地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「一青(ひとと)」と「尿前」の地名由来

能登半島のつけ根、JR七尾線に沿って横たわる邑知潟地溝帯は、かつて浅い海であった。沖積平野となった今は、美しい水田地帯を見せている。その一隅の中能登町に「一青」という地名がある。名曲ハナミズキ」を歌った「一青窈」さんゆかりの地名だ。確かに一種不思議な響きを持つこの地名の由来は、単純なもので、「しと」という古い日本語由来だ。「しと」の意味をは漢字にすると「湿」「尿」で、湿地や水分のことだ。 宮城県大崎市鳴子には、「尿前(しとまえ)」という集落がある。かの松尾芭蕉が厳重警備のため大変苦労して越えた「尿前の関」があったところだ。今、関所跡には芭蕉の像が鎮座している。                                           つまり、「一青」は「しと・と」が訛ったもので、湿地帯の場所という意味で、地溝帯の地形を見事に言い表している。                                   地元では、この不可解な地名の由来に悩み、湿地帯に飛来する毛色の青い「之止止(しとと)」という霊鳥にその由来を求めているが、伝説に過ぎない。                                               「ひと」は「秘処」にも通じ、秘めた、湿った場所の「姫」地名と同じ仲間だ。静岡県伊豆国市大仁(おおひと)町や香川県さぬき市志度(しど)町の名、福島県いわき市を流れる四時(しどき)川、そして東京都三鷹市から府中市を東西に走る「人見街道」も同類地名だ。c0134145_107073.jpg                             《写真下》大崎市の尿前の関 c0134145_10412283.jpg
[PR]
by baba72885 | 2009-12-19 09:45