地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。二人以上お揃いなら、いつでも、どこでも、交通費も謝礼も何もいりません。喜んでお話に伺います。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書 「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
   「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

# by baba72885 | 2019-12-31 19:58

「岩槻」の地名由来

c0134145_20272958.jpg
さいたま市岩槻(いわつき)区は岩槻城の城下町だ。元荒川の右岸に築城してあるが、海抜高度が14メートルくらいの平山城で岩付城と書かれたこともある。地名由来としてはイワ(磯地名と同じで、元荒川が運んだ礫の多い場所)・ツキ(築きあげられたような高所)で、瓦礫質の高所を示した地形地名と考えられる。

# by baba72885 | 2019-02-12 20:42

「久留輪」の地名由来

長野県飯田市伊豆木久留輪(くるわ)は、「郭」や「曲輪」などのクルワ地名と同じで、近世江戸時代の城館のある場所を示す地名だ。
 ここ久留輪は、近世の旗本伊豆木小笠原氏の居館があったところで、今も巨大な石垣がありそこは資料館や書院として公開されている。
写真は居館の東側の駐車場
c0134145_11150715.jpg

# by baba72885 | 2019-02-08 11:17

「大瀬木」の地名由来

c0134145_10541294.jpg
c0134145_10542716.jpg
セキ地名の多くは、関所や川の堰ではなくて狭い谷を示す地名が多い。
長野県飯田市大瀬木(おおせぎ)はオオ(大)・セ(狭)・コ(処)の転じた地名で、天竜川の支流の刻んだ狭い谷を示す。
長野県阿智村春日中関(上・下)も阿智村にある多くの狭い谷の一つだ。

# by baba72885 | 2019-02-08 10:55
c0134145_12293998.jpg
         <写真>明智駅のホームにあるヘッドマーク
〇サービス向上
 香川県の「ことでん100計画」を見よ!
 他がやっていることはそれを上回ることをすぐやる
 他がやっていないことを他に先駆けてやる 
 四国一のサービスの良い会社にします  など
・鉄道のアナウンス関連はすべて「えな弁」とする。
 例えば、「次は傾斜日本一駅やけど、一度ホームに降りて確かめんさい」
・イベント列車の見送り隊の結成
 恵那駅で実験した結果、見送りの一人が手を振っても乗客のみんなが手を振って
 くれた経験済み。みんな手を振って出発したいのだ。
 北海道夕張駅では黄色いハンカチを振ります。
・ターミナル駅発車時に国民的愛唱歌「青い山脈」を流す。  
 ここは映画「青い山脈」のロケ地です。 
 大分県豊後竹田駅では「竹田の子守唄」が流れる。
・クルーにはもっと女性(年齢不問)を配し、男性クルーもふくめて制服も明るく
 スマートに改める。今の「寒天列車」のクルーの小崎聡美さんの制服はまだまだ
 おとなしすぎます。もちろん言葉は旅情も豊かな「えな弁」ですね。
・車内放送では車窓の見どころを解説する。
〇広報活動
・公式ホームページをさらに充実させる。
・NPO法人「えなここ」との連携をはかる。
・グルメ雑誌や地方紙などへの絶え間ないアプローチ。
・雑誌「読売旅行」「旅と鉄道」「鉄道ジャーナル」などへの情報発信。
 鉄道タレント「古谷あつみさん」、鉄道ジャーナリストなどを広報大使に任命
 する。  
・第三セクターであるから、恵那市、中津川市の広報誌、有線無線、ケーブルテレ
 ビなどの積極的な活用。
・中津川市六斉市での広報活動。鉄道のブースを立ててイベント情報を流したり、
 さまざまな得々切符を販売する。
・外国人への情報発信
 NAVITIMEアプリ、フリーWiFiで情報を拡散する。
 中津川市馬籠宿へは最近外国人が激増した。馬籠へ行く前に外国人にこの鉄道に
 乗ってもらう。  
 外国人の好むのは、駄菓子、農村風景、酒蔵、商家、浮世絵と忍者も大好きだ。
 恵那市大井宿には広重美術館やひしや資料館があり、そこから鉄道に乗り岩村に
 来ればなんでもそろっている。
 外国人には大好きなチャンバラ姿や着流し(女性版も準備)を貸し出し、城下町
 を散策してもらう。
 町では地歌舞伎や和太鼓を演じる。
 大分県杵築市では着物姿の外国人にはレストランの割引券を発行し、各資料館は
 無料にしている。(1月13日 NHKニュースより)
・朝ドラ「半分、青い」、大河ドラマ「明智光秀(仮称)」のブームをがっちり掴
 む。
〇その他
・得々切符の販売
 和装客得々切符、親子得々切符、還暦古希得々切符、お守り付き得々切符
 温泉、資料館割引付き得々切符など
・ボンネットバスと鉄道を結ぶクーポン券発行
 瑞浪駅~バス~中馬街道大正ロマン駅~鉄道~胞駅 
・無人駅舎の利用
 古本市やおばあさんの朝市 
 阿蘇鉄道は週二回古本市を開催している。
・「鉄道クラブ」の結成
 駅舎の清掃、イベントの補佐など各種ボランティアー活動や鉄道の情報を拡散し
 まくる活動。           
 等々
 いろいろな案を提示しましたが、あとは鉄道会社のご英断を期待します。
                                      
(注)文中の「えな」は旧美濃国恵奈郡(のち恵那郡)のことで、現在は岐阜県恵
 那市と中津川市の地域になっている。旧恵那郡役所は恵那郡中津町にあった。
 恵那神社、恵那文楽、恵那饅頭、恵那医師会、恵那漁協などは中津川市にある。

 
 




















                     

# by baba72885 | 2019-01-30 21:23