人気ブログランキング | 話題のタグを見る

地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「麻布」の地名由来

海老蔵事件が起きた「西麻布」は「元麻布」「東麻布」「麻布台」「麻布十番」などに名を残す「麻布」の一地名だ。もちろん植物の麻とは関係がない地名であることは、麻の布というまことに都合の良い表記であることがむしろその証拠になっている。「あざぶ」は「あさふ」でもあり、口語では「あそう」ということになり「麻生」という表記にもなっている。                                    茨城県行方市麻生の隣には台地の崖を意味する「粗毛(ほぼけ)」という地名があるが、同じく麻生は「あぞ・ふ」で、崖地の場所を表している。東京港区の麻布も、台地の縁にある崖地の意味だ。                                繰り返し書き記すが、あまりに調子のいい地名表記は、地名の音に心地よい漢字表記を当てはめる常道だから、地名由来についてそれに惑わされてはいけない。高山本線「下麻生(しもあそう)駅」も飛騨川沿いのあぞ地形だ。                                         「あぞ」は「あず」と同じだから、長野県の梓(あずさ)川、安曇野(あずみの)も同類だ。何と、3月16日雪のそぼ降るあの四国大歩危(おおぼけ)にて、断崖を走る国道32号を歩いていたら、「安瀬地(あぜち)歩危」という地名があった。「あぜ」も同じ、まさに「ボケ地名」にピッタリ即した地名ではないか。そこに出くわしたときの驚きと成就感は他ではなかなか味わえないもの「麻布」の地名由来_c0134145_17142747.jpgだった。「麻布」の地名由来_c0134145_17225266.jpg
by baba72885 | 2010-11-29 21:33