地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「大室山」の地名由来

「ムロ」は山のこと                                               静岡県伊東市の大室山(580m)は、伊豆富士と言われている円錐形の火山で、その姿に魅せられた観光客が多い。かれこれ20年前にサボテン公園を見学した折り、リフトで気軽に登った。火口を一周する散歩コースは、独立峰が故にすばらしい景色が堪能できる。さて、「大室」は「ムロ」がその語源だ。「ムロ・ムレ・モロ・モリ」は同源で、古代朝鮮語から入った和語で、山の意味だ。確かに「~森」や「~丸」という山名は多い。丹沢山系の大室山(1588m)は、かつて「大群(おおむれ)山」とか「大牟礼山」と呼ばれていた。長野県安曇野市の室山(793m)は、安曇野にポコンと鎮座する小さな山で、人々はその山をまさに「ムロ」と呼んだ。大分県杵築市大村山(419m)は、別名を大牟礼山という。他に、新潟県胎内市牟礼山(616m)、大分県由布市花牟礼山(1174m)                              名古屋市守山区には「大森」という地名があるが、旧守山市の中心にあり、守山の由来は森山ではないかと思う。 なお、神社の鎮守の森は「杜(もり)」という。                             左《安曇野市の室山》          右《バス停》c0134145_8532797.jpgc0134145_8534788.jpg
[PR]
by baba72885 | 2009-10-13 08:02