地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「馬籠・妻籠」の地名由来

c0134145_2015257.jpg全国の「まごめ」地名は「馬籠・馬篭・馬込」などと表記されている。「ま」は単に接頭語のようなもので、「こめ」が入り組んだ狭い谷、奥に引っ込んだ地形を表している。ところで、先日ある方から次のような質問を受けた。『中山道に「妻籠(つまご)宿」と「馬籠(まごめ)宿が」岐阜・長野県境の馬籠峠を境に対峙してあり、「籠」の字を一方では「ご」と読み、一方では「ごめ」と読むのはなぜか』という素朴な問いだった。                           「妻籠」はもともと「つまごめ」と呼び、「つま」はどん詰まりの意味で、「こめ」と相まって長野県南木曽町の「妻籠」の地形にぴったりだ。いつのまにか「め」を省略して「つまご」というようになったと思うが、一方で岐阜県中津川市馬籠も、もとは「つまごめ」といっていたのではないかとも思える。いつのまにか「つ」が省略され、「まごめ」になったのだろう。中山道の「馬籠」は、各地の「馬籠・馬込」地名とは、意味は似たようなものだが、その成り立ちが違うように思う。峠を挟んで同じ地名を使う例は全国的には所々にある。僻遠の地同士の富山県南砺市桂(かつら)と県境の桂峠を挟んで、岐阜県白川村加須良(かすら)はどちらかが訛ってはいるが、古くから二村だけの交流が行われていた。                             c0134145_2033269.jpg
[PR]
by baba72885 | 2009-08-26 19:16