地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「鳴子・白子・笹子」の地名由来

鳴子                                        ・宮城県大崎市鳴子  「こけし」で有名な温泉街のある町だが、荒雄川はその名の通り荒々しい渓谷をつくり、激流の音がゴーゴー鳴る町である。また、温泉の湧き出る音に因む地名だという説もある。                         ・名古屋市緑区鳴子  すぐ西に「古鳴海(なるみ)」が、東に「鳴丘」という地名があり、なるい平らな地形名だ。周辺の地名をみるとそのことが良く分かる。長根・松が根・三高根・小松山・上ノ山・薬師山・万場山・作の山・大形山など。 高知県土佐市高岡町には、鳴川と奈呂が隣接してある。なるい地形につけられている地名だ。                              ・山梨県大月市奈良子  ここは葛野川の支流小俣川の急流に沿った渓谷にある谷集落だ。ゴーゴーと流れる川の音に「なるこ」といっていたが、訛って「ならご」となり、平らな土地への憧れから「奈良子」と表記して地名とした。                                      ・富山市婦中町成子(なるこ)、静岡県浜松市成子(なるこ)は、なるい平らな土地の意味だ。                             白子                                  ・三重県鈴鹿市白子(しろこ)、千葉県白子(しらこ)町は、明るい砂浜海岸に由来する地名で、各地の「白浜」地名とほぼ同じだ。                         ・埼玉県和光市白子は、渡来人に由来する「新羅」が訛ったとされている。                                ・鹿児島県上屋久町志戸子(しとご)は、そこを流れる「白川(しろご)」という川の名前をとって、「白子(しろご)」といっていたが、訛って「しとご」になったものだ。川や河を「ご」というのは、御岳山麓にある岐阜県下呂市の濁河(にごりご)温泉の例等各地にある。                                  
c0134145_9404448.jpg
 笹子                               ・山梨県大月市の笹子は、甲州街道の難所笹子峠の麓、笹子川に沿った狭い谷の集落が続く。その名の通り「さ・さ・こ」で、小さい狭い谷を意味する地名だ。「さこ」や「せこ」の仲間の地名で、細(ささめ)や佐々木(ささき)も同類だ。                               ・秋田県由利本庄市上笹子(じねご)は「しね・こ」からきており、よじれたような鄙びた土地の意味だ。                                ・島根県松江市笹子は、島根半島にある海岸のささやかな緩斜面にある集落だ。                                  左《鈴鹿市白子》護岸堤防で白浜は変貌している。c0134145_2131845.jpg                                     右《名古屋市の鳴子》c0134145_18102687.jpg                                                                                                    
[PR]
by baba72885 | 2009-02-10 18:14