地名の由来が一目でわかる!


by baba72885

カテゴリ:未分類( 419 )

自己紹介

山内和幸
(やまうち・かずゆき)

地名研究家・1948年生まれ。岐阜県中津川市出身・在住
岐阜地理学会会員
日本地名研究所会員

執筆依頼・講演依頼などの場合は、09070339778 あるいは
E-メール wa58432@jb3.so-net.ne.jp におねがいします。二人以上お揃いなら、いつでも、どこでも、交通費も謝礼も何もいりません。喜んでお話に伺います。
昨年は、雑誌「山と渓谷」のコラムを三か月おきに担当させていただきました。
現在「日本の知られざる地名由来」(仮称)を鋭意執筆中。
著書 「恵奈の地名由来と恵那雑巾」 文昌堂              
   「地名由来飛騨・美濃」 まつお出版                「地形由来でみる東京の地名」 まつお出版

この本は、みんながきっと驚く東京とその周辺の地名由来!!

この三冊とも「漢字に惑わされるな,古文書を鵜呑みするな」との立場で、“地名のガキ大将”山内和幸が、従来の俗説、通説を覆し、再検討して斬新に著述しました。                                             板橋には橋はなく、神楽坂ではお神楽が聞こえない。早稲田に田圃はなく、団子坂は団子屋由来ではない!!
c0134145_16502233.jpg

[PR]
by baba72885 | 2019-12-31 19:58
c0134145_20023620.jpg
名古屋市千種区今池一丁目にある式内社高牟(たかむ)神社あたりが、今池地名の由来地であることは、前の地名由来で書いたが。神社の境内には写真のような看板がある。この辺りはあちこちから清泉が湧き出ていたというではないか。まさにイ(井)・マ(間)・イ(井)・ケ(処)そのものではないか。一丁目という地名も今池の原点を示すと考えられ、まさに今池の地名由来をこれが証明しているのではないか。馬池が転じて今池だなんて一体だれが言い始めたのだろうか、もし江戸時代の人だったら、語源を知らない時代なので責められないが、その古文書をそのまま引用するのはいかがなものか。古地図から見て今池が馬池になり、またそれが今池となったという説が新聞にあったが、池の存在云々はさておき、イマイケ地名は江戸時代を何百年もさかのぼってあった地名なのだ。

[PR]
by baba72885 | 2018-11-09 20:12

「初狩」の地名由来

c0134145_12150155.jpg
山梨県大月市初狩町初狩(はつかり)の由来は、ハツ(斫)・カリで斫られて刈り取られたような険しい侵食地形を示す。ちなみに大月市もオオ・ツキ(衝)が語源で、突き上げるような断崖のある地形を示す。
写真はJR初狩駅

[PR]
by baba72885 | 2018-11-09 12:15

「猪狩・碇」の地名由来

c0134145_12042681.jpg
岐阜県恵那市笠置町錨(いかり)は猪狩とも表記する。イカはイカガワシイとか厳(イカ)ついとか、イカレテルというように普通でない状態を示す言葉だ。イカ・リ(場所の接尾語)は険しい地形の場所にあり、笠置町錨は木曽川の断崖に臨むところにある。対岸を恵那市長島町久須見碇といい、表記は違うがやはりイカリ地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2018-11-09 12:05
10月5日は中津川市付知町の年金者の会(約40名)で、21日は恵那市長島町正家(しょうげ)の防災訓練の大会で(約90名)で地名由来の話をさせていただきました。
相変わらず昔ここは海だったからその記憶を地名にした!なんておっしゃる方がありました。
海、島、沖、浦、浜、渚、塩、鯨、鯖、瀬戸、崎など、みんな初めから陸の地名です。
人は陸地に住むものです。地名もみんな陸地から発生したものです。
川もそうですが、地名の音を表すのに漢字を借用しただけなので、苫小牧や長万部などのアイヌ語地名と同じで漢字の意味をそのまま地名由来にしてはいけないですね。和語も昔は文字がなかったのですからアイヌ語と何ら違いはありません。



[PR]
by baba72885 | 2018-10-30 19:56

「霧ヶ原」の地名由来

c0134145_20261665.jpg
岐阜県中津川市霧ヶ原は木曽山脈の富士見台や神坂(みさか)峠の麓の原野を切り開いたキリ地名の典型的な集落だ。
写真は、中山道馬籠宿から撮ったもので、右から恵那山の尾根が下り、神坂峠から左の富士見台に連なっている。
霧ヶ原集落の周囲は原野に覆われており、写真から見ると、まさにキリ(切)拓いた開墾地であることがよくわかる。
 キリ地名は新しく切り開いたことを示し、各地にある桐野、中切、切畑などがそうである。
なお、霧地名には明らかに気象用語の霧に関する場所もあるので注意が必要だ。

[PR]
by baba72885 | 2018-10-22 20:28

「九十九曲」の地名由来

c0134145_19565726.jpg
三重県松阪市飯高町九十九曲(つづらくま)は櫛田川が極端に曲流している峡谷を示す。
九十九を「ツクモ」と呼んだり、曲を「クル」や「カネ・カニ」と呼ぶ地名はあるが、「ツヅラ」や「クマ」と呼ぶことはほとんどない。険しく薄暗い大きく曲がった峡谷をつづら折りのように曲がったクマと呼んだのには納得がいく。

[PR]
by baba72885 | 2018-10-09 20:01
名古屋市千種区今池一丁目には、式内社の名神「高牟(たかむ)神社」がある。境内には湧水が尽きないとされる古井があり、霊泉として名高い。高牟神社周辺では古くから各所で清泉が湧いていたといわれている。まさに今池の地名由来となったその場所ではないかと考えられる。今池はイ(井)・マ(間)・イ(井)・コ(処)の転じた地形地名で、湧水地を示す典型的な地名だ。岐阜県美濃加茂市今泉や奈良県樫原市今井町など、同じようにイマに由来する語源の地名だ。
[PR]
by baba72885 | 2018-09-20 10:06

川のつく地名と背戸側

c0134145_08332199.jpg
糸魚川市、立川市、須賀川市、桶川市など川のつく地名は各地に多い、が・・そこにはそんな名前の川はありません。そのほとんどはその方面を示す側(かわ・がわ)の意味で、静岡県掛川市はカケ(欠・崖)・ガワ(側)を示し、富山県滑川市は滑らかな側を+示す。
愛知県豊田市福受町背戸側(せどがわ)は川の字を使わず、そのままの意味を示していて大変好感の持てる地名だ。
セドは何かの裏側かセ(狭)・ド(所)を示す。背戸川地名は各地にあるけれど、背戸側は貴重なうれしい地名だ。
 紀の川市、吉野川市、淀川区、荒川区など今流れている川の名前からとった地名は現代になってからで、新しい自治体につけられている。

[PR]
by baba72885 | 2018-09-20 08:39

「犬飼」の地名由来

c0134145_09061087.jpg
三重県松阪市飯高町犬飼は古代部民制による職業集団に由来する地名だ。鳥飼、鵜飼、土器、矢作など古代の職業を思わせる地名が各地にある。
[PR]
by baba72885 | 2018-09-08 09:07