地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「子 古(こ)」地名

・群馬県神流町元船子 神流川の支流の船子川のつくった狭い谷から、遥かに望む高い尾根の上の集落だ。もちろん船とは関係のない地名で、尾根・畝(うね)の訛った「ふね」地名だ。                                 ・茨城県美浦村舟子 霞ヶ浦の沿岸集落で、水主(かこ)や水夫との関連地名だろう。                                  ・静岡県芝川町稲子 富士川の支流の稲子川の谷合に散らばる集落で、「いな」「よな」は砂地のことで、鳥取県の米子市、山形県鶴岡市米子もその意味だ。                                ・岩手県一関市赤猪子 「いのこ」は「井」の「処(こ)」で、小さな川の流れているところだ。                           ・愛知県田原市伊良湖(いらご) 「いら」は険しい崖のことで、渥美半島の先端部の地形を良く表している。                            ・愛媛県内子町 「うち」は、山間部では小さな平坦地につけられる地名で、ここはその典型的な土地だ。                           ・広島県庄原市平子 周辺に比べて平らな部分に付けられる地名。名古屋市緑区平子 愛知県尾張旭市平子                        ・山梨県早川町久田子 「くた」「ぐた」は湿地を意味し、「久手」「湫」地名と同じだ。                            ・岐阜県恵那市小田子(こだこ) 矢作川の上流部の狭い谷間の集落で、「こだ」は山間地のささやかな耕地のこと。                               ・奈良県田原本町唐古 奈良盆地ということで、渡来人も念頭におくべきだが、ここは国史跡「唐古鍵遺跡」のある場所だ。弥生時代の環濠集落で、「から」は「涸」で、乾燥した場所を意味し、集落を営むに都合のいい微高地だ.                                ・山口県阿武町奈古 波が穏やかで、なごやかな砂浜の地名。 沖縄県名護市も同じ意味だ。                           ・三重県志摩市阿児 網子(あこ)のいる漁村だ。                       ・沖縄県名護市辺野古(へのこ) 男性のシンボルの「へのこ」 ににた地形なのだろうか。                               ・群馬県前橋市大胡(おおご)は、古代の「大児(おほご)臣」の名に由来すると言うが、その「おほご」の意味は何か分からない。「児」からあえて「胡(えびす)」に変化していることからすると、渡来人との関係を疑いたい。                                ・岐阜県郡上市八幡町瀬子は、長良川の両岸が迫ったコセコセした地形名だ。 《上毛電鉄大胡駅》                                                               c0134145_818954.jpg
[PR]
by baba72885 | 2009-03-05 18:23