地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

カテゴリ:未分類( 398 )

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。

2014年12月、まつお出版から著書を出版しました。B6判 1,600円 +税
『地名由来 飛騨・美濃』、また、2015年11月 『地形由来でみる東京の地名』を出版しました。値段は同じです。

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この二冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

[PR]
by baba72885 | 2018-12-31 19:58

「猪谷」の地名由来

c0134145_11071107.jpg
富山市猪谷(いのたに)の地名由来は、イ(井)の谷で川の流れる谷を示し、現地の神通川沿岸の地形そのままの地名だ。全国各地の猪地名もほとんどが動物のイノシシではなく、清水や水流を示す地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2018-05-15 11:07

「土、渡」の地名由来

c0134145_10541797.jpg
岐阜県神岡町土(ど)の地名由来は、川の合流点を示すドだ。トやドは場所を示す言葉だが、あれトこれ、というように二つのものをつなぎ合わせる言葉でもある。神岡町土は高原川と跡津川の合流点にある。ドに土を使うのは珍しく普通は渡を使い、松本市の梓川上流には、黒川渡、奈川渡、沢渡(さわんど)などがある。


[PR]
by baba72885 | 2018-05-15 10:55

東山道「柄石峠」

c0134145_10550406.jpg
岐阜県瑞浪市柄石(がらいし)の柄石峠は古代東山道の有力な推定路にあたる。この道は別名中街道といわれ、今は自動車でも通れるがあまり通行する人がない。ガラガラとした小石の多い場所だったことをうかがわせる地名ですが、峠の下には「常柄」という地名がある。
[PR]
by baba72885 | 2018-05-10 11:06

「下油井」の地名由来

c0134145_10391555.jpg
岐阜県白川町下油井(しもゆい)は飛騨川の断崖絶壁にへばりつくようにしてある集落だ。ユイ地名は油井のほか由比や由井などの地名があるが、忌々(ユユ)しい危険な場所を示すユ地名で、湯島や湯川なども同じ語源の地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2018-05-10 10:40

「弦巻」の地名由来

c0134145_09354542.jpg
東京都世田谷区弦巻(つるまき)は、何かの弦を巻き上げるようなイメージの地名で、作為的なことがよくわかる。地名の漢字を見てすぐその由来を言う人は、おなじ語源の新宿区早稲田鶴巻(つるまき)町との違いをどう説明するのだろうか。
ツル(ヅルヅルの湿地を示す)・マ(間)・キ(場所の接尾語)がその地名由来で、各地にある鶴間や鶴舞と同じ地名由来です。

[PR]
by baba72885 | 2018-04-18 09:37

「久々利」の地名由来

c0134145_20090874.jpg
岐阜県可児市久々利(くくり)は、泳(くくり)とも書くが潜(くぐ)るが語源で、砂礫質の土地を潜ってきた伏流水が湧き出るところを示す。久々利城のほかに、史跡として景行天皇が行幸した泳宮や八坂入彦の墓がある。
[PR]
by baba72885 | 2018-04-14 20:13

「鞍馬」の地名由来

c0134145_10100776.jpg
長野県王滝村鞍馬はクラ地名そのものの地形にある。語源はクラ(崖地や岩のむき出した場所)・マ(間)で、現地は王滝川の狭い渓谷になっている。クラは蔵や倉、嵓、久良、転じて黒、隅などの地名があるが、鞍を使うなら馬だろうというわけで鞍馬にした。地形が地形だけに崖になっているから鞍掛(くらかけ)という地名が山や峠に多い。鞍馬も京都には牛若丸ゆかりの鞍馬山がある。
[PR]
by baba72885 | 2018-04-07 10:14

「谷根千」の地名由来

c0134145_09433641.jpg
いわゆる谷根千(やねせん)といわれる台東区谷中、文京区根津、文京区千駄木は、本郷台地と上野台地に挟まれた狭い谷で、縄文海進の時代は不忍池から続く入り江であったところだ。そこに住む人は地形そのままを地名にしたためた。
谷中の由来は漢字そのままで、足立区谷中のように各地よくある地名だ。根津(ねづ)は、湿地を示すヌ(沼)・ト(所)の転で、やはり低湿地を示している。千駄木(せんだぎ)はセ(狭)・ト(所)・キ(場所の接尾語)の音便化したもので狭い谷を示す。


[PR]
by baba72885 | 2018-04-07 09:46

「神田」の地名由来

c0134145_17553612.jpg
長野県上松町(あげまつまち)神田(かみだ)は、木曽山脈から名勝「寝覚ノ床」へ下り落ちる小さな谷沿いの急斜面にある。各地にある神田地名と同じく、カム(噛む)・ト(所)の転で、噛み取られたような地形の場所を示す。バス停に「かみだ」とあるのは子どもにも読めるようにということもあるけれど、「カンダ」ではないよ、という意思表示でもある。急斜面のここには地名にするほどの水田はなく、もちろん神様とも無関係の地名だ。                                                東京の神田も有名だが、本郷台地を噛み取るようになっている地形の場所で、そこにはあとから神社ができたが、地名をとって「神田明神」という。
[PR]
by baba72885 | 2018-04-06 17:56