人気ブログランキング |

地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生 岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
  「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版
この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

# by baba72885 | 2019-12-31 19:58

「天津」の地名由来

c0134145_08454155.jpg
天津は中国語でテイエンチン、日本語でテンシン、渥美半島ではアマズ?愛知県豊橋市天津(あまず)の地名由来はア(上)・マ(間)・ト(所)の転で、高所を示し高田や上田と同じ地名由来だ。
渥美半島は結構高い山や丘陵が多い地形なのだ。

# by baba72885 | 2019-06-17 08:53

「安登」の地名由来

c0134145_20542170.jpg
広島県呉市安浦町安登(あと)は、水田になっている野呂川の支流沿いの低地にあり、ア(湿地)・ト(所)を示すと考えられる。岐阜県関市武芸川町跡部(跡部)は、長良川の旧河道にあり、川の流れたアト(跡)・ベ(辺)を示すと考えられる。呉線に乗ったのは、4月10日。
# by baba72885 | 2019-06-05 20:54

「箱清水」の地名由来

長野県長野市箱清水(はこしみず)は善行寺の北側にある。ハコは垂直の断崖を示し、清水は読んで字のごとくだ。ここにかかる橋の名前が「堀切橋」で、いかにもの名前となっている。器の箱は、四方を垂直の壁で仕切られているのでそういう名前になったのだ。
c0134145_20355934.jpg

# by baba72885 | 2019-06-05 20:37

「五軒小屋」の地名由来

c0134145_20214109.jpg
長野県平谷村五軒小屋は南信州の焼き畑地名だ。焼き畑作業の小屋が五軒あったことがわかる。軒地名は新田集落にもあるが、小屋地名は山林作業の小屋を示す。中部山岳地帯の焼き畑地名は、夏焼、~なぎ(薙)、~蒔(まき)などが多くみられる。
# by baba72885 | 2019-06-05 20:22