地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「由良」地名の由来と由利

由良(ゆら)地名は、「ゆるい」という言葉にもあるように、緩やかな平坦地を表すが、海岸に多い地名からすると、海辺の緩やかな砂丘や砂地の意味だろう。山形県鶴岡市由良、兵庫県洲本市由良、京都府宮津市由良、愛媛県松山市興居(ごご)島の由良、島根県隠岐西ノ島の由良はいずれも海岸の小平地だ。また、鳥取県北栄町由良宿は由良川の左岸にある浜堤の内側にある集落だ。ただし、香川県高松市由良は、内陸の讃岐平野にあり、背後に由良山120mがあることから、地名はゆったりしたこの山の形に由来するかもしれない。
「ゆら」と同類の言葉に「ゆり」がある。秋田県由利本荘市には、ゆったりとした内陸の高原に「西由利原」と「南由利原」がある。鳥取県湯梨浜(ゆりはま)町は、東郷町、羽合町、泊村が合併して出来た町名で、東郷温泉の「湯」、現地の特産の梨の「梨」、浜辺の「浜」の珍しい風土合成地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2009-09-25 21:53