地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。

著書 「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
   「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

[PR]
# by baba72885 | 2018-12-31 19:58

「倉本駅」の地名由来

c0134145_08390227.jpg
長野県上松町(あげまつまち)は関脇御嶽海の優勝に沸いているが、上松町倉本の中央本線倉本(くらもと)駅は木曽川左岸の断崖にある。集落は木曽山脈の糸瀬山の急斜面にあり、クラ・モト(本)で、まさにクラ地形そのものの地形地名です。徳島県徳島線の蔵本駅や蔵本公園の名前も眉山の北斜面に由来する同じ語源と考えられる。
[PR]
# by baba72885 | 2018-08-10 08:42
c0134145_21584371.jpg
第三セクター明知鉄道は、朝ドラ「半分、青い。」の舞台、ふくろう商店街のロケ地として岩村の城下町が脚光を浴び、主人公が描かれた特別な車両も走らせてその利用者も増えている。
 しかし、ブームはあくまでブームで、明知鉄道が秋からも観光客をたくさん運び続けるとは考えにくい。そこで、地名研究家としては一つの提案をしたい。いままでも検討されたかもしれないが、当局の皆さんには今一度真剣に考慮していただければ嬉しいのですが。
 撮り鉄、乗り鉄、鉄女などが全国からわんさかと訪れること間違いない作戦だ。

① 明知鉄道の名称の変更、もしくは愛称をつける。「えな(恵奈)」をメジャーにせないかん。
 各地にある既存の線名をいくつか紹介して、明知鉄道の名称の参考にしたい。

 はまなすベイライン大湊線 いわて銀河鉄道 ドラゴンレール大船渡線 あきた美人ライン                  
 森と水とロマンの鉄道 奥の細道湯けむりライン ゆうゆうあぶくまライン トキメキ日本海ひすいライン
 万葉まほろば線 など
 明知鉄道には、こんな名前はどうでしょうか、みなさんも自由な発想でお考え下さい。
 青い山脈えなライン(映画「青い山脈」のロケ地、木曽山脈を望み御岳山も見える)
 ヒストリアえな鉄道(岩村城下町、明智大正村、中馬街道、姫街道) 
 えなカルチャーロマン鉄道(阿木風神神社、日本一の農村風景、花白温泉 飯高観音、寒天村)
 ゆったりまったりえなライン(遅いスピードを売りに)

② 駅名の変更                                  
 飯沼駅→傾斜日本一駅 阿木駅→阿木風神駅 飯羽間駅→絶景農村駅 岩村駅→岩村女城主駅  
 花白駅→花白温泉駅あるいは飯高観音口駅 
 山岡駅→遠山の里駅(かつての駅名を復活)遠山の金さんを思ってもらえばいい、かならず降りたくなる。
 野志→山本芳翠駅 明智駅→大正ロマン駅

③ 列車に一台づつ愛称をつけ、ヘッドマークをつける。大正村号とか恵那峡号という名前では、ビジターは期待できない。
 次はあの名前の列車に乗ろうと思うことが大切。
 例えば人名なら、福島市の飯坂温泉へは「義経号」などが走っているので郷土にちなむ著名人がいい。
 遠山景朝号 下田歌子号 明智光秀号 遠山金四郎号 福沢桃介号       

 寒天列車は成功していると思いますが、高齢者や女性が中心です。鉄道ファンの子どもたち、若者、ギャル、お父さん、お母さん、じいさん、ばあさん、みんなが「乗りたい」と思う鉄道にしたいですね。                              

[PR]
# by baba72885 | 2018-07-24 22:29

「御杖村」の地名由来

c0134145_07575407.jpg
奈良県御杖村は名張川の上流にあたる菅野川と神末川の谷にある村だ。
地名の語源は、ミ(接頭語)・ツエ(潰・崩)で険しい谷地形をあらわしている。
全国にはツエ(杖・崩・津江)地名が多く、長野県の杖突峠が代表的な地名だが、やはり突き上げるような険しい峠の地形を表している。大分県日田市中津江村も厳しい山間地だ。
当て字の「杖」には地名伝説がつきものだが、御杖村には倭姫命と杖にまつわるおきまりの地名由来伝説がある。

[PR]
# by baba72885 | 2018-07-11 08:00

「船橋」の地名由来

c0134145_10382174.jpg
船橋、舟橋地名は各地に結構見られる地名だ。千葉県船橋市が光背のように光ってほかの船橋地名を隠しているが、富山県舟橋村も日本一ちいさな村を売り出している。
漢字をみると河川に船を並べて作った橋を連想するが、一時的に必要な時だけ架橋する船橋がそのまま地名になることはないと考えられる。おそらく日本で一番豪勢だった船橋は美濃路の木曽川に設置された船橋だが、愛知県一宮市や岐阜県羽島市には船橋の地名はない。
フナハシはウネ(畝)が転じたフネ・ハシ(端)が語源で
c0134145_10382174.jpg
、尾根のように伸びた丘陵や微高地の端っこを示す。その証拠となる地名が、千葉県富津市船端だ。ここは新舞子海岸沿いの海抜62メートルの山からつづく丘陵にあり、地形をそのまま地名にしたのだ。もちろんそこには川など一切ない。丘陵にある船橋地名では、横浜市港北区日吉本町船橋がある。
千葉県船橋市や富山県舟橋村には付近の川や堀に架けた船橋を地名由来としているが、一時的な橋を地名にすることはないと考えられる。フナハシは船や橋の漢字伝来以前からある和語の地名なのだ。

[PR]
# by baba72885 | 2018-06-20 10:40