人気ブログランキング |

地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

カテゴリ:未分類( 450 )

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生 岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
  「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版
この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

by baba72885 | 2019-12-31 19:58

「伊良湖岬」の地名由来

c0134145_07062439.jpg
愛知県田原市の渥美半島先端の伊良湖(いらご)岬はイラ地名の代表格だ。イラ(苛)・コ(処)を示しイライラするような険しい地形を示す。
写真は岬の灯台とイラ地形の断崖を示す。
なお、甍(いらか)は本来は瓦のことではなく、屋根の急斜面を示す言葉なのだ。

by baba72885 | 2019-07-09 07:07
c0134145_06525309.jpg
福井県越前町織田(おた)は織田信長の名の由来となった先祖の故地だ。地名が「おた」と濁らないのが注目できる。オ(小)・ト(所)の転で、山間地の小さな盆地や平地を示し、ここもその地形になっている。同じような地形の地名には「小国」が各地にみられる。
by baba72885 | 2019-07-09 06:53

「星田」の地名由来

c0134145_08110356.jpg
大阪府交野(かたの)市星田(ほしだ)はホシ(干)・ト(所)の転で、乏水地を示す。星地名の多くは干し由来だ。
by baba72885 | 2019-07-08 08:11

「大伴」の地名由来

c0134145_07583498.jpg
大阪府富田林市大伴(おおとも)町は南北に分かれてある。古代氏姓制度に見える大伴氏の出身地とも思ったけれど、地元で聞くとゆかりの地にはまちがいないが出身地ではないという。なるほどオオトモは地形地名ではなく、朝廷のオトモ(お供)に由来することだということになる。軍事をつかさどる物部氏は武士(もののふ)に由来するといわれている。同時期の蘇我氏、平群氏、春日氏、葛城氏などは地形地名に由来する豪族だ。
by baba72885 | 2019-07-08 07:59

「天津」の地名由来

c0134145_08454155.jpg
天津は中国語でテイエンチン、日本語でテンシン、渥美半島ではアマズ?愛知県豊橋市天津(あまず)の地名由来はア(上)・マ(間)・ト(所)の転で、高所を示し高田や上田と同じ地名由来だ。
渥美半島は結構高い山や丘陵が多い地形なのだ。

by baba72885 | 2019-06-17 08:53

「安登」の地名由来

c0134145_20542170.jpg
広島県呉市安浦町安登(あと)は、水田になっている野呂川の支流沿いの低地にあり、ア(湿地)・ト(所)を示すと考えられる。岐阜県関市武芸川町跡部(跡部)は、長良川の旧河道にあり、川の流れたアト(跡)・ベ(辺)を示すと考えられる。呉線に乗ったのは、4月10日。
by baba72885 | 2019-06-05 20:54

「箱清水」の地名由来

長野県長野市箱清水(はこしみず)は善行寺の北側にある。ハコは垂直の断崖を示し、清水は読んで字のごとくだ。ここにかかる橋の名前が「堀切橋」で、いかにもの名前となっている。器の箱は、四方を垂直の壁で仕切られているのでそういう名前になったのだ。
c0134145_20355934.jpg

by baba72885 | 2019-06-05 20:37

「五軒小屋」の地名由来

c0134145_20214109.jpg
長野県平谷村五軒小屋は南信州の焼き畑地名だ。焼き畑作業の小屋が五軒あったことがわかる。軒地名は新田集落にもあるが、小屋地名は山林作業の小屋を示す。中部山岳地帯の焼き畑地名は、夏焼、~なぎ(薙)、~蒔(まき)などが多くみられる。
by baba72885 | 2019-06-05 20:22

「篠山」の地名由来

c0134145_11082585.jpg
c0134145_11004951.jpg
兵庫県丹波篠山(ささやま)市は山間地の篠山盆地にある城下町だ。篠山の地名由来はその特色ある盆地の景観によると考えられる。篠山城の東には王地山、西には権現山、南には東城山、北には城山と、篠山城のある高台と合わせていくつかの小山がポコポコと盆地に点在している。これを見た古代の人々は、ササ(細・小)山がいくつかあるということでササ山という地名にしたのだろう。
by baba72885 | 2019-05-22 11:08