地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

「谷」と「沢」地名

「谷」と「沢」は地形的には同じようなものだが、その地名分布ははっきりと東西に偏ってある。吉田茂樹は弥生時代のヤマト族とアズマ族の勢力圏を示す地名として「谷」と「沢」に注目した。いくつかの例外はあるものの、新潟県の親不知と三重県桑名市を結ぶライン(写真参照)の西にヤマト族が住む「谷」地名地域、東をアズマ族が住む「沢」地名地域とした。同じ写真の左にあるラインは「日本列島雑煮文化圏図」(農文協)によるもので、西日本が丸餅、東が角餅文化圏を示している。また、岐阜県南西部の揖斐川を挟んで「雨と飴」「橋と箸」のアクセントが逆になる関西語と関東語の違いを見せる。中部日本はまさに東西文化の交錯する混合文化の地だ。岐阜県中津川市下野には「小野沢谷」という地名があり若干の民家がある。「沢」に「谷」のついた地名だが、両民族が混在していたのだろうか。さて「谷 タニ」地名の著名なものを南からあげる。沖縄県読谷村・北谷町、熊本県阿蘇谷・南郷谷、神戸市一ノ谷、滋賀県小谷(おだに)城、岐阜県根尾谷、静岡県宇津ノ谷・赤目ヶ谷、長野県小谷(おたり)村・木曽谷、福井県一乗谷、富山県五箇山谷、千葉県九十九谷(君津市鹿野山から見た眺望に名付けられた地名で、丘陵の連なる山並みに埋もれた谷の景観全体をいう) なお、長野県伊那谷は正式には伊那盆地である。観光宣伝用で木曽谷と対比して語られているが、県歌「信濃の国」の中では、松本・佐久・善光寺・伊那の四つの平らと歌われ、伊那の地元民は「谷」の概念は持っていない。 さて、東京をはじめ関東、東北には「谷」地名が多いが、そのほとんどが「ヤ」と発音し、「谷地 ヤチ」地名の低湿地であり、「タニ」とは違う。主な地名をあげると、新潟県小千谷市、千葉県鎌ヶ谷市、埼玉県深谷市・熊谷市・越谷市・鳩ヶ谷市、西東京市保谷、長野県岡谷市、静岡県島田市金谷、東京都足立区入谷・古千谷・、板橋区大谷口、北区神谷、台東区谷中・入谷・下谷・松が谷、新宿区四谷・市ヶ谷、世田谷区世田谷・祖師谷・粕谷、目黒区碑文谷、大田区雪谷・糀谷、渋谷区渋谷・幡ヶ谷・千駄ヶ谷、豊島区雑司が谷等がある。「沢」地名はやはり圧倒的に東日本である。青森県三沢市・鯵ヶ沢町、岩手県奥州市水沢・前沢、秋田県湯沢市、山形県はながさ市尾花沢、長野県軽井沢町、神奈川県藤沢市、栃木県宇都宮市高根沢、山梨県北杜市小淵沢、鰍沢町、鳴沢村、愛知県稲沢市、ラインの西側には希少価値のある石川県金沢市がある。都内では、板橋区小豆沢、練馬区羽沢、墨田区亀沢、世田谷区北沢・代沢・駒沢・野沢・深沢・奥沢がある。北海道には小さな川の上流部に「沢」の名がたまに見受けられるが、「谷」地名は蘭越町大谷、平取町二風谷以外ほとんど無い。北海道に「谷」地名が無いのはそれをあらわすアイヌ語地名があったからだ。「~ナイ」がそれにあたり、和人は「内」の字をあてた。稚内市、歌志内市、木古内町、黒松内町、新ひだか町静内、岩内町、神恵内村等がある。「谷」「沢」とややニュアンスが違うのが「渓谷」だ。「渓谷」は全国津々浦々にあって共通の概念で命名しており、「谷」「沢」をイメージアップして呼んでいる場合が多い。世田谷区の等々力渓谷は全国的に見ればささやかな渓谷だが、れっきとした景観美を誇っている。栃木・群馬県を走る「わたらせ渓谷鉄道」は鉄道会社が命名したのだろう、元来渡良瀬川の谷を渓谷とは言わないはずだが。渓谷を北から列記しよう。北海道定山渓、岩手県猊鼻渓・厳美渓、抱き返り渓谷、福島県夏井川渓谷、東京都秋川渓谷、千葉県養老渓谷、長野県赤沢渓谷・阿寺渓谷・柿其渓谷、岐阜県乙女渓谷、夕森渓谷、愛知県香嵐渓、三重県香落渓谷、京都府瑠璃渓、岡山県奥津渓・豪渓、広島県羅漢渓谷、島根県断魚渓・千丈渓、香川県寒霞渓、愛媛県面河渓・滑床渓谷、大分県耶馬渓、宮崎県椎葉渓谷       日本では渓流より川幅が広く、大掛かりな渓谷には「~峡」の名を付けているが、アメリカのグランドキャニオンのように、平らな大地を切り裂いたV字谷を見せるのは、唯一岐阜県の恵那峡のみである。北原白秋等の文豪がこよなく愛した恵那峡は、木曾川が幼年期のなだらかな大地を見事に解析した絶景の地である。あとの峡谷は山地にあり、両岸が険しく迫った狭いV字谷である。北海道層雲峡・天人峡・豊平峡、山形県最上峡、宮城県二口峡、栃木県龍王峡、群馬県吾妻峡、新潟県清津峡、山梨県昇仙峡、長野県天竜峡、岐阜県蘇水峡・飛水峡・揖斐峡・付知峡、富山県黒部峡谷(十字峡・猿飛峡)、静岡県寸又峡・接阻峡、和歌山・三重県奥瀞峡、京都府保津峡、広島県帝釈峡・三段峡、山口県長門峡、宮崎県高千穂峡 等                                                                                                                                   左 《中津川市のc0134145_20235616.jpg小野沢谷)         《吉田の図に加筆》                                                                                                                                                                                                                                c0134145_21213016.jpg
[PR]
by baba72885 | 2008-05-14 20:34