地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

カテゴリ:未分類( 404 )

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。

著書 「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
   「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

[PR]
by baba72885 | 2018-12-31 19:58

「御杖村」の地名由来

c0134145_07575407.jpg
奈良県御杖村は名張川の上流にあたる菅野川と神末川の谷にある村だ。
地名の語源は、ミ(接頭語)・ツエ(潰・崩)で険しい谷地形をあらわしている。
全国にはツエ(杖・崩・津江)地名が多く、長野県の杖突峠が代表的な地名だが、やはり突き上げるような険しい峠の地形を表している。大分県日田市中津江村も厳しい山間地だ。
当て字の「杖」には地名伝説がつきものだが、御杖村には倭姫命と杖にまつわるおきまりの地名由来伝説がある。

[PR]
by baba72885 | 2018-07-11 08:00

「船橋」の地名由来

c0134145_10382174.jpg
船橋、舟橋地名は各地に結構見られる地名だ。千葉県船橋市が光背のように光ってほかの船橋地名を隠しているが、富山県舟橋村も日本一ちいさな村を売り出している。
漢字をみると河川に船を並べて作った橋を連想するが、一時的に必要な時だけ架橋する船橋がそのまま地名になることはないと考えられる。おそらく日本で一番豪勢だった船橋は美濃路の木曽川に設置された船橋だが、愛知県一宮市や岐阜県羽島市には船橋の地名はない。
フナハシはウネ(畝)が転じたフネ・ハシ(端)が語源で
c0134145_10382174.jpg
、尾根のように伸びた丘陵や微高地の端っこを示す。その証拠となる地名が、千葉県富津市船端だ。ここは新舞子海岸沿いの海抜62メートルの山からつづく丘陵にあり、地形をそのまま地名にしたのだ。もちろんそこには川など一切ない。丘陵にある船橋地名では、横浜市港北区日吉本町船橋がある。
千葉県船橋市や富山県舟橋村には付近の川や堀に架けた船橋を地名由来としているが、一時的な橋を地名にすることはないと考えられる。フナハシは船や橋の漢字伝来以前からある和語の地名なのだ。

[PR]
by baba72885 | 2018-06-20 10:40

豪族屋敷村の地名

中世の地方豪族は山や丘陵に城砦を築いたが、その砦の麓の集落を豪族屋敷村という。豪族屋敷村は独特の地名となっており教科書にもいくつかあるが以下代表的な地名を紹介します。
写真は飛騨市神岡町堀之内です。
一番多いのは、根小屋、根古屋、箕輪で、以下堀内、土居、要害、城之内、白金(城ヶ根)など。
c0134145_18555444.jpg












[PR]
by baba72885 | 2018-06-19 19:25

「狭山」の地名由来

c0134145_19212798.jpg
埼玉県狭山市と大阪府大阪狭山市の地名由来は同じだ。その語源はサ(狭)・ヤ(谷)・マ(間)で、丘陵部を刻んだ谷を示す。どちらの市にも溜池がつくられているが古代のそれは大阪狭山の狭山池、近現代に造られたのが埼玉県と東京都にまたがる狭山丘陵の谷にある狭山湖と多摩湖だ。なお、富山県南砺市の五箇山(ごかやま)は「五箇谷間」と書いた古い記録がある。                                                   山でない山地名もあるのですね。
[PR]
by baba72885 | 2018-06-11 19:25

富山平野の屋敷森

c0134145_07443271.jpg
散村と屋敷森は富山県の砺波平野がよく知られたところだが、富山平野の常願寺川流域の立山町あたりも見事な屋敷森を持つ住宅が目立つ。一軒一軒離れて住居があるのは延焼防止のこともあるが、自分の耕作地の中心に家を構えれば仕事に行くのに便利だ。砺波平野などは江戸時代の加賀藩の政策だという説があるが・・・・強風の卓越した地域の静岡県天竜川河口付近や島根県の斐伊川の平野にも散村があることからすると、政策というより住民の知恵のような気がしてならない。写真は水田に映し出されて美しい富山平野の散村の屋敷森だ。今では徐々に減ってきているのは老木化したこともあるが、新しい住宅になりあえて邪魔者として伐採しているところもあった。
現地の人の話を聞くと屋敷森は南からのフェーン現象の風対策であるとのことで、確かに屋敷森の木は南側が主流になっている。富山だからといって北風対策と思ってはいけない。
c0134145_06435835.jpg

[PR]
by baba72885 | 2018-06-03 07:03

「原宿」の地名由来

c0134145_07590171.jpg
c0134145_10520293.jpg
五月末に「原宿」を訪ねた。下の写真は栃木県栃木市都賀町原宿です。ほかに訪ねたのは                 埼玉県深谷市原宿(花園インターすぐ西)
栃木県壬生町原宿(都賀インタースグ東)
茨城県常総市原宿(関東鉄道玉村駅のそば)
関東地方には異常に多くある「宿」地名の一つだが、四か所いずれも台地や平野の高燥地で、畑作地帯になっていたことだ。玉ねぎを収穫していた古老は「原宿」の由来を知る由もなかったけれど、平らな原野を切り開いた開拓村を「原宿」と呼んだと考えられる。すなわち、この「宿」地名は単なる集落を示すことが分かった。関東の「宿」地名は、ほんの少しの宿場地名と、ジュクジュクの湿地を示す「宿」地名のほかは、すべて単に集落を示すと考えられる。☜これって、想定内だったけれど、あらためて現地で確証を得ました。原宿の皆さんありがとうございました。
上の写真は茨城県つくばみらい市宿です。台地名と対比した湿地地名と思われます。

[PR]
by baba72885 | 2018-06-01 10:54

「猪谷」の地名由来

c0134145_11071107.jpg
富山市猪谷(いのたに)の地名由来は、イ(井)の谷で川の流れる谷を示し、現地の神通川沿岸の地形そのままの地名だ。全国各地の猪地名もほとんどが動物のイノシシではなく、清水や水流を示す地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2018-05-15 11:07

「土、渡」の地名由来

c0134145_10541797.jpg
岐阜県神岡町土(ど)の地名由来は、川の合流点を示すドだ。トやドは場所を示す言葉だが、あれトこれ、というように二つのものをつなぎ合わせる言葉でもある。神岡町土は高原川と跡津川の合流点にある。ドに土を使うのは珍しく普通は渡を使い、松本市の梓川上流には、黒川渡、奈川渡、沢渡(さわんど)などがある。


[PR]
by baba72885 | 2018-05-15 10:55

東山道「柄石峠」

c0134145_10550406.jpg
岐阜県瑞浪市柄石(がらいし)の柄石峠は古代東山道の有力な推定路にあたる。この道は別名中街道といわれ、今は自動車でも通れるがあまり通行する人がない。ガラガラとした小石の多い場所だったことをうかがわせる地名ですが、峠の下には「常柄」という地名がある。
[PR]
by baba72885 | 2018-05-10 11:06