地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「我孫子・丸子・舞子」の地名由来

我孫子(あびこ)                                  ①アブないところ アバケけた場所  崖地や荒地                            ②網場(アバ)処(こ) 漁撈関係の地名                            ・大阪市住吉区我孫子  大和川の右岸にあり、漁業が可能ではあるが、古代のこのあたりは荒廃地だと考えられる。あびこ何某の名前から地名となったとするのは、地名が先の原則に反する。                          ・千葉県我孫子市我孫子 手賀沼の北岸にある台地の崖下に広がる集落だ。我孫子から成田線で三駅東に行くと、「新木(あらき)」があるが、ここも崖下の地名だ。我孫子と同類の地名として、名古屋市中川区荒子、群馬県前橋市荒子がある。                               丸子                                  ①古代の「丸子部」という部民に由来する                              ②川が丸く湾曲したところや、地形がゆったりと円(まろ)やかな地形                       ・静岡市丸子(鞠子)  丸子川の谷に開けたおだやかな地形                     ・長野県上田市丸子  丸子氏の荘園説があるが、・・・・                      ・東京都大田区下丸子、神奈川県川崎市中原区上・中丸子  かつては同じ「丸子」だったが、多摩川の流路の変化で二分された。古い多摩川の湾曲部に因む地名と思われ、渡船場の守子(もりこ)衆が居たとしても、それ以前からの地名だろう。                     ・静岡県沼津市丸子町  丸子神社がその地名由来とされているが、地名が先という原則からすると、一考を要する。                           ・岐阜県各務原市鵜沼丸子、島根県出雲市大社町小丸子はいずれも平坦地にある。また、北海道旭川市には見た目のとおりの丸子山896mがある。                               舞子                                ①周り巡るような地形                               ②前(まえ)が訛ったもの 前野や前原と同類                              ・神戸市垂水区舞子  潮汐の流れを見て「回り込むように流れる浜」の状況から名付けたという説があるが、こんなに凝った由来を考えなくても、大分市の舞子浜と同様、目の前に広がる美しい砂浜を「前処(まえこ)」といったのだろう。なお、あまりにも有名な神戸の舞子にあやかって名付けた浜辺に次の名所がある。                                   滋賀県大津市近江舞子  愛知県知多市新舞子  石川県白山市小舞子  福島県いわき市新舞子                         ・新潟県南魚沼市舞子(まいご)  魚野川のつくった平野の水田地帯で、魚沼産コシヒカリをつくっている集落だ。周辺の地名を見ると、五郎丸・丸池新田・中子新田・徳田新田等、中世から近世の開拓村だと分かる。ひょっとすると「~丸」の水田の「丸子」が訛ったものかもしれないが・・・。                左《大阪市我孫子の商店街「あびんこ」》  右《千葉県常磐線我孫子駅》                                                                                                                                                                                              c0134145_22492120.jpgc0134145_21402241.jpg
[PR]
by baba72885 | 2009-02-09 18:29