 2018-12-16 08:40