人気ブログランキング |

地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生 岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
  「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版
この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

# by baba72885 | 2019-12-31 19:58

「雀子ヶ根」の地名由来

c0134145_21090999.jpg
岐阜県恵那市大井町雀子ヶ根(すずめこがね)は擬音地名として名高い。風のサザメキを地名にしたもので鳥の雀もざわざわと集団でサザメイテいるのでそう名づけられたのだ。地名も鳥の名前も同じ時期に名付けられたもので雀がいたから雀の地名になったわけではない。動物や植物の名前のついた地名もほとんどはその動物や植物とは関係無い地名由来で、地名の音に合わせた漢字を使っただけだ。(例) 亀 海老 牛 馬 猪 萩 荻 麻 竹などの地名。

# by baba72885 | 2019-05-14 21:13

「下府」の地名由来

c0134145_07490785.jpg
島根県は浜田市下府(しもこう)は石見国府の所在地を示す地名だ。古代の諸国の国府所在地は今も残る地名で分かるが、ほとんどが府中か国府地名だ。
 国府を「こう」と呼ぶのは愛知県豊川市国府(こう)町や神奈川県小田原市国府津(こうづ)などがある。 


# by baba72885 | 2019-05-12 07:50

「津和野」の地名由来

c0134145_09100108.jpg
島根県津和野市は津和野川の狭い谷平野にあるが、東は古いトロイデ式火山の青野山の麓で崩壊地もみられる。西は津和野城跡のある峰の急な斜面がつらなっている。そんな地形を示した地形名が津和野の由来になっている。
 ツワはツバの転と考えられ、帽子のツバ(端)にあるように崖の端を示すが、ツボの転で窄(つぼ)んだ地形を示すとも考えられる。
 写真に見える駅の裏山がその急斜面(崖)を示している。

# by baba72885 | 2019-04-25 09:13

「うつぼ」の地名由来

c0134145_07312828.jpg
長野県平谷村靱(うつぼ)は平谷川の支流柳川の狭い谷にある。岐阜県飛騨市宮川町打保(うつぼ)は神通川にそそぐ宮川の谷にある。
 いずれも山間地の谷間を示すが語源は、ウチ(内・凹)・ホ(保)で谷間の集落を示す。

# by baba72885 | 2019-04-14 07:31