地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。二人以上お揃いなら、いつでも、どこでも、交通費も謝礼も何もいりません。喜んでお話に伺います。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書 「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
   「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2019-12-31 19:58

「芝井」の地名由来

c0134145_21323545.jpg
愛知県弥富市芝井は鍋田川の左岸にあり、筏川とに挟まれた沖積平野の低湿地だ。全国各地に多い芝地名の一つで、スマ(洲間)・イ(井)の転と考えられる。ここの地形をよく示した地名だ。愛知県蟹江町芝切も同じような地形で濫流する河川の洲を裂いたような地形を示す。

[PR]
# by baba72885 | 2018-12-11 21:32

「南木曽町」の地名由来

長野県南木曽町(なぎそまち)はいくつかの村の合併によってできた町だ。                     
昭和36年に南木曽町は発足したがそれは次の三カ村の合併による。
1読書(よみかき)村は与川村+三留野村+柿其(かきぞれ)村の頭文字をとった村
2吾妻(あづま)村は蘭(あららぎ)村+妻籠村の頭文字をとった村
3田立村
さて、合併に際して新町の名前にもう村の頭文字では行き詰まってしまった。どうしようと思案した結果、ふと役場の裏を見やると奈岐蘇(なぎそ)岳が目に入った。最近は南木曽岳とも表記することも多くなったが、この地域の象徴的な山だからこの山の名前にしようということで南木曽町としたのだ。
ナギソの語源はナギ(なぎ倒したような険しいガケ地)・ソ(険阻な場所)で、険しい断崖をもつ奈岐蘇岳はそのすがたにふさわしい名前なのだ。たまたま、たまたま、タマタマ木曽郡の南端にあったので南木曽岳と表記することが多くなったのだ。南木曽町の地名由来は木曽の南にあるからではない。南木曽町の中心街の対岸、木曽川の右岸には梛野(なぎの・ないの)という集落があるが、そこも同じ地形地名だ。(写真は国道19号から見た南木曽岳)
c0134145_17190839.jpg
ここの住民たちはみんなこのことは心得ている、知らぬは他所の人。ここでしっかり押さえておこう。

[PR]
# by baba72885 | 2018-11-20 17:20
c0134145_20023620.jpg
名古屋市千種区今池一丁目にある式内社高牟(たかむ)神社あたりが、今池地名の由来地であることは、前の地名由来で書いたが。神社の境内には写真のような看板がある。この辺りはあちこちから清泉が湧き出ていたというではないか。まさにイ(井)・マ(間)・イ(井)・ケ(処)そのものではないか。一丁目という地名も今池の原点を示すと考えられ、まさに今池の地名由来をこれが証明しているのではないか。馬池が転じて今池だなんて一体だれが言い始めたのだろうか、チョット恥ずかしいですね。もし江戸時代の人だったら、語源を知らない時代なので責められないが、現代人がその古文書をそのまま引用するのはいかがなものか。古地図にあった今池が馬池になり、またそれが今池となったという説が新聞にあったが、池の存在云々はさておき、イマイケ地名は江戸時代を何百年もさかのぼってあった地名なのだ。
それに、みなさん普通に考えてもみてください。江戸時代に村に溜池を造築した際、さて何という名前にしようかとなったとき、わざわざ「今池」などという名前を付けるでしょうか。同じ江戸時代に造られた愛知県犬山市の入鹿池(いるかいけ)の名前は当時の入鹿村に造ったからそういう名前になったのです。初めに数百年前からあるイマイケという地名のところに新しく溜池を作った時、そこがイマイケだったから漢字にして「今池」という池の名前にしたのが、古地図にのっているだけなのです。イマイケ地名は鮒や鯉の泳ぐ池に違いないと江戸時代の人が考えたのは止むを得ないが、現代人までも漢字の字義に惑わされるようでは情けないですね。                     何度も言わせてもらいます、古地図にのっている今池という池はそこにあったイマイケという地名から名付けたものです。地名の由来が逆転してしまってはいけません。瀬戸市、安城市、上越市、堺市などの今池町は現地で市史を調べたり聞き込みをしたりしましたがやはり池とは全く関係のない地名です。

[PR]
# by baba72885 | 2018-11-09 20:12

「初狩」の地名由来

c0134145_12150155.jpg
山梨県大月市初狩町初狩(はつかり)の由来は、ハツ(斫)・カリで斫られて刈り取られたような険しい侵食地形を示す。ちなみに大月市もオオ・ツキ(衝)が語源で、突き上げるような断崖のある地形を示す。
写真はJR初狩駅

[PR]
# by baba72885 | 2018-11-09 12:15