人気ブログランキング |

地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生 岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。(五十音と地名、動植物と地名、地形地名と表記の変化 など)生涯かけてゆっくりやってます。
著書「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
  「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版
この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
自己紹介_c0134145_16502233.jpg

# by baba72885 | 2021-12-31 19:58

「形原温泉」の地名由来

愛知県蒲郡市金平町の形原(かたはら)温泉は三ヶ根山山麓の三河湾の絶景を望む山地の斜面にある。カタハラはカタヒラ(片平)の転と考えられ、山地に対して片方の山麓が平らになっている地形を示し、岐阜県可児市帷子(かたびら)なども同じ地形地名だ。まさか昔の人がタカハラ(高原)よ呼び間違えたのではあるまい。
「形原温泉」の地名由来_c0134145_08500591.jpg

# by baba72885 | 2020-12-05 09:12

「佐久島」の地名由来

三河湾に浮かぶ愛知県西尾市佐久島はかつては作島とか佐古島と書いた。サコはサクの転じた(母交した)もの。サクの意味は色々漢字であらわされる。作、削、割、裂、窄、咲などがある。花の蕾(つぼみ)が裂かれたり割れたりする様子を「咲」とあらわしたのだ。
佐久島は現地を訪ねると石灰岩がむき出した海岸線が続くが、佐久島漁港や入ケ浦のように島が裂かれたような入り江がある。 長野県佐久市は新開地を示すサク(作)に由来する説があるが、やはり素直に佐久盆地の大地を裂(割)いた地形地名と考えられる。佐久間ダムのある浜松市天竜区の佐久間町の由来は、天竜川のつくった谷間を示すサコ(狭処)・マ(間)の転と考えられるが、裂かれた谷間の意味もあるか。
「佐久島」の地名由来_c0134145_08211403.jpg
写真は西尾市一色漁港からの渡船。

# by baba72885 | 2020-12-05 08:40

「八屋砥」の地名由来

「八屋砥」の地名由来_c0134145_17034632.jpg
岐阜県中津川市阿木八屋砥(はちやど)は斫(はつ)られたヤ(谷)・ト(所)の転じた地形地名だ。

# by baba72885 | 2020-11-29 17:10

家山

静岡県島田市川根町家山(いえやま)の由来は、うえ(上)・山の転じたものと考えられる。大井川鉄道家山駅の正面にある海抜168メートルの天王山公園の高みを見てそう名付けたのだろう。
家山_c0134145_11421718.jpg

# by baba72885 | 2020-11-19 11:47