地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

勝負あり! 四面楚歌の弘前は筋金入りの青森に惜敗      

空を見上げて感嘆の声をあげてみよう、あごが上がって苦しいが、誰もが「ア・ウ・オ」の母音が混ざった音声になる。広がる空の色を「アオ」にしようと誰かが言い出して、みんながそれに同意した。「青空」の誕生だ。「オオ」の声からは、大きいという言葉も生まれたに違いない。「大空」の誕生だ。空を見て「アッ」「アツ・暑」とびっくりし、「カッ」と照りつけるお日様の色は「アカ・赤」となった。そうだ、地名も素直な感動の声や伝えたい気持ちから、自然に付いていくのだろう。     青い大空に真っ赤な太陽、漂う白雲と青(大)海原は「湘南海岸」ではなくて、「邪馬台国」への路に栄えていた古代の「マツラ国」「イト国」の故地、佐賀県唐津の「虹の松原」で生まれた言葉かもしれない。                                                   さて、青森の地名由来は、青森市本町5丁目にあった「青森山」という小高い丘から名づけられたという説は正しいと思う。日本人は青も緑も「アオ」というが、「青森山」は「アオい森の山」という意味ではなく、地名の場合はその形を重視し、人の意識は「大盛山」であったと思う。全国の森地名を地図に拾うと、ほとんどが山の名前になっている。「森」はフォレストではなく、マウンティンなのです。「○○森」は平地から見て「こん盛りした山」を表している。「二つ森山」「三森」 等は峰の数であり、「飯盛山」は茶碗に盛ったご飯の姿だ。(注)目からウロコの地名由来 「大室山」の地名由来参照                                明治4(1871)年の廃藩置県では信濃国で「長野vs松本」のように県都をめぐり、死闘を演じたところがあるが、陸奥国においても弘前藩10万石の城下町弘前と盛岡藩8万石の港町青森は江戸時代からライバルだった。はじめはいったん弘前県となったが、すぐに県庁を青森に移し、青森県とした。港町の青森は蝦夷(北海道)経営の前線基地でもあり、大陸にもつながる海の玄関口として県都にふさわしいとされた。しかし私は違った見地から、心から弘前県でなくて良かったと思う. 青森県の地図を見てください。下北や津軽山地には少ないが、全県にわたって「○○森山」を含めて「○○森」の多いこと限りなし。全国を訪ねてもこれだけの密度を誇る都道府県はありません。25万分の1道路地図を見ても、ざっと80以上ある。もっと詳しい地図にはどれほどの「森」が姿を現すであろうか。特に、弘前市のある津軽平野の四方を囲む山々はほとんど「○○森」で、ふるさとの山「岩木山」周辺は驚くべき密集地帯です。弘前は「森」に囲まれ、四面楚歌の状態に陥っている。「陸奥」はまさに「森の国」です、青森は「森の国」にふさわしい県と県庁所在地の名前なのです。                                     泣くな弘前、そこに弘前城があるじゃないか、旧制弘前高校を設置し、国立弘前大学へと学問の都として歴史に息づいている、青森なんぞは何するものぞ。このことは、長野に県都を譲った松本も同じだ、松本城と旧制松本高校、そして国立信州大学に松本市民は、誰にも負けない高いプライドを持っている。                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
[PR]
by baba72885 | 2007-08-21 21:04