地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「入鹿(いるか)」の地名由来

 愛知県犬山市の明治村は入鹿池の畔にある。この溜池は農業用に江戸時代の初期に築かれたもので、当時の入鹿村はほとんど池に沈んだ。                            「入鹿」の地名由来は「入る処(か)」の意味で、山地に入り込んだ場所のことだ。地形的に溜め池がつくりやすくなっていたのだ。                          埼玉県入間(いるま)市と同じような地形地名だ。                        《入鹿池》
c0134145_17121019.jpg

[PR]
by baba72885 | 2013-05-28 17:13