地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「舞子」の地名由来

岐阜県関市武芸川(むげがわ)町舞子(まいご)は珍しく内陸にある「舞子地名」だ。                                   「舞い」は「巻き」が訛ったもので、「巻処(まきこ)」が語源だ。          ここは武儀(むぎ)川の旧河道が西に向かって巻き込んでいたところだ。今は人工堤防によって河川は直線となり、水田になっている。                 《注》かつて美濃国武儀郡は武芸郡とも表記していたが、いずれも「むぎぐん」と呼んだ。武芸川町は「むげがわ」と称しているのは趣向かも知れない。                         ところで、
c0134145_1730919.jpg
兵庫県の舞子浜は単に「前処(まえこ)浜」が訛ったとする説と、瀬戸内海の潮流が巻き込む浜辺という説がある。 ちなみに、名古屋市南区には「前浜通り」があり、目の前に広がる浜辺を「前浜」としたのだが、それなら兵庫県の舞子の由来もそれかも。
[PR]
by baba72885 | 2013-05-28 17:30