地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「温井」・「貫井」の地名由来

「ぬくい」という地名表記は「温井」・「貫井」がある。岐阜県瑞穂市温井には、「ぬくいの湯」という日帰り温泉があり、誠に地名と一致していて意味合いは良いのだが、温井は温かい温泉のことではない。瑞穂市温井は揖斐川の左岸に位置し、揖斐川が激しく浸食していた地形を表している。「ぬくい」とは浸食されて崩れ易い川縁という意味だ。「ぬく・ぬけ」とは浸食されて崩れ易い場所の意味だが、北アルプスの「笠ヶ岳」の東に「抜戸(ぬけど)岳」があるが、山肌はやはり激しく浸食された崩壊地形だ。                                        広島県安芸太田町加計の温井は、温井ダムによって水没し、その代替地集落にその名を遺しているが、太田川水系の滝山川の険しい渓谷の集落名だ。                              一方、東京練馬区貫井は、石神井川の沿岸、小金井市貫井北町、貫井南町はその間を野川が流れる。
[PR]
by baba72885 | 2010-11-25 17:41