人気ブログランキング |

地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生 岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
  「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版
この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

# by baba72885 | 2019-12-31 19:58

「大野市」の地名由来

c0134145_08214340.jpg
福井県大野(おおの)市の由来は国郡里制度が整う以前の古代に遡る。のちの越前国、飛騨国、美濃国に三分割された強力なオオノクニが律令国家体制になる前にそこにあったことを示す。飛騨国大野郡は平成の大合併で高山市に合併し、大野郡高根村などの町村がすべて消滅した。美濃国大野郡はのち揖斐郡に改称されたが、今揖斐郡大野町にその残照を伺うことが出来る。ここに見えるオオノは漠然とした広い地域を示すと考えられる。写真は九頭竜湖線の駅舎。
# by baba72885 | 2019-08-18 08:25

「五箇」の地名由来

c0134145_08111039.jpg
福井県大野市五箇は九頭竜川の渓谷にある。世界遺産合掌造り集落のある富山県南砺市五箇山や熊本県八代市の五家荘のようにゴカ地名は山奥の秘境に多い。       ゴカの語源はク(崩)・コ(処)の転で、崩壊しやすい侵食地形を示す。岐阜県東白川村五加(ごか)も山地を流れる白川の沿岸あり、全国のゴカ地名は山間地に多い。

# by baba72885 | 2019-08-18 08:11

「九頭竜川」の地名由来

c0134145_20210290.jpg
福井県の九頭竜川の名前の由来は、ダムが造れるほどの険しい峡谷を示した崩(くず)レル→クズルという言葉の転じたものだ。九頭竜といういわば縁起の良い漢字をあてたために、九頭の竜にまつわる伝説がある。地名伝説は地名由来ではなく、伝説を生みやすい漢字表記の地名に多くみられる。
# by baba72885 | 2019-08-08 20:21

「穴馬」の地名由来

c0134145_20010459.jpg
福井県大野市和泉地区で大半が九頭竜ダムに沈んでいる地域を「穴馬(あなま)郷」といい、穴馬谷ともいわれた。語源はアナ(穴)・マ(間)で穴状の谷を示すか、ハナ(端)・マ(間)の転で、崖ある地形を示す。九頭竜川沿岸の地形を見ると後者の由来と考えられる。競馬ファン必至!

# by baba72885 | 2019-08-08 20:06